ルアーのカラーについての基礎知識

様々な色のルアーが売られているがルアーのカラーっていうのは魚にどのように見えているのか?どんな時にどんなカラーが効くのか?などについての基本的な話を紹介してみる。

スポンサーリンク

魚の視覚は人間よりもだいぶ劣る

魚の視覚は人間の視覚検査で言うと0.1程度だと言われている(カツオは0.4など種類によっては目のいい魚もいる)。ということでカラーはたくさん売られているがぶっちゃけぼんやりとしか見えていない。魚は視覚に頼らず側線という器官でエサの動きを察知して捕食したりしている。

ルアーのカラーは3種類が基本

ルアーのカラーはナチュラルなベイトフィッシュ系のカラーパール系のアピール色クリア系のカラーの3種類が基本と言われている。私の経験からもこの3種類の使い分けでその日の当たりカラーを判別することが可能だと思っている。

この三種類を使い分ける基本としては水の色天気時間帯ベイトフィッシュなどの要因を複合的に考えて使い分ける。以下で少し詳しく紹介しよう。

ルアーカラーと水の色、天気、時間帯

まず、一番基本的な色の選び方としては水の色と合わせるというもの。水の色が超クリアで5メートル先からもルアーが確認できるような状況でド派手なカラーを使うと魚は警戒してしまうことがある。特に晴れた日などは非常によく見えるので警戒してしまう。

魚は自分でエサを発見したという状況ではあまり警戒せず口を使うが明らかに餌の方からアピールしてくる状況では違和感を感じて食わないもの。人間でも自分のデスクの引き出しに1000円札が入っていたらラッキーと使うかもしれないが郵便受けに100万円入ってたら気持ち悪くて使えないのと同じようなイメージ。

そういう理由からクリアな水の時にはナチュラル系のカラーを選択。昼間などの光量が多い時にはクリア系のカラーが効く。クリア系は水に溶け込むのでよりアピール力をなくすことが出来るからというのがある。

魚に発見してもらえるギリギリのアピールで色を選ぶというのは大事。

逆に濁っている場合や朝夕マズメ時のローライトな状況ではルアーを見つけにくい状況になっているためアピール力の高いパール系の膨張色、ゴールドメッキ系が効く。クリアはシルバー、濁りはゴールドというのが定説。実際黒金は濁りに強いと感じる。夜釣りでもパール系は基本的に非常に出番が多い。代表的なカラーとしてはレッドヘッド。

ベイトフィッシュとカラー「マッチザベイト」について

マッチザベイトと言うのはその時に魚が何を食べているかに合わせてルアーを選択するというフライフィッシングでは一般的な理論。

フライフィッシングではまず釣れた魚の口にスポイトを突っ込み胃の内容物を取り出して何を食べているかを確認するのが普通。食べているベイトに近いフライを使って釣ることでたくさん釣ることができるからである。食べているエサを確認して羽虫ならドライフライを投げるし、川虫ならウェットフライ、ニンフなどで攻める。

この考え方をルアー釣りでも普通に使うようになってきてベイトが小魚ならシルバーメッキ系の小魚カラーを使い、ハゼを食っているようなら茶色系のルアーを使ったりといろいろなカラーを使い分けることで釣果を伸ばすことが出来る。

マッチザベイトがハマるときは他のカラーと比較して圧勝レベルで差がつくことも多いためマッチザベイトを極めようとするとかなりたくさんのカラーが必要になってくる。

基本的に外せない淡水でのベイトフィッシュ系のカラーはアユカラー。日本で一番どこでもいる魚でありフィッシュイーターの大好物になる魚であるからという理由。シーバスフィッシングでもバスフィッシングでもナマズなど色々な魚がアユを好んで捕食する。

海水の場合はイワシカラーは外せない。どんなフィッシュイーターもイワシは大好物であるから。カタクチイワシとマイワシではちょっと違う色なのでどこで釣るかによってカラーは微妙に違ってくる。

その他のカラー

上でパール、ベイトフィッシュ、クリアについて書いていったが他にもピンクとか紫とか黒とかいう色んなカラーが存在する。そういう色はどこで使うのか?と思うが使ってみて経験から使う場面を見出して欲しい。

