テナガエビの釣り方

   

テナガエビ
手長エビはその名の通り細長い手を持つエビの一種。河川の下流域や湖などに生息していて20センチほどに成長する。釣りで釣れるエビで足元で釣れるのでシンプルな仕掛けで狙うことが出来、上手い人なら一日で100匹も釣れたりする簡単な釣りで子供にもオススメなターゲットの一種である。

今回はそんな初心者にでも簡単に釣れちゃうお手軽ターゲット「手長エビ釣り」を紹介していこう。

手長エビのいる場所

まず、手長エビのいる場所から説明していくと日本全国の河川の下流域や湖、沼に生息しており基本的には汽水域によくいるが全くの淡水である湖でもたくさんいる。

水の汚れにも強く、多少汚染された都市型の河川にも広く生息している。東京の周辺でも多摩川や荒川、江戸川には大量に手長エビが生息している。

近所の河川に手長エビが生息しているかどうかを調べる方法は簡単でテトラポットなどの消波ブロックがある場所や障害物が多い場所で川を覗きこんで見れば大体いる。濁っていると見えないかもしれないがかなり浅い場所にも上がってくるのでよく探せば見つかるだろう。

基本的に夜行性である手長エビは昼間は暗い場所にいることが多く、動き回っている手長エビでもあまり日向には出てこない。そういう理由で橋の下あたりで探すと歩きまわっている手長エビを発見できるかもしれない。

流れが緩くなったところが好きなのだが意外と急流にも対応できて流れの速い瀬になったところでも石の裏などに隠れている事がある。

スポンサーリンク

シンプルなタックルを準備

手長エビは足元にいるということで長い竿はいらないし、逆に邪魔になる。

できれば2メートル以下の短めの竿を使うのがオススメ。
リールなどを取り付ける必要はなく、振り出し式の延べ竿で十分。

仕掛けは専用の仕掛けでもいいし、他の仕掛けを流用してもいい

釣具店では「手長エビ仕掛け」という専用のものが売られている。

これを使うのが一番てっとりばやいのでオススメなのだが売ってないとか他の仕掛けでの流用は出来ないのか?という場合は「ハゼ釣り仕掛け」でも代用できるし、「タナゴ釣り仕掛け」でも代用できる。

大事なのはエビの口は小さくて中々針掛かりしないので出来る限り小さめの針を使うこと。

万能小物ウキ釣り仕掛けのようなものでも代用できるが針は出来る限り小さい針に付け替えておいたほうがかかりやすくなる。

手長エビ釣りのエサについて

手長エビは雑食でザリガニなどと同じようになんでも食べる。釣り餌として適している物をあげるとすると一般的に赤虫がベストだと言われている。赤虫は小さくて手長エビの口に入って行きやすいので針にかけやすいためである。
活きたアカムシ(赤虫) 徳用 10g 熱帯魚のエサにも最適(リンク先虫が苦手な人注意)

他にはミミズもオススメでミミズを使う場合はできるだけ小さくちぎって使う必要がある。

どうしてもミミズや赤虫などの虫エサは使えないという人がいるならカマボコなどの練り物を小さくちぎって使う方法もある。食いは活餌に比べるとどうしても落ちてしまうのが難点だがコンビニなどでも手に入るお手軽なエサである。
魚肉ソーセージやフライドチキンをほぐしたものなども使える。

手長エビの釣り方

ウキ釣りの場合、まずはウキ下の長さを調節して必ずエサが底に設置するようにしておく。
手長エビは底にある餌を拾って食べるのでエサが上の方にあっても食ってこない。水中を確認してエサがちゃんと底に付いているかを見ておこう。ウキ下などがわからない場合は釣り初心者のためのウキ釣り入門を参照のこと

ウキ釣り以外でもミャク釣りというウキを使わず目印の動きで当たりを取る釣りもあり、場所を移動するごとに底取りの必要が無いので私はよくこの方法を使っている。慣れればウキ釣りと同じように釣ることが出来る。

手長エビの釣り方のポイント

仕掛けを垂らすとウキがピクピク動いて沈んだりする。ミャク釣りの場合も目印が動いて食っているのがわかるとおもう。
普通の魚の釣りの場合は浮きが沈んだらビシッと竿を立てて針を口に引っ掛けるのだが手長エビ釣りの場合はこのタイミングが違う。

