「水族館発!みんなが知りたい釣り魚の生態」をおすすめしたい理由

今回は本の紹介をしたくてブログを書くことにした。

普段は釣り雑誌はよく読むけどあんまり釣り関係の本は読まないのだがこの本はアマゾンにおすすめされて実際どんなもんかとジュンク堂で立ち読みして即買してしまうほどいいと思った本。

それが「水族館発!みんなが知りたい釣り魚の生態」という本。

何故即買なのか?

この本を書いているのは実際に水族館で働く釣り好きのスタッフさん。そのスタッフさんが釣人の目線で魚を観察したり水族館で飼育するために釣りに行って捕獲してくる話が書かれている。

釣り雑誌などでも実際に水中カメラを沈めたり潜ったりして写真を撮ったり観察したりしているが実際に飼って毎日魚を観察出来るのは水族館だけ。水族館スタッフしか知らない情報が満載なのである。

実際に育てているからメバルの成長は非常に遅く尺になるには10年位かかるのにカサゴの成長はすごく早くてあっという間に尺を超えるとかいうことも発見できる。一般的に根魚は成長が遅いと思っていたので本当に驚きである。

内容が科学的

釣人視点で色々なところを観察しているためいろんなデータが非常に詳細に書かれている。

ブラックバスは20度以下の水温になると全くエサを食わなくなるとかヒラスズキは餌付けが難しいとかそういう話はかなり専門的で科学的な実証がなされていて為になる。

本のイメージ
(ターンオーバーの説明図)

図などもわかりやすく初心者でも非常に読みやすい。もちろん釣り経験が長い人でも知らなかったような内容が非常に多いので面白く読める。

書評まとめ

私も昔ブラックバスの飼育が禁止されていなかった時代に家で小さなブラックバスを飼育して観察したりしていたのだが飼育が難しい魚(スズキ・マスなど)を飼育して毎日観察しているのが水族館のスタッフであり水族館スタッフでないと多分気付けないような内容があふれている。

この本の眼から鱗度数は星5つです!是非オススメしたい本である。

 -必要知識

釣り用の車買うならガリバー!→●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

  関連記事

ライン交換の方法

釣りをしていると定期的にライン交換が必要となってくる。 吸水性があり紫外線などでの劣化があるナイロン

陸っぱりの釣りの魅力と攻略法まとめ

陸っぱり(オカッパリ)とは陸(岸・ショア)からの釣りのことで船を用いない釣りのこと。 今回はこの陸っ

PEラインは選び辛い!色々使ってみて思った特徴をまとめてみる

ナイロンラインとかフロロカーボンラインって色々あるけど大体それほど違わない。 いいラインだと巻き癖が

【寄稿募集】みんなの釣活を載せていきます!

どうも!釣活くんです。 釣活に皆さんから寄せられた釣行記を掲載していくことにしました。 寄稿してくだ

全てのアングラーに知っておいてもらいたい「ルアーのフック」について

ルアーに付けるフックやワームで使うフックについての記事。 フックは色々な形状のものがあったりして何が

リールについての基礎知識

釣りをするのに重要なタックルのひとつがリール。 色々なリールがあるがそれぞれどんな特徴があるのか?リ

【必読】釣れない魚を釣るためのルアー釣りのコツ

ルアー釣りって難しい。プラスチックの塊を釣り人が動かして命を吹き込み魚を欺いて釣るのでエサ釣りのよう

シンカー(重り)の素材について

(2015・9・26一部修正済) シンカー(重り)は釣りをするなら必須に近いアイテムであり、誰もが使

トラウト釣果アップ術

エリアとも呼ばれるトラウトの管理釣り場でのルアーフィッシングにおいて釣果を少しでも伸ばす方法を研究し

激安で東京へ遠征する方法!

今回の東京遠征は兵庫から東京遠征するとどのくらいかかるか?の実験的取り組みで管理釣り場釣行もしたけど

  コメント

  1. […] コチラのサイト「釣活」ブログで、紹介されていた本が面白そうだったので、Amazonでポッチっとして、 […]

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
おすすめ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ

釣りで重要なのがノット(糸の結び方)で、ノットが悪いと最悪魚に切られて悔しい思いをすることになるし、

【技術革命】ドローンを使った釣りを考える

最近話題のドローンだが釣りに利用できないか?ちょっといろいろ考えてみよう。 まずドローンて何なの?っ

【格言】釣りは1に場所、2に道具、3,4がなくて5に腕(テクニック)

格言を紹介するコーナーです。 釣り歴が長い人はよくご存知の格言なんですが「釣りはイチに場所、二に道具

【釣り場紹介シリーズ】よく行く琵琶湖の陸っぱり出来る釣り場【バス釣り】

釣活くんがよく行く釣り場を紹介して自らを追い込む身を削る企画、今回は琵琶湖でよくバス釣りをする場所を

5月の琵琶湖調査へ行ってきた

Hi!I’m a Tsurikatsukun! 今回はちょっと琵琶湖の様子を見に行ってき

アブガルシアのシステムバックパックを買ってみた

ちゃーす!釣活くんです! 随分と久しぶりにツタヤに行ってみたら気になっていた「何者」って映画がDVD