ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

チニング

チヌゲットも大潮は時合が短い…

投稿日:

段々釣りのベストシーズンに近づいていると感じる今日このごろ。

金曜日に春の嵐が来て、土曜日も超強風という悪天候、そして日曜日ちょうどいい気候ってことで釣り日和だったのでいつもの武庫川へ釣りへゴー!

今回はきっちり実績ワームを追加購入して爆釣を狙う!

人の多い釣り場

春の大雨となるとシーバス爆釣フラグなので釣り人がわんさか訪れていた。天気も良くて釣日和の大潮。そりゃ人手増えるわな。
私は人の多い釣り場で釣りをするのがあまり好きではないのでシーバスポイントはスルーしてチヌポイントへ。

チヌポイントはエビ撒きのおじいちゃんが並んでるだけで人少なめ。

早速釣り開始。
ちょうど潮が流れ始めた朝7時30分ぐらいのスタートだった。

チヌが溜まってそうな場所へワームを投げ込んでいく。当たりはない。

移動してこの辺だろってところを重点的に攻めたらいい当たりが来てフッキング!きっちり乗ってファイト。中々の引きで気持ちよくファイトできたのが43センチの真チヌ。

本当にこの時期の真チヌはコンディションが良くて釣って楽しい魚である。

ちょっと場所を変えて狙っていると船が通ったタイミングでゴン!と来たのがキビレ。

実は前回も船が通ったタイミングでキビレが釣れたので、多分キビレもシーバス同様船パターンがあると思う。船のスクリューでエビやカニが慌てて逃げるのでキビレがそれを狙って食うと予想される。

釣り開始から30分以内にポンポンと上がりこれはいい感じで数を伸ばせるか?と思ったが急に潮の動きが悪くなる。

大潮なのに潮が流れない。淀み浮遊ゴミが目の前で漂う…。
当たりも全くなくなり、やばさしかない1時間が経過。

しょうがないので前回でかいチヌをゲットした温排水を狙ってみる。
しかし、全然反応がない。なぜだ?チヌはいるのに反応はゼロ…。まぁこの温排水にいる魚は基本的に餌を食いに来ている魚ではなく明らかに休憩中の魚なので相当運が良くないと釣れない気がする。

この後もしばらく色々と回ってみたが潮が動かず終了。

大潮だからといっていい潮だとは限らんのだなと言うことを学んだ…。

おすすめ記事

1

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

2

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

釣りの時に何を持っていけばいいのかわかっているようで、時々「あれ持ってくるの忘れてた!」ってなることがたまにあるのでここで釣りに行く時に持って行く物リストをまとめておこう。 釣り全般で必要なものリスト ...

5

エサ取り名人として名高いカワハギ。 日本各地で釣ることが出来、釣り方も投げ釣りや胴付など初心者でも簡単な釣り方で狙うことが出来る。 専門のタックルも売られているが基本的にどんなタックルでも釣ることが出 ...

-チニング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2024 AllRights Reserved.