ウキがぴくぴくしている時は手長エビがエサを発見してエサを掴んでいるところであり、まだエサを口まで持って行っていない。

手長エビはエサを見つけるとまずハサミでエサを捕まえて自分の食べやすい場所へ餌を運び、そこで初めて口にエサを入れることが多い。

という理由でウキが動いている時はしばらく様子を見て動きが止まってからちょっと待って合わせを入れると口にかかる。

口にかかればそう簡単にはハズレないのでゆっくりと上げてくればゲットできるだろう。

最初の方はタイミングがわからないので中々釣るのが難しいように感じるがタイミングさえわかってしまえば非常に簡単に釣ることが出来るお手軽ターゲットである。

手長エビ釣りまとめ

手長エビは合わせのタイミングが難しめなところ以外は本当にお手軽な釣りで釣り初心者にはオススメなターゲットの一つである。

この釣りの楽しみの一つが持って帰って食べるところであり、川エビの素揚げという居酒屋での人気メニューはこの手長エビである。汚染が厳しいような河川であっても匂いなどは気にならない。ただ、気になるなら釣りたてではなくきれいな水で2日ほど活かしておいて泥抜きをしたほうが美味しくいただけるだろう。

食べ方などはクックパッドの「手長エビレシピ」を参考にしてもらえれば幸いである。

 -エサ釣り, フィッシング, 必要知識

釣り用の車買うならガリバー!→●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

  関連記事

ルアー竿(ロッド)についての基礎知識

ロッドは腕の延長と言われており、釣り人にとっては一番重要な武器のひとつである。 最近は釣具の進化が早

釣った魚を料理するな見ておいたほうがいい下処理動画

自分で釣った魚を自分で食べるのは釣り人の特権でありコリコリした新鮮な魚の食感は釣りたてだからこそ食べ

【おすすめ】自動車保険はネットからの「一括見積もり」が絶対お得やわ

車を購入したので自動車保険を契約するためにちょっといろいろ調べてみた話。 自動車保険は必要なのか?

鯉釣りの進化・・・ユーロスタイルとは?

先週、ちょっと後輩の働いている上州屋渋谷店に行ってみたのだがさすが渋谷店ってくらい賑わっていた。

中古釣具売買で釣行費を稼ごう!

セールの衝動買いやなんやで色々といらない釣具がたまる。そんな溜まったルアーとかロッドとかリールを処分

岸からのルアー釣りに大事なこと

岸釣りにおいて重要なことについて書いてみる。

鯉をルアーで釣る方法

鯉は雑食性なのでルアーでも釣れる。大抵の河川に生息する巨大ターゲットでパワーも最強レベルの鯉をルアー

品川運河でガッツリゲット!

今回も品川でシーバスを釣ってみようかと行ってみた。

インターライン(中通し)のロッドのメリットとデメリット

ロッドにはガイドがついているアウターガイドとロッドのブランクスの中に糸を通すインターラインと言うのが

トラウト用のスプーンを自作してみた

どうも、車を頑なに洗わない男釣活くんです。暇な時に雑巾で拭くぐらいにしてます。隣の駐車場が出入りの多

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
おすすめ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ

釣りで重要なのがノット(糸の結び方)で、ノットが悪いと最悪魚に切られて悔しい思いをすることになるし、

【技術革命】ドローンを使った釣りを考える

最近話題のドローンだが釣りに利用できないか?ちょっといろいろ考えてみよう。 まずドローンて何なの?っ

【格言】釣りは1に場所、2に道具、3,4がなくて5に腕(テクニック)

格言を紹介するコーナーです。 釣り歴が長い人はよくご存知の格言なんですが「釣りはイチに場所、二に道具

【釣り場紹介シリーズ】よく行く琵琶湖の陸っぱり出来る釣り場【バス釣り】

釣活くんがよく行く釣り場を紹介して自らを追い込む身を削る企画、今回は琵琶湖でよくバス釣りをする場所を

5月の琵琶湖調査へ行ってきた

Hi!I’m a Tsurikatsukun! 今回はちょっと琵琶湖の様子を見に行ってき

アブガルシアのシステムバックパックを買ってみた

ちゃーす!釣活くんです! 随分と久しぶりにツタヤに行ってみたら気になっていた「何者」って映画がDVD