元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

必要知識

釣りに行くべき日はいつ?

投稿日:

釣りを長く続けていると釣れる日というのがあることがわかってくる。

今回は爆釣したり大物が釣れたりしやすい日について紹介してみる。

スポンサーリンク

水温が上がるタイミング

冬や春先だが冷え込みが続いている状況で小春日和で水温が上がるタイミングがあるがそのタイミングでよく釣れる。この時重要なのは水温が上がるということでその水温が何度かではない。例えば水温が10度の日が続いている時に13度まで上がったりすると活性がぐっと上がる。同じ13度であっても前日15度から13度になった状況では活性が下がるので注意。

低気圧が接近

台風の前によく釣れるというのは有名であるが台風でなくても低気圧によって活性は上がる。浮袋が膨張するため魚のレンジが上がるためだとも言われているがたしかに爆釣する時は低気圧が関連していることが多い。爆弾低気圧と呼ばれる急激に発達するタイプの低気圧なども期待が持てる。

ただ、風が強まることも多く危険を感じるレベルになったら釣りを控えたほうが良いだろう。

荒れたあと

荒れたあとは濁りが入ったり荒れていて動けなかった分のエサを取ろうとしたりして爆発的に釣れることがある。河川の増水はシーバス爆釣のきっかけになりやすいし、波が収まった時に青物やタチウオの入れ食いがあったりする。

荒れた直後過ぎるとゴミが漂いすぎていて釣りづらいということもあるがチャンスには間違いない。(台風一過の青空で水がクリアだったりするとタフるのでマズメか夜を狙うのがおすすめ)

大潮

潮が動く時はチャンスなのが当たり前。釣れるシーズンに関しては釣り船の予約が取りづらいのは大潮。釣り上級者はみんな大潮を狙って釣りをするからである。海で大潮が釣れるのは潮が動きやすいから当たり前であるが実は淡水でも大潮が関連していてよく釣れる。産卵期は特に顕著なので産卵シーズンにデカイ魚を狙うなら潮見表を用意しておこう。

潮が動きすぎて時合が短すぎるという理由から大潮よりも大潮後の中潮が好きな人もいる。大潮でテンションが上がった魚がその後の中潮でもよく釣れるため大潮前の中潮よりも大潮後の中潮のほうがおすすめ。

ローライト

基本的に晴れよりも曇や雨のほうが魚の警戒心が下がり釣りやすい。特に晴れが続いていたあとにローライトの日が来ると爆釣することもある。好天続き後の雨や雪はチャンスだと思ってもいいかもしれない。ただし、急激な濁りなどで状況が一変して釣りづらいこともあるので注意が必要ではある。

釣れる日の話まとめ

今回は経験上釣れる確率がアップする日についてちょっと紹介してみたが場所によって釣れる日はいろいろある。春先の南風がふくタイミングもいいし、冬でも寒い日が続いて安定した状況になれば魚が固まって釣りやすくなったりする。釣れる日も自分の中での法則のようなものを見つけていくと釣りの幅が広がっていくだろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

メッキというのはジャイアントトレバリー(GT)の子どものことでカスミアジやギンガメアジの子どもの総称である。 一般的に秋ごろから初冬ぐらいまで日本各地で釣れる。基本的に南の魚であるため黒潮の影響を受け ...

4

愛着のある釣具でもなんだかんだでお金が必要でどうしても売ってしまわなければならないことがあるだろう。家のスペースの問題だったりいろいろな理由があると思うがどうせ売るなら高く売りたい。そんな時はこのペー ...

-必要知識

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.