ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

チニング

バチ抜け激アツ!デカチヌゲット!

投稿日:

今週の潮は若潮とかなり微妙な感じではあったものの一応潮動くような感じもするし、一応やってみようと夕方からボトムチニングとバチ抜けで行ってみた。

ボトムはチビレのみ

風があって警戒心が薄れそうな感じの海ではあったが非常に微妙だった。

いつもは早い段階で当たる場所で特になんの当たりもなく、足元で明確なゴン!というあたりはあるものの乗らない。

どういう状況なのか?食い気がなく甘咬みなので乗らないのか?わからない。

しばらくやっていると根がかりのようななんか引いているような?と思ったら沖へ走り出す…チヌ等の場合は引きでわかるのだがこれはただただ重いだけの引き…そう、エイである。

最初の方はだましだまし寄せて来れたのだが途中から動かなくなり、一気に沖へ走り出す…もはやドラグなど出したら全部持っていかれるのでスプールを指で抑えるのだが引きが強すぎて親指がやけどしそうに…完全にやばいと判断し、両手でドラグをフルロックして切られる。糸を全部持っていかれるよりはマシという結果だった…。疲れた…。

その後、ちょいちょい場所を移動して打っていくと当たりの正体がチビレだと判明。
2匹チビレをゲットして今週ボトムで釣れるのはチビレしかおらんと判断し、バチ抜けポイントへ移動。

日没後しばらく経っていたのでだいぶいい感じで明暗が出来ていた。

毎年釣れる明暗を覗き込むが特にボイルなどなく、流れも特に感じない。

でも一応ダイソーのワンダーを通してみると下から食ってくるのが丸見えの大興奮シーン!
見事ヒットしてそこそこいい引きをするぞ…なんだろう?シーバスかな?チヌかな?と思ってやり取りしてたらすっぽ抜け…。残念。

同じポイントで出ないかとしばらくやっていると中バチが泳いでいるのが見える。このサイズのバチがいるならバチパターンでイージーに釣れる日。

次のポイントへ移動し、明暗を通すとルアーがなんか引っかかって変な動きになっている…回収しようか?と思ったら食ってきた!そして追尾して食ってくる!
でもラインがフックに絡んでるのでヒットはせず…。

追尾して食ってくる特徴はチヌだろう。絡んだラインを外して投げるも時すでに遅し。もうこの明暗からはなんの反応もなかったのである。

次のポイントには人がいたが入れる明暗を探しながらテクトロをする。特に反応は無いし流れも微妙…でも中バチは見える。

なんかダメっぽいな…戻るか?と思ってたらルアーがひったくられてヒット!中々の重量感のある引きで楽しい。ボラとかならこんなに引かないのでシーバスかチヌか?と思って寄せてきたらチヌ!ナイスサイズだった。

最近キビレばっかり釣っていたので久しぶりの真チヌ。なんかかっこいい。

このあとはヒットしたポイントに戻ったりしてみたけど特に反応はなく終了とした。

潮の割には楽しめた気がする。

おすすめ記事

1

春、釣りを始めたい人が増えるシーズンですが正直そこそこ難しいシーズンだったりもします。 なぜかと言うと気温が安定しないことが多く、三寒四温で急激に水温が下がったりした時は魚がさっぱりエサに食いつかなく ...

2

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

釣りの時に何を持っていけばいいのかわかっているようで、時々「あれ持ってくるの忘れてた!」ってなることがたまにあるのでここで釣りに行く時に持って行く物リストをまとめておこう。 釣り全般で必要なものリスト ...

5

エサ取り名人として名高いカワハギ。 日本各地で釣ることが出来、釣り方も投げ釣りや胴付など初心者でも簡単な釣り方で狙うことが出来る。 専門のタックルも売られているが基本的にどんなタックルでも釣ることが出 ...

-チニング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2024 AllRights Reserved.