ライトショアジギング


岸からルアーやメタルジグをぶん投げて青物やシーバス、根魚などを豪快に狙うショアジギングは非常にエキサイティングで高級魚をゲットできるチャンスもある魅力的な釣りだが、いきなり本格的なショアジギングで死ぬほどぶっとい竿に死ぬほどでっかいルアーを付けてやるのはちょっと気が引けるって人のためにシーバスロッドやエギングロッドなんかでも出来なくはないライトバージョンの「ライトショアジギング」を紹介していく。

ライトショアジギング入門目次

スポンサーリンク

この釣りのターゲットは?

ブルーランナーの釣り方

ショゴ(カンパチ)、メッキ、カマス、ソウダガツオ、サバ、タチウオ。他にもワカシ(ブリの幼魚)、エソ(高級かまぼこの原料)、シイラ(幼魚はペンペン)、シーバス、ヒラメ、ダツ、メジマグロ、アジなど様々な魚がターゲットとなる。

ライトショアジギングとは?

ショアジギで釣ったソウダガツオ

上記のターゲットを狙い、主に45グラム程度までのメタルジグを岸から遠投して狙う釣り方。

青物は基本的に活性の高い状況では周ってくればテクニックなど必要なく誰でも投げて巻いていれば釣れる簡単なターゲット。しかし引きは強烈で最高にエキサイティング!

本格ショアジギングのように120グラム以上のメタルジグを使う釣りではないので比較的初心者でも容易に始められる。

タックル

タックルは45グラム程度のメタルジグを操作できればいいので固めのシーバスロッドやエギングロッドなどでも十分使えるがライトショアジギング専用のタックルもでているのでここで少し紹介しておく。

おすすめライトショアジギングロッド

シマノ(SHIMANO) コルトスナイパー BB S900M
シマノ(SHIMANO) コルトスナイパー BB

icon
シマノのショアジギングロッドのコストパフォーマンスモデル。
ダイワ(Daiwa) LABRAX(ラブラックス) AGS 100MH 01480029
ガイドがカーボンになったダイワのAGSというシステムが搭載されたショアジギングロッドがラブラックスAGS。軽いガイドだと驚くほどルアーのアクションがつけやすくて疲れも軽減。

長さは場所にもよるが防波堤で8~10フィート、サーフで9.6フィート以上をおすすめする。ヘビーな釣りなので軽い竿がいい。この釣りで重要なのはキャスト回数なので投げ続けることの出来る軽さが重要。

シーバスロッドでライトショアジギングをするとどうなるのか?

最近のシーバスロッドはバイブレーションのデイゲーム用タックルなどの多少固めのロッドがラインナップされるようになってきている。大体40グラムぐらいまで投げることの出来るロッドで大抵の場合バット部分にX構造の補強がされているため結構パワーがある。

実際にそんな丈夫なシーバスロッドでライトショアジギングをしてみたのだがシマノ社のルナミスは30グラムのジグのキャストでバット部分が破損。投げ方には注意が必要!買い直したアブ社のシードライバーで70センチぐらいのメジロ(ブリの幼魚)を釣った感想は結構パワーあるということ。

流石に70センチ級の青物だとやり取りに時間がかかってしまい体力を消耗するのでもう少しパワーが欲しいがちゃんと穫れる。

リール

リールのサイズははダイワで言うと3500番クラス以上、シマノで言うと4000番クラス以上をおすすめしたい。
この釣り、一日に何キロメートル巻くかわからないくらい巻くので小さすぎるリールでは疲れる・・・。

オススメは以下のモデル↓


シマノ(SHIMANO) 15 ストラディック

超おすすめ!!
頑丈で扱いやすく値段も1万円半ばとお手ごろ。バイオマスターの後継モデルと言われており耐久性抜群でなめらかな巻き心地を誇るHAGANEギア搭載モデル。
icon
シマノ(SHIMANO) 17 アルテグラ

X-SHIP搭載、CI4ローターと快適さがワンランク上になったアルテグラ。コストパフォーマンスもよく入門機に最適。長く使えるリールである。2017年にさらに進化して使いやすくなった。
ダイワ(Daiwa) 15ヴァデル 3500H

超おすすめ!!
コストパフォーマンス抜群!デジギア2搭載にマグシールドと最新技術を詰め込んだエントリーモデル。初心者にオススメ。

icon

ラインについて

ラインはPEがいい。飛距離はこの釣りではかなり重要なところなのでナイロンでは不利。

目安としてはPEの1号から2号を道糸に、リーダーは16ポンド以上のフロロカーボンラインかナイロン

太いフロロカーボンはガイドへの衝撃から劣化が早いため、太いリーダーはナイロンで。テトラがあるようなポイントの場合突っ込まれたらあっさり切れるのでリーダー8号以上推奨

メインラインとリーダーの結束はFGノットがおすすめ。多少慣れるまで練習が必要だが慣れるとそれほど時間がかからなくなるうえ結束強度が高い。

参考ページPEラインとリーダー結束に必須!FGノットをマスターしよう

ショアジギングにオススメなルアーとは?

