元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

エギング

アオリイカ数釣りモード突入!

投稿日:

どうも!愛読書は釣り雑誌、釣活くんです!

今日は今年一杯も釣っていないタコを釣りたくて神戸港へ行ってみた。最終的に結局エギングになっちゃった釣り日記です。。。

スポンサーリンク

タコは低活性?

神戸のとある港でオクトパッシング開始。状況は前日までに降った雨の影響で濁りが入り水潮を嫌うタコは厳しいか?と思われる状況。他の魚はウミタナゴが足元の影にたくさんとイワシの群れが水面を時々泳いでいる感じ。

今回使ったルアーはデビルエイトicon。最近流行しているタコ用ルアーでタコ用ルアーとしてはそこそこ高いのだがYouTubeで使っている動画を見ていると欲しくなって買ってしまった。根掛かりしづらそうな形状なので多分値段の価値はあるだろう。

タコは昼でも動いている奴は動いていて港内を泳ぎまわっているはずなので広範囲に探っていく。

だいたい砂地なので根掛かる場所はないのだがたまにストラクチャーがある場所は重点的に攻めていく。結構色々なところをせめても特に反応はない。

30分以上アタリも無くちょいちょい移動していたが港の真ん中を攻めていた時重みを感じた。すぐに合わせて巻いてきたがあと少しというところで外れてしまう・・・。濁っていたのでタコだったのかどうかは不明だがデビルエイトの形状からタコ以外考えられない。なんとも悔しい・・・。

それから集中力アップで30分ほどやってみたものの結局次の当たりが出ないので諦めてエギングに切り替えてみることにした。

アオリイカはいた!

この場所はこれまでアオリイカの実績は無いのだが去年の秋に墨跡を見つけていたのでちょっとやってみようということで試しに投げてみた。

この日もよく見ると墨跡があったのでそこでやってみる。
3号のエギで底まで沈めてしゃくりながら水面まで探る。昼間なので多分底にいるだろうという考えだ。墨跡の付近にはコッパメジナが群れていてベイトは十分。

しばらくやるも反応なし。ついてくるイカもいないので場所を変える。

堤防の先端へ。

港の中は濁っていたが外の海は割りとマシ。クリアではないが2メートルぐらいは見える。

潮と潮がぶつかる場所で同じように沈めてしゃくると寄ってくるイカ発見!おるがな!だが抱かない。3号ではでかすぎる感じはある。ただ、高活性でかなり追いかけるスピードが速い。

しょうがないのでケンサキ用の1.8号を使ってみるが風が強くほとんど操作できない。結局何度か付いてきたが抱きつくことはなく反応がなくなった。

外海でやりたいところだが風でどうにもならないので少し歩いて風裏を探す。ちょっとしたストラクチャーの裏でやることに。
ちょっとしたストラクチャーだが意外と風を防いでくれてやりやすかった。

開始して数投目で当たり!3号のエギをひったくっていった!合わせると乗って触腕1本でゲット♪
コロッケイカ
ちっちゃくても3号で釣れるのです。

そのポイントが溜まり場だったのかその後連発で3杯コロッケサイズをゲットした。
コロッケサイズのアオリイカ
アオリイカ
2杯目も3杯目も非常に明確なドン!という当たりで非常に気持ちのよいヒットだった。
当たりが出たのは予想通り全部底。昼は底が基本。

粘ればもう一杯ぐらいは釣れたかも知れないが型がコロッケばかりなのでサイズアップを狙って移動。
だが、風が強く釣りづらい場所ばかりで苦戦。ついてくるイカは結構見えたがすべてコロッケ以下の3号ではなかなか厳しいサイズばかり。。。
釣れそうで釣れないジレンマを楽しんで終了とした。

すくすく成長しているアオリイカ。これからが益々楽しみである。

【激安セール】夏のナチュラム祭開催中!! icon

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

釣りはアウトドアなので常に雨にあう危険性がある。また船釣りなどでは波しぶきが掛かったりするのでレインウェア(別名レインコートまたはカッパ)というのは釣りの必需品のひとつだと思われる。 今回はそんな釣り ...

3

オクトパッシングとはタコをルアーで釣るつりのことだ。 今回はこのタコ釣り、オクトパッシング(オクトパス+フィッシングの造語)についてまとめてみる。

-エギング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.