基本的にピンクは膨張色なので魚の活性が高い時や濁っている時などとにかくアピールしたい時に投げるといいと思う。回遊性の青物など一瞬で通り過ぎていくような魚にどれだけアピールするかで釣果が変わる釣りなどで使うのがいい。メタルジグはピンクから使う。

逆に非常に人が多くそれほど回遊せずにウロウロするようなアオリイカを狙う時などに紫や黒などを使うとスレたイカを釣ることが出来たりする。人の使わない色を使うことで魚の好奇心をくすぐるということも出来る。

あと、赤はアピールカラーだと思っている人が多いと思うがそれは人間の目から見てアピールなのであって水の底では非常に地味なカラー。深い海などでは赤は黒より見えづらいのでキンメダイなど赤い色の魚が沢山いる。

ルアーのカラー論まとめ

ルアーのカラーについて書いてきたが一番大事なことは魚の気持ちになってルアーを見るということ。人間の目で見てこれは釣れそうと思っても魚から見ると「そんな色不味そう」に見えているかも知れない。

色とりどりのカラーがあるルアーだがぶっちゃけ魚の視力ではそれほどはっきりとカラーを識別できているかは謎であり、色のトーンがぎりぎりわかるレベルだとも言われている。ということで、もしもそのルアーを白黒の世界で見たとしてちゃんと美味しそうに見えるのか?ちゃんとアピール出来ていたりベイトフィッシュに見えるのか?にも注目してカラーを選びたい。

 -ルアー, 必要知識

釣り用の車買うならガリバー!→●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

  関連記事

鯉をルアーで釣る方法

鯉は雑食性なのでルアーでも釣れる。大抵の河川に生息する巨大ターゲットでパワーも最強レベルの鯉をルアー

カサゴ(ガシラ)の釣り方

ガシラとは関東ではカサゴ、九州ではアラカブと呼ばれている根魚のことである。 特徴は大きな顔で、体の半

【技術革命】ドローンを使った釣りを考える

最近話題のドローンだが釣りに利用できないか?ちょっといろいろ考えてみよう。 まずドローンて何なの?っ

爆釣モード!開成フォレストスプリングス

久しぶりにルアーでいっぱい魚を釣りたいと言うことで開成フォレストスプリングスへ行ってきた。 午前9時

釣り人にしか食べられない魚

どうも!ゲテモノは美味、釣活くんです! 今回は中々スーパーや魚やでは見かけないけど釣り人には一般的な

アジングに!KGライツインプレッション

長崎でアジングする際に一年ほど前に買ったKGライツがすごく良かったのでレビューを書く。

おすすめ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ

釣りで重要なのがノット(糸の結び方)で、ノットが悪いと最悪魚に切られて悔しい思いをすることになるし、

人の多い釣り場での釣り方

釣り場に着くと人が満員状態ですごく魚にプレッシャーがかかっていそうな時がある。こういう時ってどうなん

ワームの収納法

どうも!最近ヤフオクでルアーを買うのが止まらない釣活くんです。マニアックなルアーが結構見つかるとなん

メガバスオンラインのアウトレットがお得過ぎ

よく釣れるルアーを製造していることで有名なメガバスのオンラインショップで期間限定のアウトレットがオー

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
おすすめ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ

釣りで重要なのがノット(糸の結び方)で、ノットが悪いと最悪魚に切られて悔しい思いをすることになるし、

【四国遠征】徳島で奇跡のカンパチゲット編【釣旅】

どうも!釣活くんです! 今回は四国の徳島でのカンパチゲット編をご紹介していきます。

【四国遠征】今治で夜釣りはメバル入れ食い【釣旅】

どうも!釣活くんです。 今回は四国遠征シリーズ、メバリング編です。

【四国遠征】ぶっといシーバスゲット編【釣旅】

どうも!釣活くんです。 今回は四国遠征に行ってきたレポート第一弾ぶっといシーバス編です。

【技術革命】ドローンを使った釣りを考える

最近話題のドローンだが釣りに利用できないか?ちょっといろいろ考えてみよう。 まずドローンて何なの?っ

【格言】釣りは1に場所、2に道具、3,4がなくて5に腕(テクニック)

格言を紹介するコーナーです。 釣り歴が長い人はよくご存知の格言なんですが「釣りはイチに場所、二に道具