ポートアイランドで釣ったメジロ

基本的にライトショアジギングで使うルアーは20~40グラムのメタルジグ。

メタルジグでオススメと言うか定番中の定番

ぶっちゃけダイソーの100円ジグでも釣れる時は釣れる。ただし、針が脆いので別に買って交換しておくことをおすすめする。

メタルジグのカラー

メタルジグのカラーは基本的にイワシカラーピンクカラーアカキン辺りは持っておきたい。暗い時間帯、潮が濁っている時など夜光カラーに反応する場合もあるので一応持っておくとよい。他には黒系もハマることがあるのでオススメ。最近はゼブラカラーなども人気で実績が高い。

その他のショアジギングの時使う定番ルアー

あとショアジギは結構ギャンブル的な要素がある。特に夏から秋のベストシーズンではない時。朝マズメのベストタイムを攻めることが出来ない時。とりあえず何か釣りたい、坊主を避けるために持っていく物

ハヤブサ(Hayabusa) ジギングサビキ根魚用
コマセを食い始めるとどうしてもジグには食ってこなくなってしまって、隣で遠投サビキやってる人とか弓ヅノやってる人ばっかり釣るってことが結構ある。そんなときに活躍するのがこの仕掛け。重りの代わりにメタルジグ!ボウズはこれで無くなる!真昼間でも釣れる。

ジャクソン(Jackson) ピンテール35
超高速で巻くだけで青物が釣れるミノー!このルアーは永遠の最強ルアー。青物だけでなく真夏のシーバスに!

メタルジグだけでなく色々なルアーを使い分ければもっと釣れる。特にサゴシ・サワラ・タチウオとかはワインドでも良く釣れるのでおすすめ。

参考:ワインドとは?

アシストフック論

icon
icon
ジグのフックの話だが、ジグには頭の部分とお尻の部分に針を付けることが出来る。

どちらにつけるのが正解か?初心者の人は良くわからないと思うが、基本的にフィッシュイーターは小魚を食う時、頭から丸呑みにする。うろこがひっかからないようにとか尻尾から食うと逃げられたりするからである。

なので、基本的に頭にフックをつけておけば釣れる。

頭にだけフックをつけておけばお尻のフックにラインが絡んで俗に言う「エビ」の状態になることを防ぐことが出来る。

ただ、フォールで食ってくる場面ではお尻のフックじゃないとかからない時があるのでフォールで当たってくるのを感じて乗らない場合はトレブルフックを付けることをおすすめする。

アシストフックのつけ方

攻める場所・ポイント

どこでやるのか?青物が回ってくる場所はどこなのか?

潮通しの良い場所ならどこでもポイント。
特に外洋に面した場所は大物が回って来やすい。

具体的な場所としては急深な砂浜急深な魚港・港湾部は超一級ポイント。

磯などでも潮通しの良い場所には必ず青物が周ってくる。

湾奥だと沖提や埋め立て地の外海に面した岸壁、海釣り施設など。

潮通しが多少悪くてもイワシやアジなどのベイトフィッシュが多い場合は、ベイトを追って大型の青物が入ってくることも期待できるのでベイトフィッシュの動向に注目しておこう

釣具店の波止釣りサビキでイワシがよく釣れている場所などは行ってみる価値あり。

ショアジギングの基本的な釣り方

投げて巻く!以上!

簡単だね。でもこの釣り基本的にこれだけなのだ。まず投げて、沈めて、巻く。

他は投げて、沈めて、巻いて、止めて、また巻く。

ほんとに巻くだけなんで、小型リールだと巻くのがしんどい・・・。

ポイントは魚のいる層。沈めて巻くと書いたが沈めて巻けばすべての層を狙うことができるから。

底でばかりヒットする場合は3度底と言って底から5メートル以内をワンキャストで3回狙う釣り方が有効。活性が高く表層で跳ねているような時は沈めないで表層を引けば良い。

そして基本的な巻く速度はマッハ!相当なスピードで巻かないと食ってこない

基本的には投げて巻くだけというのが一番釣れると思っているが、魚によってはそうでもない魚もいる。
カンパチ(ショゴ)だ。

この魚は短めのジグ、主にムーチョルチア(マリア)を細かく竿を動かして水中でイレギュラーな動きを出してやる。
そうするとスイッチが入ってガツンと釣れるのだ!メッキなんかもイレギュラーアクションが大好きな魚。

