元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

タチウオ

タチウオタイトルイメージ
関西をはじめとして、秋の防波堤の美味しいゲームフィッシュである太刀魚。
神出鬼没のこのターゲットは群れで回遊してくるので基本的に回ってくれば小学生でもつれてしまう簡単なターゲットなのだ。
その太刀魚はルアーで釣るのが一番手軽で楽しい。ウキを眺めながら夜の海を見つめるのもいいけれどそれじゃすぐ飽きちゃう方におすすめなルアーフィッシングで狙う太刀魚をご紹介したのがこのコーナーです。

→ タチウオ関連ブログ

スポンサーリンク

タチウオという魚について

太刀魚はその名の通り日本刀の様に銀色に輝く細長い体をしている魚である。
鱗はなく銀色のグアニン質の層で覆われているため美しい銀色のボディーをしているのである。
また、泳ぐ姿勢は立った様な状態でその様子から立ち魚となったという説もある。

鋭い歯を持つ魚で、肉食。立ちながら泳ぎ、上を泳ぐ小魚を襲う。歯で弱らせてゆっくりと飲み込む食い方をするため中々釣りをしていても針にかからないことがある。
この歯は釣り糸をあっさりと切るくらい鋭い歯で、太刀魚を釣る場合はワイヤーでできたハリスをつけるのが必須となる。このワイヤーハリスだが鮎を釣る際のメタルハリスを使うとより繊細に攻めることができる。ただし、非常に高価だが・・・。

餌は小魚で、エビなどの甲殻類は歯が刺さらないため食べないとされる。死んだ魚も食べるので釣り餌はサンマやサバの切り身かキビナゴの冷凍を使うがやはり生きたドジョウを使う方が釣れる。

太刀魚の行動としては基本的に群で行動する回遊魚である。回遊性が強く、本当に全くどこにいるかが読めない魚であり、ゴーストと呼ばれるほどである。主に夏から晩秋にかけて何度か接岸するため岸から狙うことが出来る。群でくるため入れ食いになることも多く釣れる時はどんな釣り方でも簡単に釣れる。ただ潮が悪い時や群れが小さい時は食いが良くない時もあり、ルアーで狙ってもルアーのカラーに固執することが多い。ワイヤーハリスを使うと特に悔いが悪くなる時もあるのできられることを覚悟してフロロカーボン3号のハリスを用意しておくとよいだろう運がよければ釣り上げることが出来る。

時間も非常に重要で夕方や朝方の短時間で時合いが終わってしまうことがよくあるため、時合いを逃さない様に早めに現場に入ることが重要である。手返しも非常に重要でトラブルなく釣りができるかどうかが釣果倍増の必須条件である。こんな群れと時合いが重要な太刀魚の行動を知るには釣具店や新聞などの情報をチェックしておくといい。

太刀魚は船からも大人気のターゲットであり、その地方によって独自の釣り方があり大阪湾ではテンヤと呼ばれる30号くらいの大型の針を使う。お祭りを防ぐために、乗る船によって号数が決まっている。

産卵期は6〜10月ぐらい。サイズは大きくなると1メートルを超えるサイズになりドラゴンサイズと呼ばれる。他にもサイズの図り方は魚の幅を指の本数で数え、指5本を超えてくるとドラゴン級と呼ぶ。

非常に美味しい魚で新鮮なものは刺身がいい。白身魚なので塩焼きなども非常に美味しい。ウロコがないので、処理が簡単なのもよいところ。

釣り方は非常にいろいろあり、エサ釣りではウキ釣りとドジョウの引き釣りなど、ルアー釣りでは、ジギングやワインド、ミノーやバイブレーションのプラグゲームでも楽しめる。

夕方や朝方は魚の活性が高いので足元でも食ってくる。ボイルと呼ばれる水面に飛び出す様な状況もよく起こる時もあり足元でも捕食シーンが見ることが出来る。そんな時は足元で手っ取り早く釣りまくる方が効率がよい。常夜灯周りは小魚が集まるので特に好スポット!
タチウオ自体も光によってくるためケミホタルという発光するアイテムは重要なアイテムである。ウキ釣りでもウキの上だけでなく下も光るホタルウキというアイテムは実績アイテムである。

タチウオのルアー釣りについて

メタルジグで釣れたタチウオタチウオはエサでも釣れるがやはり群れで来る魚なので手返しが重要。エサでは食い込むまでに3分待たなくてはならないので効率が悪い。(ドジョウの引き釣りというルアー釣りに近いエサ釣りも有ってこれは割と効率がいいもののドジョウをワイヤーで取り付けるのが手間)

タチウオのルアー釣りはかなり効率のよい釣り方といえる理由その1

ルアーはトレブルフックと呼ばれる3本針なので、魚がルアーのどこに食いつこうが魚の体のどこかに針がかかるので手っ取り早く魚を捕獲できる。どうせ美味しく頂くのだからどこにかかろうが関係ない。

理由その2

エサ釣りの場合魚がかからなくてもエサは歯でボロボロにされるため毎回取り替える必要がある。ルアーでもワームを使っているとボロボロになる事があるが基本的にそれほどかじらせることは無いので毎回変える必要性は無い

他にも待ってる暇な時間が無いので釣りしてて楽しいとか広範囲を攻めることが出来るとかあるが重要なのは手返しよくゲット匹数を伸ばすことが出来ることが一番のメリット。食いの悪い時はエサに軍配が上がることもよくある。

ルアーで狙うタチウオ釣りメニュー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

【釣り用の車を買おう!】
●毎日約500台入荷
●約6,000台の豊富な在庫から選べる

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

釣りはアウトドアなので常に雨にあう危険性がある。また船釣りなどでは波しぶきが掛かったりするのでレインウェア(別名レインコートまたはカッパ)というのは釣りの必需品のひとつだと思われる。 今回はそんな釣り ...

3

オクトパッシングとはタコをルアーで釣るつりのことだ。 今回はこのタコ釣り、オクトパッシング(オクトパス+フィッシングの造語)についてまとめてみる。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツ ...

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.