ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

チニング

夏はチヌトップ!釣れない時はボトムもね!

投稿日:2023/09/03 更新日:

2023年の夏は観測史上一番暑いらしいがマジで毎日外に出たくない暑さが続いている…。こんな暑すぎる夏に安定して釣れる魚…チヌしかいない!

そして夏はチヌトップの最盛期!ってことで今週もチヌトップをしてきたレポートです。

夕方は出ても極めて乗りにくい

暑すぎるので夕方から釣り開始してみる。完全に日が陰ってから行ったので割と快適な釣りが出来たがあんまり出ない。時間帯的に満潮近い上げ潮で水が動いている気配があんまりしないってのも原因だろ思われるが出そうなところであんまり出ない。一応出るには出るけどなんかモワッってなるようなのが多く、ガッツリ食ってくるバイトは少ない。

それでも2回ぐらいヒットしたがかかりが浅くて即バラシで終わり。恐らく光の量が減っている時間帯にルアーを動かすとチヌがしっかり食いきれないような感じがする。日中のような速い動きではなくゆっくりとした動きで時々ポージングを入れたりした方がいいのかもしれない…。チニングも奥が深いねぇ。

完全に暗くなりかけてもうトップは無理だろうと諦めてボトムを狙う。

日中けっこうチヌが貯まっているのが見えた場所なのでいるだろうと思ったが1投目からチビレっぽい当たりがあり、3投目ぐらいで向こう合わせでヒット!

しっかりとキャッチしたのは真チヌの30センチぐらいだった。

この後も多分ボトムでやれば何枚かは追加できたと思うが風が全く無く、やたら暑いのとライントラブルとでやる気が無くなってしまったので翌朝のチヌトップを楽しむことにして終了とした。

朝はチヌトップ!

朝は小魚の活性も高いだろうしチヌトップもいいだろうと予想して武庫川へ向かうと見たこと無いぐらい潮位が高く、阪神武庫川駅下の堰堤が海側から上流側へフォールしている…。いつもと逆の滝が出来ているのはあまり見ない光景だった。多分ガンガンチヌが川を遡っていると思うのでだいぶ上流でもチニングが成立しそう…。

こんな潮で大丈夫か?と思いながらいつもの釣り場へ行くと足元が水に浸かっている…。こんなに水上がってくるのかって感じだがまぁサンダルだし別にいいかって入水して釣り開始。

岸際を狙ってポップXを通すとすぐに出て、追尾して2回目のバイトでヒット。ぶっちゃけヒットの瞬間はルアーが水中にあったので出たというのかわからんけどトップで釣れたのでチヌトップだ。

やっぱり朝は活性が高くてイージー。最高に楽しい。

こんな即釣れるんなら何投げても釣れるんじゃなかろうか?とダイソーで買った新バージョンのポッパーがボックスに入ってたので使ってみる。カラーは黒金なのでなんか合ってない気はするけど投げてみる。

使ってみたことはあったと思うけどルアーの動きがめちゃくちゃいいことに気づいた。ちゃんと左右に首をふるしポップ音もいい。ポップXとそんなに変わらんのじゃ?って思ったけどそんなに出る回数は多くなくて一応出るけど乗らないし、やっぱ色が気になるってことでドッグXに変更。

ドッグXもなんかそんなに出ないのでベイトのイワシにそっくりなレッドペッパーベイビーへ。マジで動きが弱ったイワシやん…って感じで絶対釣れる動き。結果はすぐに出て追尾からの本気食いでヒット。

ナイスなサイズのチヌ。引きが強すぎてレッドペッパーベイビーの後ろのフックが折れたのでルアーチェンジ…。

安定のシャワーブローズ777を使ってみたけどレッドペッパーベイビーと比べてあまりにもファットなボディーであり、アピール力も強すぎるような気がしたのですぐにメガバスのSWING HOTに変更する。一応シャワーブローズでも出たけど乗らなかった。

出ても乗らない状況がしばらく続き、ゴミが流れてきてめちゃくちゃ釣りがしにくくなったり、風が出て釣りがしにくくなったりというタイミングがあったりして終わりかなと思ったが最初にヒットした場所へ戻りつつルアーを投げ続ける。

ボラが増えすぎてかなり邪魔な状態になるがチヌもいないわけじゃない。いるけどなんかルアーには反応しない…。たまーにイワシが追われて水面を飛んでいるのが見えるし、追われて岸に乗り上げてピチピチしてるのを白鷺が食いまくっていたりする。自然って凄いね。

最初の場所のちょっとした影になっている部分になんか貯まってそうだなと思ってルアーを通したら追尾してきて出た!が乗らず。やっぱりちゃんといいところ通したら食ってくるよねってことで同じコースをもう一度通す。出るだろってところで出たけど乗らなかったのでワンアクションして一旦止めてポーズしたらきれいに食ってくれてヒット!

めちゃくちゃいい引きで中々よってこない魚だったが寄せてくると同じサイズが追尾してきていた。やはり複数魚がいると何度も出るししっかり食ってくるのでミスバイトも少ないんだろう。

3匹目の魚をゲットして同じ場所にまだいそうとルアーをまた投げる。

また出る。やっぱり貯まってる。でも乗らん。同じ場所で5回連続ぐらい出たけどなんで乗らんねんってぐらい乗らない。結局その後はスレたのか出なくなったので終了。
しっかりと3ゲットしたし、出た回数は数えてないけどめちゃくちゃたくさん出ているので十分楽しめた。

一つ言えるのは出方が派手なのはまず乗らないね。モワってなるぐらいの出方の方が乗ってる率が高い。あと追尾パターンはかなり乗る。単発のは乗ればラッキーってぐらいの期待値かな。チヌトップ奥が深いマジで。

おすすめ記事

1

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

2

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

釣りの時に何を持っていけばいいのかわかっているようで、時々「あれ持ってくるの忘れてた!」ってなることがたまにあるのでここで釣りに行く時に持って行く物リストをまとめておこう。 釣り全般で必要なものリスト ...

5

エサ取り名人として名高いカワハギ。 日本各地で釣ることが出来、釣り方も投げ釣りや胴付など初心者でも簡単な釣り方で狙うことが出来る。 専門のタックルも売られているが基本的にどんなタックルでも釣ることが出 ...

-チニング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2024 AllRights Reserved.