強風の琵琶湖でも釣れるブラックバス

   

どうも!もういーくつ寝ると菊花賞♪釣活くんです!

サトノダイヤモンドかディーマジェスティか?取りあえず菊花賞で連対率の高い内の枠に入った方を本命にしようと思っています。

今回は久しぶりに琵琶湖へバス釣りに行ってみたのでそのレポート。

スポンサーリンク

昼ぐらいから開始

いつものように東岸の北山田というところで釣りを開始したのだがなんかオイルフェンス設置作業が行われていて釣れるのか?って感じ。

しばらくやってみたがベイトの気配がなくて釣れる感じがないので移動。

某川が流れ込む場所。

藪漕ぎをして誰も来ない裏スポットへ行ってみる。この時期藪漕ぎをするともれなく色んな草の種がくっつきまくってチクチク痛いしイライラする・・・。

でもそういうところにはバスがフレッシュな状態でストックされとるはず・・・。

着くとなんか水草が大量に流れ着いていて釣りする場所殆ど無い。。。マジか。。。
img_6053

しょうがないので水草が流れているところと水草が流れ着いているところの隙間の水草があんまりないところを攻める。

巻物は完全に無理。毎回ゴミがついてくる。ワームにするが風が強いのと攻めれる場所が狭いという理由でダウンショットリグを選択。ネチネチ一箇所を攻めることが出来るこのリグで狭いエリアをじっくり攻める作戦。

ワームは大津の釣具のブンブンでワゴンに入ってた169円のワーム。安い割にダウンショットでいい動き。(正式名称ランカーシティーのフィンズフィッシュ4インチ調べたがAmazonでは売ってないようだ)

足元3メートルのエリアしか攻められないが駆け上がりになっている場所なので着いていてもおかしくない。多分いるってことで集中して攻めると本当に足元でゴン!と来てそこそこいい引きを味わってゲットしたのが30センチぐらいのブラックバス。
秋琵琶湖バス

まさかこんな上手いこといくとは思っていなかったので「俺って天才」と思ってしまうぐらい気持ちいい一匹。ただ一匹目は偶然で3匹釣れたらパターンってバスプロが言ってたので同じ場所で同じやり方でやってみる。

2匹目はサイズダウンだがあっさりゲット。
きれいなバス
これもかなり岸ギリギリで持っていくような明確なアタリだった。

これはパターンにリーチ来た!ってことで同じようにやってみるが流石にこの狭いエリアで連続で釣ったらちょっとバイトが遠のいてちょっと他のところでやったり流れているウィードを避けながら遠投でやってみたりするが反応はない。

やっぱりいる場所はピンスポットでウィードの溜まってるところと流れているところの隙間だけがバイトゾーンみたい。

しばらく場所を休ませてもう一度やるとアタリ!小さい魚か?と思いつつ合わせると30センチ前後のバスでこれはフッキングが甘く即バレ。ちゃんと合わせないとダメだ。。。

で、もう一度同じ場所に投げたらまたアタリが来たので思い切り合わせてそこそこの引きを楽しんでゲットしたのが30センチ弱のバス。
30センチ弱のバス

3匹釣ったのでこれはパターンでした。

でもあまりにもポイントが小さすぎて休ませないと続かないと言うのが難点でさらに流れてきたウィードが多くなってきてもはや釣りにならんって状態まできたので渋々移動。

東岸全域が風で相当荒れはじめどこに行こうかかなり迷う。木の浜の水路で小バスを狙ったりしてみるが難易度が高く見えバスが全然口を使わない・・・。

大幅移動

その後も烏丸半島とか赤野井とかをウロウロしたが特に釣れそうな気配もなく一気に北湖西岸へ移動。

浜の釣りになるがウェーダー持ってきてないということでかなり厳し目の状況。風はそうでもないがうねりがすごくてやりづらい。

浜と言えばミノーということで投げまくるが特に反応はなく日は落ちていく。秋の日はつるべ落としとはよく言ったもので5時をすぎるとかなり暗くなってくる。そしてここからチャンスタイム。

私の1番信頼している爆釣ルアー、スピンソニックに変更して広範囲を探ると小バスが反応しだして3連発。
img_6055

img_6056
相当暗くなってスピンのフラッシュ効果がなくなったぐらいでこれも切り札的ルアー、ステルスペッパーでもう一匹小バスを追加したところで周りの釣り人が一人もいなくなったので終了。
暗い時に釣ったバス

風さえ無ければもう少しまともな釣りができたと思うのだがこればっかりはしょうがない。まだもう少し秋バスやれそうな感じなので次回リベンジ予定。

参考ルアー

 -ブラックバス, 釣行記

自分の市場価値がわかる→MIIDAS(ミーダス)!

  関連記事

バス釣りで一番釣ってるルアー紹介

かれこれブラックバス釣りは20年以上やっているがここで私が「一番」釣ってるルアーをまとめて紹介してみ

激渋!GW琵琶湖釣行!

琵琶湖へ超ビッグバスを狙いに行ってきた! 朝6時に出船。 今回は90馬力のバスボートをレンタルして本

初の日本海側エギング!舞鶴でアオリイカを釣ってきた

どうも!なんでもやってみる男、釣活くんです。 今回は新車デミオの高速試走と山道試走を兼ねて日本海まで

興奮のケンサキイカフィーバー!

どうも!一番好きな魚介類はイカな釣活くんです。今年は猛暑のおかげでイカが当たり年っぽいので幸せです。

すごく簡単だった多摩川スモールマウスバス攻略!

多摩川のブラックバス関連記事はこちら なんだかんだで釣りに行けず病気になりそうな精神状態だったので多

明石ケンサキの群れ消える

どうも!オリンピックはダイジェストで見る釣活くんです。この後すぐ!って何時間待たせんねん!って感じの

姫路でヒイカを狙ってみた

どうも!釣活くんです。今年の正月はめちゃくちゃ穏やかで釣りがしやすいですね。 というわけで初釣りに行

嵐の直後の琵琶湖バス

どうも!最近レッドブルよりモンエナ派の釣活くんです!暑い時期は量を重視しちゃいますねぇ。 今回は元同

北田原でデカイにじます釣ったった

どうも!Eテレのねほりんぱほりんが攻めすぎていて怖い釣活くんです。世の中の闇をほじくり返す恐ろしい番

淡路島にてオクトパッシングもダメージのみを得る・・・

人生山あれば谷ありというのは真実で最近はサバ釣りに行ってアジも根魚も釣れたりキビレも連発できたりとな

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
メバルを求めて

どうも!釣活くんです。 インフルエンザが猛威を奮ってますね!私は大丈夫ですが周りの人全員かかってます

新しいコンプレックスCI4+を紹介したい

2017釣活くん注目釣具シリーズ! 今回はNEW コンプレックスCI4+を紹介していこう。 このリー

ギル型ワームの革命か?ジャバロンギルがヤバすぎる

釣活くんのフィッシングショーで見つけたヤバすぎるルアー紹介コーナー、今回はイマカツから発売されるジャ

エメラルダス STOIST AGSが欲しい理由

釣活くんの欲しい釣具シリーズ、今回はエギングロッド「エメラルダス STOIST AGS」を欲しい理由

シマノのポイズングロリアスを欲しくなった理由

フィッシングショーで欲しくなった釣具紹介シリーズ2回目はシマノのバスフィッシング用ロッド「ポイズング