元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

マルタウグイの釣り方の基本知識

多摩川のウグイイメージ
春の川のルアー釣りと言えばウグイ釣り!

毎年春になると普段海や河口で生活しているマルタウグイが産卵のために遡上してくるのが楽しみになる。

今回はそんなウグイの釣り方をご紹介する。

ウグイ釣りのタックル

ウグイの好きな瀬
竿は、管理釣り場用のロッド、またはブラックバス用のロッド、それらに近いルアーロッド。大体長さは7フィートまでが扱いやすい。

大した引きの魚じゃないのであまり大掛かりなものはいらない。

リールも2000~2500番くらいの大きさの物でちょうどいい。

ラインは4ポンド~8ポンド。たまに鯉がかかるので太めにしたほうがいい。

他に必要なアイテムとしては、ウェーダーというゴム長靴は有ったほうがいい。無いとはだしで瀬を渡ることになる。まだ寒い・・・。

ウグイ攻略ルアー

ミノーでつれたウグイ画像
ルアーはスプーンスピナーなどの管釣り用のルアーがベストマッチする。ブラックバス用小型ミノーなども実績が高いが、基本的に瀬を狙うのでリップが破損する確率が非常に高いため注意が必要である。魚影が密集してるところではスレ掛りが多くなるのでフックはシングルに変えておくといいだろう。

他にはフライでやる人が多いので小型のトップウォーターとかもいいかもしれない。

ウグイ攻略法

ウグイのシーズンは混雑する瀬
ウグイは瀬になっているところで産卵する。そういうわけで瀬に集まってくる。これがウグイの瀬付きと呼ばれる現象である。産卵中も食欲は旺盛で目の前を通る小魚などに襲い掛かる。もともと雑食のウグイであるが産卵のためにエサを求めるようでルアーに一番食いついてくる時期である。

釣り方は単純で、瀬に集まっているのは肉眼でも確認できるのでその目の前を通るようにルアーを引くだけ。
これが言葉で言うより難しく、基本的に瀬は流れがめちゃくちゃ速いのでいいコースを通すのが難しい。こればかりは練習してタイミングをつかむしかない。

ウグイ狙いのコツ

場所が重要。
ウグイを釣るためには瀬まで行かなければならない。なのでウェーダーは必須アイテム。瀬と言うのはかなり広範囲に広がっている場合が多く、中洲もあるのでその奥の瀬は渡らないと攻めることが出来ないのだ。

時期も重要。
時期もかなり限定されていて桜が咲くころにピークとなる。河口から順に上がってくるので3月上旬から下流の方でつれ始めるが瀬付きとなるのはピークごろ。終わるのも早いので本当に季節限定の釣りと言える。

外道がいっぱい。
ウグイの外道、ニゴイ画像瀬にウグイの卵を狙ってか中々サイズの鯉があがってくる。ニゴイも負けずに上ってくる。こいつらも結構ルアーを食ってくるのでウグイだけを狙うのは難しい。

婚姻色に染まったきれいなウグイを釣る。春の楽しみの一つです。

関連ページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.