エサで狙うタチウオ!防波堤からの釣り方

夏タチウオイメージ

タチウオの釣り方(エサ)

エサで釣るタチウオについても少し紹介しておくことにする。タチウオはエサ釣りの場合も夜釣りで釣る。釣り方は少し特殊でここではウキ釣りと引き釣りについて少しだけだが紹介する。

スポンサーリンク

ウキ釣り

タチウオの仕掛けウキ釣り図
エサでタチウオを釣るのは安くつくのでファミリーフィッシングにおすすめ。

大したテクニックは必要なく、堤防なら足元でも釣れるので投げる必要も無い。ウキ釣りは待ちの釣りになるので群れが回ってきた時に効率よく釣りたいならおすすめしないが一番初心者向けである簡単な釣り方。

上の図を説明していくと、竿はだいたい長さが3~5メートル硬さ2〜4号くらいの竿がついた安物の釣りセットに、電気ウキを使った仕掛け一式(例:冨士灯器 こだわり太刀魚仕掛けセットタイプ5 5号 赤)を取り付け、針に釣具屋で売っている冷凍キビナゴかスーパーで売っているサンマの切り身かサバの切り身をつけてぶち込んでおくだけで釣れる。

針のセッティングは出来る限りナチュラルに漂うように付ける。

きびなごの場合は投げるときに取れやすいので取れないように気をつける。仕掛けのパッケージに付け方が書かれていると思うが一本針の場合は基本的に頭の硬い部分に刺すと外れにくい。

ウキ下はその時によって長さを調整する必要があるが活性の高い時間帯なら1~2ヒロくらいで対応出来る。

釣り方はちょっとだけ投げて待つのみ。ウキが沈んだら最低3分待つ。通常5分ほど待ち、ゆっくり合わせる。
かじられたアジ
フッキング失敗例。
エサが大きめの場合は出来る限り2箇所針をつける方がかかりやすくなる。食ってくる場所が悪いと針掛かりしづらい。

活性が高い時は即アワセでかかることもあるが基本的に飲み込むまで時間がかかると思っていたほうがいい。魚が針までえさを飲み込んでいたら重みを感じるので釣れている。そのまま巻き上げてゲット!

電気ウキがゆっくりと沈んでいく姿を眺めているだけでもものすごく楽しい釣りだと思うので非常におすすめ。

ウキ釣りでの注意点は潮が速い時はすぐ流されるので潮の上流へ仕掛けを投げること。あと流されてたらすぐに巻き上げてまた投げる。うまく潮に流さないとエサが不自然に流れ、太刀魚に見破られやすくなる。

人が多い時は絡まりやすいので特に注意が必要。あまり流しすぎると下流の人とクロスしてしまうことも。(ルアー釣りの人に注意!)PEラインを使っていると絡まった時取りづらいので出来るだけ初心者はナイロンを使おう。

引き釣り

引き釣り解説図
ドジョウの引き釣りをメインとしたエサを使った引き釣りはルアー釣りと同じようなものなのだが、やはりそこはエサ釣りのすごいところで確実に深く食いつく。エサが用意できない時でも同じ仕掛けにドジョウにそっくりなワームをつけて使うことも出来る便利な仕掛け。

タックルは基本的に仕掛けが投げられれば何でも良いが使いやすいのは2m程度のルアー用のタックル。

引き方は基本的に投げて仕掛けを沈めてゆっくりと巻いてくるだけ。タチウオの食っている層が上の方なら沈める必要もない。

アタリはわかりやすくガツン!と来る場合が多いがただ重くなるだけの時もあるので違和感を感じたら竿を立てて食っているか確認してみるのもいい。

アタリがでない時は巻いているだけでは食わない状況なのかもしれないので竿で誘いを入れてみるといい。

やり取り

基本的にかかってからはバレ難い魚だと思うのでとにかくかかったら早く巻く。

抵抗している時は無理に巻かず竿を立てていなす。細長い魚なのであまり引きが無くばれたかと思うことがあるけれどとりあえず巻く。
タチウオは細くて長いのでアミを使うと隙間から抜け出てしまう。重さも大したことないので基本的に抜きあげればよい。

抜き上げるとタチウオが暴れて針が外れることがあるので逃げられないように気をつけたほうがいい。

1.動きを止める。

持ち方は首の付け根をつかむ太刀魚の歯は異常に鋭くてかすっただけでも血を見ることになるので絶対に触らないようにする。魚つかみは必須。

2.首をへし折る。

針を外す前に首をへし折って動かなくする。魚つかみで首をつかんで背骨を大型のペンチでひねって折ると暴れなくなる。そうしてからやっと針を外す準備が整う。

3.針を外す。

注意に注意を重ね、大き目のペンチで針を外す。手でやると確実に歯が刺さるか歯で切られる。かなり外しにくい場合があるがうまくペンチで外そう。

ルアーで狙うタチウオ釣りメニュー

→ タチウオ関連ブログ

釣り用の車買うならガリバー!!→●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる


公開日:
最終更新日:2016/12/07

follow us in feedly
おすすめ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ

釣りで重要なのがノット(糸の結び方)で、ノットが悪いと最悪魚に切られて悔しい思いをすることになるし、

【技術革命】ドローンを使った釣りを考える

最近話題のドローンだが釣りに利用できないか?ちょっといろいろ考えてみよう。 まずドローンて何なの?っ

【格言】釣りは1に場所、2に道具、3,4がなくて5に腕(テクニック)

格言を紹介するコーナーです。 釣り歴が長い人はよくご存知の格言なんですが「釣りはイチに場所、二に道具

【釣り場紹介シリーズ】よく行く琵琶湖の陸っぱり出来る釣り場【バス釣り】

釣活くんがよく行く釣り場を紹介して自らを追い込む身を削る企画、今回は琵琶湖でよくバス釣りをする場所を

5月の琵琶湖調査へ行ってきた

Hi!I’m a Tsurikatsukun! 今回はちょっと琵琶湖の様子を見に行ってき

アブガルシアのシステムバックパックを買ってみた

ちゃーす!釣活くんです! 随分と久しぶりにツタヤに行ってみたら気になっていた「何者」って映画がDVD