釣りに行くべき日はいつ?

釣りを長く続けていると釣れる日というのがあることがわかってくる。

今回は爆釣したり大物が釣れたりしやすい日について紹介してみる。

スポンサーリンク

水温が上がるタイミング

冬や春先だが冷え込みが続いている状況で小春日和で水温が上がるタイミングがあるがそのタイミングでよく釣れる。この時重要なのは水温が上がるということでその水温が何度かではない。例えば水温が10度の日が続いている時に13度まで上がったりすると活性がぐっと上がる。同じ13度であっても前日15度から13度になった状況では活性が下がるので注意。

低気圧が接近

台風の前によく釣れるというのは有名であるが台風でなくても低気圧によって活性は上がる。浮袋が膨張するため魚のレンジが上がるためだとも言われているがたしかに爆釣する時は低気圧が関連していることが多い。爆弾低気圧と呼ばれる急激に発達するタイプの低気圧なども期待が持てる。

ただ、風が強まることも多く危険を感じるレベルになったら釣りを控えたほうが良いだろう。

荒れたあと

荒れたあとは濁りが入ったり荒れていて動けなかった分のエサを取ろうとしたりして爆発的に釣れることがある。河川の増水はシーバス爆釣のきっかけになりやすいし、波が収まった時に青物やタチウオの入れ食いがあったりする。

荒れた直後過ぎるとゴミが漂いすぎていて釣りづらいということもあるがチャンスには間違いない。(台風一過の青空で水がクリアだったりするとタフるのでマズメか夜を狙うのがおすすめ)

大潮

潮が動く時はチャンスなのが当たり前。釣れるシーズンに関しては釣り船の予約が取りづらいのは大潮。釣り上級者はみんな大潮を狙って釣りをするからである。海で大潮が釣れるのは潮が動きやすいから当たり前であるが実は淡水でも大潮が関連していてよく釣れる。産卵期は特に顕著なので産卵シーズンにデカイ魚を狙うなら潮見表を用意しておこう。

潮が動きすぎて時合が短すぎるという理由から大潮よりも大潮後の中潮が好きな人もいる。大潮でテンションが上がった魚がその後の中潮でもよく釣れるため大潮前の中潮よりも大潮後の中潮のほうがおすすめ。

ローライト

基本的に晴れよりも曇や雨のほうが魚の警戒心が下がり釣りやすい。特に晴れが続いていたあとにローライトの日が来ると爆釣することもある。好天続き後の雨や雪はチャンスだと思ってもいいかもしれない。ただし、急激な濁りなどで状況が一変して釣りづらいこともあるので注意が必要ではある。

釣れる日の話まとめ

今回は経験上釣れる確率がアップする日についてちょっと紹介してみたが場所によって釣れる日はいろいろある。春先の南風がふくタイミングもいいし、冬でも寒い日が続いて安定した状況になれば魚が固まって釣りやすくなったりする。釣れる日も自分の中での法則のようなものを見つけていくと釣りの幅が広がっていくだろう。

 -必要知識

釣り用の車買うならガリバー!→●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

  関連記事

PEラインは選び辛い!色々使ってみて思った特徴をまとめてみる

ナイロンラインとかフロロカーボンラインって色々あるけど大体それほど違わない。 いいラインだと巻き癖が

これは使える!根がかりを外す5つの手段!

釣りをしていて起こるトラブルの中ではかなりストレスの溜まる根掛り。 ストラクチャーに魚が付きやすいこ

トラウト用のスプーンを自作してみた

どうも、車を頑なに洗わない男釣活くんです。暇な時に雑巾で拭くぐらいにしてます。隣の駐車場が出入りの多

ルアーは買うもんやない、拾うもんや!

有名な競馬の名言で「新聞は買うもんやない、拾うもんや」っていうのがあるので今回はルアー拾いについてち

釣り人として食べて美味かった魚ランキング

釣り人としていろいろな魚を釣って食べてきたが美味かった魚をランキングにしてみたので紹介してみる。 マ

トラウトの燻製作ってみた

この前、北田原で釣ってきたニジマスを一部燻製にしてみたのでレポート。 ニジマスは食べられる魚なのでせ

遠浅なら立ち込んで釣れ!ウェーダーについて

遠浅な砂浜や河川などに入って立ち込んで釣ることをウェーディングとも言うがこれに使うのがウェーダーとい

釣れない人がやりがちな間違い

釣りに行っても行っても全然釣れないという人がやりがちな色々な間違いというのが存在している。うまい人は

2015モデルのイグジストを使ってみた

2015年に発売されたニューモデルのダイワの最高位の中小型スピニングリール、イグジストを購入してみた

「水族館発!みんなが知りたい釣り魚の生態」をおすすめしたい理由

今回は本の紹介をしたくてブログを書くことにした。 普段は釣り雑誌はよく読むけどあんまり釣り関係の本は

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
おすすめ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ

釣りで重要なのがノット(糸の結び方)で、ノットが悪いと最悪魚に切られて悔しい思いをすることになるし、

【技術革命】ドローンを使った釣りを考える

最近話題のドローンだが釣りに利用できないか?ちょっといろいろ考えてみよう。 まずドローンて何なの?っ

【格言】釣りは1に場所、2に道具、3,4がなくて5に腕(テクニック)

格言を紹介するコーナーです。 釣り歴が長い人はよくご存知の格言なんですが「釣りはイチに場所、二に道具

【釣り場紹介シリーズ】よく行く琵琶湖の陸っぱり出来る釣り場【バス釣り】

釣活くんがよく行く釣り場を紹介して自らを追い込む身を削る企画、今回は琵琶湖でよくバス釣りをする場所を

5月の琵琶湖調査へ行ってきた

Hi!I’m a Tsurikatsukun! 今回はちょっと琵琶湖の様子を見に行ってき

アブガルシアのシステムバックパックを買ってみた

ちゃーす!釣活くんです! 随分と久しぶりにツタヤに行ってみたら気になっていた「何者」って映画がDVD