元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

クロダイ

デカイのどこ?キビレを釣りに行ってきた

投稿日:

どうも!世界陸上のトラック競技を見ている時、競馬を見ている気分になる釣活くんです!
ついつい大逃げうちよったなとかケニアは追い込みが得意やからこの差やったら残らんでとか突っ込みを入れてしまいます・・・。

最近ライトゲームばっかりしかしてないのでたまにはそれなりの引きを味わいたいなと言うことで近所のドブ川へキビレを狙いに行ってみた。

スポンサーリンク

時は来た!

暗くなり満潮になってから釣り開始。大潮、台風の濁り、南風と状況は悪くないはず。あっという間にデカイのを何本か釣って仕事終了や!という気分で行ってみたのだが・・・。

いつもデカイのがウロウロしているシャローのポイントで前回同様バグアンツの直リグを使って探る。

アタリが連発する。ただし、20センチぐらいのチビのあたり。非常にわかりやすいコココって感じのかじるアタリ。デカイのはこんなアタリじゃない。ズンズンとかドンとかゴンとかいうアタリが欲しい。

流れが効かないとデカイのは食わないのか?と思いしばらく粘って流れを待つ。

ディープエリアを狙ったりしてみたがアタリはない。チビすらいないようだ。

ボラがいつもうじゃうじゃいるエリアなのだが今回はだいぶ少ない。何かおかしい。

シャローではひたすらチビがつつくアタリばかり。

流れが効き始めても特に変化が無く。チビのあたりが続く。

場所が違うのか?と実績ポイントを捨てて違う場所で狙う。

一投目、岸沿いを通すとコン、コン、と当たるが乗りそうな感じじゃない。続けてずる引くとまたコンコンと来る。追いかけて食ってるような感じ。3度目のアタリがいい感じのアタリだったので思い切り合わせるとヒット!
チビキビレ
30センチ程度の小型のキビレだったがそこそこいい引きをしてくれたので楽しめた。

場所がいいのか?と思い投げまくるが当たるのはここもチビばっかりで合わせても合わせても乗らず、ワームの足がどんどん千切られて消耗するだけ・・・。

多分、メバル用のジグヘッドだったら20センチ級が入れ食いだったんじゃなかろうかと思うほどアタリは多かったものの大型は何処へ行ったのか全然つかめずそのまま終了。例年夏の終わりには大きめキビレが消える時期があるものの先週ハゼクラやった時にはシャローに大型のキビレが群れていたのでまだ川にはキビレがいるはずなのだが・・・。

そろそろキビレのシーズンは終了でシーバスの秋が開幕かな?

【激安セール】夏のナチュラム祭開催中!! icon

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

釣りはアウトドアなので常に雨にあう危険性がある。また船釣りなどでは波しぶきが掛かったりするのでレインウェア(別名レインコートまたはカッパ)というのは釣りの必需品のひとつだと思われる。 今回はそんな釣り ...

3

オクトパッシングとはタコをルアーで釣るつりのことだ。 今回はこのタコ釣り、オクトパッシング(オクトパス+フィッシングの造語)についてまとめてみる。

-クロダイ

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.