元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

ショッピング

釣具の通信販売で気をつけること

更新日:

今やインターネット通販全盛の時代で結構ネット通販を利用したことがある人が多いと思うが私の旧友はネットで通販をしたことすら無いと言っていた。

まだまだネット通販を利用しない人のほうが多いのかもしれないのでここで釣具のネット通販を利用する時に気をつけるべきことを紹介しておこう。

スポンサーリンク

サイズ・色などのチェック

ネット通販の場合、商品写真が一枚しか無かったりして横にカラーチャートが示されていたりすることがある。その為カラーがよくわからず一番大きな画像のカラーが届くのかと思ってしまったりする。実はカラー名が違っていて届いてからショックを受けることになる。

サイズも同じで、よく確認していないとイメージと違う大きさの商品が届くことになる。

めんどうだがものさしを使って商品イメージをしっかりと確認しよう。

個数入力のミスに気をつける

まれにあるのが同じ商品を2個買ってしまうこと。通常インターネット閲覧ソフト(ChromeやIEなど)では一度買い物かごに入れるとその情報は他のサイトへ行ったりソフトを閉じたり、パソコンを再起動したりしてもデータは残り暫くの間保持される。それを知らずに違うサイトへ行ったりしてまた同じ商品を買い物かごに入れてしまったりする。

確認画面で個数や値段をチェックすればいいのだがそれを忘れていると同じものが2個届いて返品がめんどくさいことになる・・・。

いくら以上で送料無料に惑わされる

大抵の通販サイトで一回にいくら以上の商品注文で送料無料になりますというサービスをしている。あと数百円で送料がただになるなら絶対必要になる消耗品を買っておくと良いと思うのだが2,000円とかの中々消耗品では埋められないような額をついでだから買っておくかと買ってしまうとかなりの割合でいつ使うんだよこれってものを買ってしまいやすい。○○円以上送料無料には注意が必要だ。

ウェア・バッグなどはサイズ感に注意

届いて合わないことの多いアパレル関係。特にバッグに関して言うと私は通販ではイメージが掴みきれないと感じている。10リットルとか20リットルとかいうスペック表示があったりするものの実際に触って中を見て買わなければ必要とする大きさかわかりづらい。

パックロッドが入るリュック型バッグを欲しくて買ったのだが竿先がちょっと飛び出てうまく収納できなかったり、大きめなら色々入って便利だろうと大きめを買ったりすると想像より大きくてめちゃくちゃ使い勝手が悪い場合も・・・。

納期に注意

通販の場合、即日発送のサービスが出てきたりして非常に便利になってきたが納期未定の商品も多い。

私もサイトに良く商品紹介を載せているナチュラムという通販サイトなのだがこのサイトの納期表示はおかしい場合が多い。4〜7日と書かれているので注文しても平気で2週間以上かかったり、最悪の場合在庫欠品により納期未定などとメールでお知らせされることも。(気長に待っていたら2ヶ月かかったことも・・・)

その為釣りに行く日までにどうしても欲しい商品は即納と書かれた商品だけ注文した方がいい。即納の商品は十分速く届くので不満はない。

詐欺サイトに注意

最近問題になっているのが代金を振り込んでも商品を送ってこない詐欺サイトがあること。詐欺サイトは中国系の人間が作成していることが多くサイトをよく見ると日本語が変だったりするので怪しかったら安くても買ってはならない。

振込口座の名義も中国系の名前である事が多いので見つけたら即銀行に通報して口座を調べてもらうと良いだろう。詐欺サイトを撲滅するには口座を凍結させる方法が一番良いと言われている。

通販を使用するメリット

ここまで通販に対するネガティブキャンペーンみたいなことばっかり書いてしまったのでバランスをとるためにメリットも紹介しておこう。

近くに釣具屋がなくてもオッケー

関西地方のように釣具屋がたくさんあるわけではない地方に住んでいる方は中々新製品が出ても釣具屋まで買いに行く事ができなかったりして困ったりするがネット通販なら日本中の釣具店から気軽に釣具を買うことが出来る。

検索出来るので時短になる

欲しいものが明確な場合、検索によってほしい商品を即座に見つけることが出来る。楽天などモール型の店なら様々な店から検索できるので釣具屋を回ったり電話で問い合わせたりしなくても大丈夫なのが嬉しい。

接客がないので無駄遣いが減る

釣具屋で釣具を見ていてガラスケースからリールを出してもらったりすると買おうか迷っている商品も店員さんのトークでついつい買ってしまったりすることがある。ネットショッピングなら基本的に営業トークがないので自分の意志で買い物することが出来る。

24時間営業

サーバーのメンテナンスなどを除いて通販サイトは閉まることがない。昼夜逆転な仕事をしている人など行きたい時に釣具店に行けなくて困ることがあるかもしれないが通販サイトならいつでも買える。逆に夜中に買い物すると衝動買いが増えることもあるのでその点は注意。ちなみに余談だが関西の釣具店はシーズン中なら24時間営業している店が結構多い。

ネット通販についてのまとめ

色々と書いてきたけど私の場合はもはやネット通販無しというのはちょっと考えられないぐらいのレベルでネット通販を使っている。

最初のうちは色々と失敗をしてしまったりもしたが段々と経験を積んで賢く利用することが出来るようになってきた。

特に書籍などは送料無料なのでほとんどネットで買ってしまう状態。

ヨドバシカメラのようにショールーミングを逆手に取ったネット通販の方法も出てきているので買い物は今後どんどんネット通販が増えてくると感じている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

メッキというのはジャイアントトレバリー(GT)の子どものことでカスミアジやギンガメアジの子どもの総称である。 一般的に秋ごろから初冬ぐらいまで日本各地で釣れる。基本的に南の魚であるため黒潮の影響を受け ...

4

愛着のある釣具でもなんだかんだでお金が必要でどうしても売ってしまわなければならないことがあるだろう。家のスペースの問題だったりいろいろな理由があると思うがどうせ売るなら高く売りたい。そんな時はこのペー ...

-ショッピング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.