色々とアクションがあるが割と適当でも釣れちゃうのがこの釣りの楽しいところ。

活性が低い時はロッドアクションで釣る

アクションイメージ
巻くだけで釣れる時は活性が高い時で小魚を追いかけ回しているから目の前を高速で通過していくルアーに反応する。

でも活性が低い時にはそれだけでは釣れない事がある。ルアーをあまり追いかける気がない時でそんな時はロッドでルアーをキラキラさせて誘ってやると食ってくる。

私の場合はロッドアクションは同じ距離を巻くよりも長時間攻めることが出来るからシャクっている。巻くだけなら1秒で通り過ぎる距離もシャクってあげれば3秒ぐらい時間をかけれる。活性が低く追い回さない魚でもじっくり攻めることが出来るテクニック。

あとは止めも重要で潮に乗せてて漂わせるとひったくっていく時がある。結構効くテクニックなので試してみて欲しい。

おすすめショアジギングDVD

こうやって文字で書いて説明してきたけれども結局映像で見たほうが上達は早い。
おすすめなのが、「地球丸 みんなのショアジギング」というDVD。
このDVDでは、メジャクラのプロスタッフ・ヒロセマンによる

  • ターゲットにあわせた細かいタックル説明
  • ルアーの特徴によってターゲットにマッチするパターンの違い
  • 釣れる時間帯やアシストフックの意味

など、このページに書ききれないこと細かな内容を実釣を交えながら解説している。
実際たくさん釣れているので本当に勉強になるだろう。115分もあるので基礎から応用まで全部解説されてる。

ショアジギングに持っていくといいアイテム

タックルの他に持っていったほうがいいものをちょっとまとめておく。

クーラーボックス

青物は美味しいけど鮮度が落ちやすいのでそれなりにいいクーラーボックスを買っておきたい。大きさとしては35リットルぐらいあるとそこそこサイズの魚ならすっぽり入る。

私はシマノのスペーザ35Lを使っているがこれは60センチの魚がきれいに収まるタイプでサゴシやシーバスなら何も問題なく入る。軽自動車の後ろに入るしキャスター付タイプが多いので運搬も楽。

大きな魚でも70センチぐらいのブリの子供でも尻尾を切れば問題なく収容可能。それ以上を狙うならもっと巨大なクーラーが必要か。

関連:どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方

ナイフ

青物は鮮度が落ちやすい魚だが特に血が痛みの原因になりやすいので釣り上げたら心臓が動いている内に血抜きをした方がいい。血抜きの方法は小さな魚なら鯖折りと呼ばれるエラをちぎって首を背中の方へひねる方法でいいが大型になるとこの方法は使えないのでナイフが必須。

ナイフは小さすぎるものは使いづらいのでそれなりにしっかりした大きさの物を用意しておくといいだろう。

ランディングネット・ギャフ

50センチとか60センチ程度ならランディングネットでキャッチすることは難しくないがそれ以上になってくるとネットに入りづらくなるというのと青物はキャッチアンドリリースではなく基本キャッチアンドイートなのでショアジギングの人は大体ギャフでランディングする。

最後の最後に逃げられるのはとてもつらいので巨大なランディングネットを使うかギャフを使うことをおすすめする。

ストリンガー

ストリンガーと言うのは釣った魚をキープするための器具でヒモに金具みたいなのがついている。チヌ釣りやスズキ釣りなんかでよく活躍するアイテムであるがショアジギングの場合は血抜きに使う。バケツに水を入れて血抜きをする方法が一般的だがデカイ魚になるとバケツに入らない事がありストリンガーが必要。

メートル級になると針金みたいな金具が壊れそうで怖いのでヒモを直接エラから口に入れて結んでおくことをおすすめする。

関連ページライトジギングの基礎知識


公開日:
最終更新日:2017/03/12

follow us in feedly
【思い出は大切】釣果写真の保存法

魚を釣ったら写真を撮って残しておく人は多いと思いますが最近はカメラ付き携帯電話が増えていてスマホの中

レイバンのサングラスをタレックスのレンズと交換してみた

どうも!パソコンの不調に悩まされていた釣活くんです。 不要なソフトを消したら直りました!マックミニ買

トラウト用のスプーンを自作してみた

どうも、車を頑なに洗わない男釣活くんです。暇な時に雑巾で拭くぐらいにしてます。隣の駐車場が出入りの多

琵琶湖の近くの管理釣り場アクアヘブンへ行ってきた

どうも!最近パソコンが壊れ気味の釣活くんです。 使い始めて4年目を迎えているMacBook Airで

このままでは釣りはオワコン化する

どうも、釣活くんです。 今回はちょっと釣りがオワコン(終わってるコンテンツ)という未来が見えてしまっ

【必読】釣れない魚を釣るためのルアー釣りのコツ

ルアー釣りって難しい。プラスチックの塊を釣り人が動かして命を吹き込み魚を欺いて釣るのでエサ釣りのよう