元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

イベント インプレッション ライフ

【大阪】シマノスクエアへ行ってきた【グランフロント】

更新日:


今回は最近大阪に出来たシマノスクエアというところへ行ってみたのでそのレポートです。

シマノスクエア公式サイトはこちら

スポンサーリンク

シマノスクエアの場所

公式サイトに載っているがぶっちゃけ道を間違えたので軽く説明しておくとグランフロント大阪の北館の4階にある。大阪駅から行くとまず南館があり、その奥に北館があるので間違えないようにしよう。

北館の4階までエスカレーターで登れば中庭的吹き抜け空間があるのでその奥にシマノスクエアが見えるだろう。

シマノスクエアの印象


シマノという会社がどういう歴史を辿って大きくなっていったのか?ステラの歴史なんかが非常にわかりやすく展示されており、シマノファンにはたまらない場所になっている。

私などはRNC7を所有するほどのロードレーサーファンであり、コンポーネントは105を使っていていつかはデュラエースという野望を持っているわけだがそんなデュラエースも展示してある。

シマノスクエアはそれほど広い場所ではないのでとりあえず釣りのリールの頂点であるステラとロードレーサーのコンポーネントの頂点であるデュラエースをメインに展示している感じ。

その他のリールなんかも一応展示されていて船用電動リールを触れたりする。

カフェが併設

シマノのリールや自転車を見ながらカフェでお茶をすることも可能となっている。

今回は土曜日の夕方に行ってみたのだがその時で女性の利用者が一組だけだったので混雑しがちな大阪駅近場のカフェとしてはかなり穴場の場所かもしれない。

本格的なメニューも揃っていて夜はバーにもなるとのことなので今度はカフェも利用してみたい。

まとめ

シマノスクエアイメージ
大阪に本社があるシマノだからこそ、大阪駅近くのグランフロントにこういったギャラリーを作ったのだろう。

釣り好きや自転車好きなら展示品を眺めているだけで楽しめると思うので大阪駅を利用した時はついでに寄ってみるというのをおすすめしたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

【釣り用の車を買おう!】
●毎日約500台入荷
●約6,000台の豊富な在庫から選べる

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

メッキというのはジャイアントトレバリー(GT)の子どものことでカスミアジやギンガメアジの子どもの総称である。 一般的に秋ごろから初冬ぐらいまで日本各地で釣れる。基本的に南の魚であるため黒潮の影響を受け ...

-イベント, インプレッション, ライフ

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.