ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

チニング

もうすぐ夏!チヌの活性は最高潮!短時間で連発レポート

投稿日:

梅雨の中休みだったのでちょっと近所の武庫川へチニングへ行ってきたレポート。

前回と同じテトラのポイントに着くと結構南風が強く波がバシャバシャしている。
足元には無数のイナッコ小が右往左往していてかなり熱い状況。シーバスとかも釣れそうな雰囲気だったのでメタルバイブレーションとかトップとか投げてみる。

しばらくやってみたけど釣れないので本命のチヌを手堅くボトムで釣ることにした。

ワームは最近のマイブームでスティーズホグ。柔らかくて小さいのでチビレでも釣れるし大きなのももちろん釣れる。

しばらくやるとコツン!という明確な当たりが来て合わせると乗った。そこそこいい引きだったもののヒョイッと抜き上げることのできるチビレだった。

かなりイージーな感じの釣れ方で活性は高そうと判断できる。

人が増えてきたので少し移動して投げてたらまた明確な当たりが来たのでフルフッキング。こっちに向かって泳いできたので小さいかと思ったがそこそこ普通サイズ。足元でちょっと引きを味わいランディング。

テンポよく2連続ゲットして確実いい日だと悟り、ワームを前からこれ使って釣りたいと思ってたやつに変更。テナガエビまんまのワームなので確実釣れるけど、ちょっと大きめなのでフックと合ってない気がして低活性時には当たり連発も全然乗らなかったやつだ。これだけ活性高けりゃ確実フッキング決まるだろってことで使ってみた。

しばらくやってみるがやっぱり当たっても乗りが悪い。もうちょい針のサイズを大きくせな乗らんような気がすると思いつつワームチェンジしようかなとしたタイミングでヒット!

ワームが大きめだから大きめの魚が釣れた。釣ったことなかったワームで釣れて満足である。


動画も撮ってたので載せておこう。

その後も同じワームを投げまくったが反応が無くなったので一旦元のスティーズに戻してみる。

フルキャストして着底を待ち、アクションさせたらすでに手応えあり!落パクでしたわ。

この魚もそこそこいい引きで楽しめた。遠くでかけると引きを存分に味わえて楽しい。

そうしているうちに東南アジア系の外国人に囲まれて釣れたらくれみたいな感じになってきたのでポイント移動。

暗くなってきて当たりも減ったので終了して帰ることにした。1時間で4匹ゲットだった。

帰り道、結構でかいシーバス釣っているお兄さんがいたりして雨の後のチャンスデーだったのは間違いなさそう。

もうすぐ完全に夏になるが夏こそがチニングの最盛期だと思っているので存分に楽しみたい。

今回のヒットルアー

おすすめ記事

1

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

2

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

釣りの時に何を持っていけばいいのかわかっているようで、時々「あれ持ってくるの忘れてた!」ってなることがたまにあるのでここで釣りに行く時に持って行く物リストをまとめておこう。 釣り全般で必要なものリスト ...

5

エサ取り名人として名高いカワハギ。 日本各地で釣ることが出来、釣り方も投げ釣りや胴付など初心者でも簡単な釣り方で狙うことが出来る。 専門のタックルも売られているが基本的にどんなタックルでも釣ることが出 ...

-チニング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2024 AllRights Reserved.