キスを餌にヒラメ・マゴチを狙う!

まずはキスを釣るところから

ヒラメのイメージ写真まず、エサとなるキスの釣り方だが、タックルはスピニングタックル。2メートル以内の竿に小型のスピニングリールがあればいい。船宿によっては無料で貸し出ししている。

仕掛けは天秤仕掛けで良い。
胴付きの製品も売られているが天秤の方がナチュラルにエサが漂う。
仕掛けは自然に漂わせることが出来るハリスの長いものの方が良いがキスメインでやるわけではないので普通の投げ釣り仕掛けでも問題ない。

重りは普通のナス型オモリの10号~30号くらい。水深が15~20メートルという浅場での釣りなので10号以上あれば底を取れる。

エサはイソメかジャリメ。ジャリメのほうが小さい魚が釣れる。エサを釣るならジャリメを用意したい。キスを本格的に釣りたいならチロリをおすすめする。

釣り方は底を取れれば勝手に釣れる。
重要なのは底を取れるかどうかだ。ただ、糸を出しすぎると隣と絡むので底をちょいちょい取り直しつつアタリを聞く。

ヒイラギやらメゴチなんかの外道も登場するがもうこの方々はどうしようもないのでキスの群れに当たるまで仕方なく付き合う。

キスが釣れたらバケツにキープする。もし、キスに針が飲まれて取りづらい時は弱るとダメなのでハリスで切ってしまって仕掛けを付け直す。キスが死んだら勿体無い。もし、そのキスを持ち帰って食べることになった場合の為にわかりやすいようにハリスを長めにつけておく。

キスが5匹ほど釣れたらヒラメ・マゴチ狙いにシフトする。

ヒラメ・マゴチの釣り方

ヒラメを並べた写真

タックルは出来ればベイトタックル。
なぜ、スピニングタックルがダメなのか?理由は二つある。

一つ目は底取りめんどくさい問題、これはスピニングではいちいちベールを起こさないと底取り出来ないのでこまめな底取りが難しいという問題。ただ、水深が一定な場所だと、さほど底取りしなおす必要性もないので気にしなくてもいい。

二つ目はパワー不足。釣れるヒラメは50センチを越える魚が結構いる。マゴチも60センチを超えるとかなりの引きになる。そうなるとスピニングタックルではパワーが足りないのだ。ベイトタックルのトルクフルなパワーで強引なファイトが出来ないことはかなりのデメリットになりかねない。やり取りの時間が伸びるとバラシのリスクも高まる。スピニングタックルを使うならジギング用の強固なタックルをおすすめする。

おすすめはライトジギングタックル。
ゴールデンミーン・サーベルダンス2 Kガイド KSDC-60L-IIなどの人気ライトジギングタックルがベストマッチする。
その他でもブラックバス用のベイトタックルでも普通のキス竿やカワハギ竿などの船竿でもベイトタックルなら大丈夫だろう。

リールはベイトリール。PE1号が100メートルくらい巻けるベイトリールなら何でもいいが、手持ちでやるのであまり重過ぎるものは疲れる。小型のベイトリールでいい。シマノのカルカッタだと100番くらいでちょうどいい。

ラインはPEの0.8~1.2号くらいがよい。太すぎると潮を受けて流されやすいので出来れば細い方がいいがPEは伸びが無いので合わせ切れに注意しなければならない。

キスでひらめを釣る仕掛け図
仕掛けについてだが、これは結構色々とあるようなので好きなものを使えば良いと思うのだが、私はマゴチ釣りで使うのと同じ仕掛けを使っている。
関東型の天秤の15号とか20号のものがおすすめ。
例:鉛付天秤
その天秤に1.5メートルほどの3~4号のフロロカーボンハリスをつけた15号程度のマゴチ針をセット。
シンプルな仕掛けなので現場でいくらでも作れるのがいい。

他にも3つ又サルカンを使ってダウンショット型の仕掛けを作るのもいい。

大まかな釣り方の流れ

えさのつけ方は、キスの場合、鼻のところで横向きに針を刺す。イワシやハゼの場合はアゴをしたから上に貫通させる。

まず、底を取る。
15~30メートルなので底を取るのは難しくないだろう。着底したら1メートル巻き取る。色つきのPEラインなら正確に1メートル巻き取ることが出来るはず。色が無くてもリールの説明書に一回巻くと何センチ巻けるか書いてあるはずなので計算して1メートル巻く。

底に起伏がある場所なら30秒に1回ほど底を取る作業が必要である。

1メートル巻いたらアタリがあるまで待つ。
エサが慌しく動き始めたら集中。ヒラメかマゴチが近づいてきてるからだ。
アタリは割りと大きく、ゴン!ゴン!と来る。

このアタリで合わせても乗らない。肉食魚は大体魚を丸呑みするがラインがついている場合、自然の場合と違ってラインのテンションが邪魔して一回では口に入らない。だからちゃんとエサが口に入るのを待たなければならないのだ。
大体30秒くらい待てばちゃんと針まで飲み込んでいると思う。

いきなり持っていくようなアタリの場合はすでに飲み込んでいる可能性が高いので即合わせるほうがいいだろう。

魚の重さが乗ったらゆっくり巻いてくればいい。ライトタックルなのであまり無理にやり取りせずゆっくり巻き上げる。

水面まで上がってきたらタモですくうといいだろう。

最後にこの釣りのあるあるを少し。。

船の先端か後方かで釣果が偏る。

なので、船に乗る時は博打を打つなら前か後。無難に行くなら真ん中あたり。魚が回ってくるときはどっちかに偏るのは間違いない。

キスが釣れない。

キスが釣れないことがあるかもしれない。これはもうどうしようもないのだが、最悪どうもキスが釣れないような気がするときは冷凍キビナゴかイワシを持っていけばいい。釣果は落ちるがヒラメは死にエサでもちゃんと釣れる。
他にもメタルジグを持っていくのもあり。金色系は実績が高い。

おすすめ船宿さん

湘南 茅ヶ崎の一俊丸さん


公開日:
最終更新日:2014/06/20

follow us in feedly
メバルを求めて

どうも!釣活くんです。 インフルエンザが猛威を奮ってますね!私は大丈夫ですが周りの人全員かかってます

新しいコンプレックスCI4+を紹介したい

2017釣活くん注目釣具シリーズ! 今回はNEW コンプレックスCI4+を紹介していこう。 このリー

ギル型ワームの革命か?ジャバロンギルがヤバすぎる

釣活くんのフィッシングショーで見つけたヤバすぎるルアー紹介コーナー、今回はイマカツから発売されるジャ

エメラルダス STOIST AGSが欲しい理由

釣活くんの欲しい釣具シリーズ、今回はエギングロッド「エメラルダス STOIST AGS」を欲しい理由

シマノのポイズングロリアスを欲しくなった理由

フィッシングショーで欲しくなった釣具紹介シリーズ2回目はシマノのバスフィッシング用ロッド「ポイズング