多摩川にて春の風物詩を釣る

マルタの画像

今日は雨予報だったため小潮で釣りやすい隅田川をあきらめ近所の多摩川へ奴を釣りに行った。

スポンサーリンク

豆知識だが隅田川は大潮だと流れが強すぎて全然釣れないと言うか釣りにならない激流になるので小潮を狙うのが一番釣果を得やすいのは隅田川に通う釣り人の中では常識である。隅田川へ行ったことのない人は小潮に行くことをオススメする。

多摩川の春の風物詩と言うのは「マルタウグイ」。

春、産卵期を迎えたマルタウグイは栄養をつけるために動物性のエサを活発に追う。この時期だけはルアーフィッシングターゲットとして楽しめる。

この時期は普段海・河口で暮らすマルタがかなり上流まで登ってきて卵を産みに来る。

家から5分の多摩川に着くといい天気だからか人が多く、箆鮒を狙う人がものすごく並んでいる。

春はのっこみでどんな魚も大体産卵期になっていて良く釣れるシーズンだ。

そしてこの時期一番厄介なのが鯉・・・。メチャクチャ活性が高くて何でも食べまくるのでルアーにもガンガンアタックしてくる。

・・・針を伸ばされたがルアーは助かった。

管釣り用のタックルで釣りをしているのでバトルのはメチャクチャしんどいので出来るだけ避けたい相手だ。

フライフィッシャーマンがガンガンマルタを釣りまくっているのだがまだこちらは鯉しかヒットしていないマルタはノーヒット。

フライアングラーが帰ったのでその場所でやることにしたのだが、ここがマルタの産卵場所で通称「瀬付き」と呼ばれる状態である。マルタは瀬の中で産卵するので「瀬付き」と呼ばれる。

瀬の中を覗くと無数のマルタが群れている。

軽く管釣り用のTDミノーを通すと一投目で釣れてしまった。

多摩川のマルタウグイの婚姻色

まあこれだけいれば釣れるだろうw

と甘く見ていたのだがそんなに簡単ではなくて瀬は流れが速いのでベストコースを通すのが非常に難しい。アタリを取るためにラインを張ると流れに飲まれて一瞬でいいポイントを通り過ぎる。

ルアーの動かし方は基本的にただ巻きオンリー。瀬の中ではトウィッチしても伝わりづらいので底に当る時に発生するイレギュラーで食わせる感じで狙う。

1時間くらい試行錯誤して通すコースを探る。

その間にも2度ほど鯉がヒットしてルアーを一個持っていかれた・・・。鯉もマルタの卵を狙って瀬に上がってきている。

雲が増えて急に風が強くなってくるがこれで少し状況が変わったようでマルタが連続ヒット!

多摩川マルタウグイ画像

サイズは小さいが管釣りタックルだと十分に楽しめる魚。

通すコースもコツがつかめてベストコースを通すことができるようになってきたようでヒットゾーンで面白いようにヒットしてくる。

2本ほど同サイズを釣ったあと最後はこいつw

多摩川のニゴイ画像

色が違うなと思ったらニゴイでした。ニゴイは肉食なのでルアーで釣れるのは当たり前だがこの時期が一番釣れる。

今回は近所で済ませたがやっぱり釣りってどんな魚でもメチャクチャ楽しい。あと1ヶ月くらいは楽しめると思うので来週も行こうと思う。

参考リンク:マルタウグイの基本的な釣り方

 -フィッシング, ルアー

釣り用の車買うならガリバー!→●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

  関連記事

【大惨事】最強ワーム「Gulp!ガルプ」の汁が漏れなくする方法

どうも!釣活くんです。 今回は匂いが強烈でその集魚力と味のパワーにより「エサより釣れる」とまで言われ

わかりづらい釣り用語まとめ

釣りの用語って結構わかりづらいのが多い。私のブログでも時々リバーチャネルのドロップオフをバーチカルに

GWの思い出

世間では7連休だとか11連休だとか言われていた今年のゴールデンウィーク。 毎年この時期は割と自分自身

2015年ジャパンフィッシングショー横浜!

今年も横浜でフィッシングショーが開催される。 去年はジャパンフィッシングフェスティバルだったのに今年

品川運河シーバスをゲット!

シーバスの季節がそろそろ始まってる気がしたのでバチ抜けシーバスの様子をみに品川の運河まで行って来た。

初夏のハゼクラ調査釣行

どうも釣活くんです! 昨年ぐらいから話題になっているハゼクラ。 そろそろハゼが釣れ始める頃なのでどん

タケノコメバル(ベッコウゾイ)の釣り方の基本知識

タケノコメバルはメバルと付いているがメバルとは大きく違う種類でどちらかと言うとカサゴに近い種類の魚。

大漁!雨上がりの王禅寺

満月の週末。 本来なら絶好のシーバス日和。 ただ、今回はとんでもないことが起こった。 そう、TSUN

釣りという趣味の魅力について。私が釣りを愛する5つの理由

釣りという趣味ははまる人ははまるがはまらない人ははまらない。 何が違うのか?それはわからない。 けれ

多摩川でスモールマウスバスを狙う

今関東各地で激増中のスモールマウスバス。 荒川・入間川・小貝川・・・あちこちで激増中でもうラージマウ

  コメント

  1. ゆぅ より:

    はじめまして
    自分も多摩川が近くで、良く釣りに行きます
    シ〜バス狙いですが
    何でも釣れれば楽しいですよね
    多摩川のどの辺りで釣りされてるんですか

    • jackson555 より:

      はじめまして、ゆぅさん。
      私は最寄り駅が小田急線の和泉多摩川というところなのでそこからロードレーサーで行ける範囲を中心に活動しています。
      大体上流は福生あたりまでで下流は海まで行きます。
      中心活動域はそれほど広く無いですが・・・。
      ご一緒できれば幸いです!

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
おすすめ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ

釣りで重要なのがノット(糸の結び方)で、ノットが悪いと最悪魚に切られて悔しい思いをすることになるし、

【四国遠征】今治で夜釣りはメバル入れ食い【釣旅】

どうも!釣活くんです。 今回は四国遠征シリーズ、メバリング編です。

【四国遠征】ぶっといシーバスゲット編【釣旅】

どうも!釣活くんです。 今回は四国遠征に行ってきたレポート第一弾ぶっといシーバス編です。

【技術革命】ドローンを使った釣りを考える

最近話題のドローンだが釣りに利用できないか?ちょっといろいろ考えてみよう。 まずドローンて何なの?っ

【格言】釣りは1に場所、2に道具、3,4がなくて5に腕(テクニック)

格言を紹介するコーナーです。 釣り歴が長い人はよくご存知の格言なんですが「釣りはイチに場所、二に道具

【釣り場紹介シリーズ】よく行く琵琶湖の陸っぱり出来る釣り場【バス釣り】

釣活くんがよく行く釣り場を紹介して自らを追い込む身を削る企画、今回は琵琶湖でよくバス釣りをする場所を