おすすめ!ルアータチウオタックル

タチウオ大漁画像

タチウオの釣り方(ルアー編)

タチウオおすすめロッド

タチウオのルアー釣りロッドはシーバスロッドエギングロッドショアジギングロッドなどの釣竿で代用できる。ただ、タチウオが一番釣れるルアーはワインドと呼ばれる仕掛けで、エギングのようにロッドをしゃくることによってルアーをダートさせて釣る方法が有名。

それを考えると、固めのシーバスロッドか柔らかめのエギングロッド辺りがタチウオのルアー釣りにピッタリと言える


メジャークラフト ソルパラ ワインド SPS-832MW
メジャークラフトのロッドにはワインド専用ロッドがいくつかラインナップされているがその中で一番安いのがこれ。ワインド専用ロッドとしては全メーカーの中でもこのロッドが一番安いかも。
シマノ(SHIMANO) ディアルーナ S806ML
シマノ(SHIMANO) ディアルーナ S806ML

ディアルーナはしゃきっとした竿なのでワインドにはぴったり。扱いやすいシーバスロッド。
がまかつ(Gamakatsu) LUXXE SALTAGE ワインドマスター S86MH
がまかつ(Gamakatsu) LUXXE SALTAGE ワインドマスター S86MH

がまかつのワインド専用ロッド。元々チータはワインド用ロッドとして最高レベルだったがさらに洗練されたのがこのロッド。究極のワインドロッドがこれ。

スポンサーリンク

タチウオおすすめリール

リールの方もシーバスやエギング用の物を代用してちょうどいい。大体2000番から3000番くらいのサイズのリールでちょうどバランスがよい。

ルアーにアクションを加えることを考えると軽く、トラブルの少ないリールがおすすめで、炭素素材で作られた軽量ボディーを持つリールが特におすすめ。


ダイワ 2011 カルディア2506H
◯ザイオンボディー・マグシールド搭載。コスパ最強モデル。
自分でもブラックバス用に使っているが巻き心地の良さは上位モデルと何も変わらないレベルまで来ている。ハンドルが折りたためればもっと便利なのに・・・。


シマノ(SHIMANO)’11 バイオマスター C3000
エントリー機代表!AR-Cスプールでトラブル激減!

とにかく滑らかなギア。
注油穴がありメンテナンスが楽。予備・2台目もおすすめ。

タチウオルアータックルにはPEライン

竿とリールが揃ったらライン!

ラインはPEラインのほうが直線強力がナイロンラインの4倍あり、伸びはナイロンの20パーセントに比べて2パーセントときわめて伸びにくい。だから感度が非常によく、細いラインが使えるため飛距離が抜群に稼げる。
ただし、根ずれに弱くタチウオの歯ですぐに切れるという注意点がある。
だから絶対にリーダーが必要で、結び方もしっかり覚えないとだめ。ノーネームノットという結び方がエギングやライトジギングなんかでよく使われて簡単なのでお勧め。

【おすすめPEライン】

東レインターナショナル(TORAY) ソルトライン シーバスPE 150m 20lb ホワイト

リーダーの長さは色々と諸説があるが1ヒロあれば十分。ナイロンでもいいがより硬く切れづらいフロロカーボンのリーダーがおすすめ。

【おすすめリーダー】

東レインターナショナル(TORAY) トヨフロン Lハード 50m 3号 透明

タチウオは歯が鋭いのでフロロカーボンラインでも切られる時は切られるのでさらにこの先にワイヤーリーダーをつけてからルアーを結ぼう。
カツイチ(KATSUICHI) DECOY ワイヤーショートリーダー 15cm
こういった10〜20センチのワイヤーリーダーなら扱いやすい。

ルアーで狙うタチウオ釣りメニュー

→ タチウオ関連ブログ


公開日:
最終更新日:2015/02/04

follow us in feedly
メバルを求めて

どうも!釣活くんです。 インフルエンザが猛威を奮ってますね!私は大丈夫ですが周りの人全員かかってます

新しいコンプレックスCI4+を紹介したい

2017釣活くん注目釣具シリーズ! 今回はNEW コンプレックスCI4+を紹介していこう。 このリー

ギル型ワームの革命か?ジャバロンギルがヤバすぎる

釣活くんのフィッシングショーで見つけたヤバすぎるルアー紹介コーナー、今回はイマカツから発売されるジャ

エメラルダス STOIST AGSが欲しい理由

釣活くんの欲しい釣具シリーズ、今回はエギングロッド「エメラルダス STOIST AGS」を欲しい理由

シマノのポイズングロリアスを欲しくなった理由

フィッシングショーで欲しくなった釣具紹介シリーズ2回目はシマノのバスフィッシング用ロッド「ポイズング