元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

タチウオ

沖堤のタチウオを釣りに行ってきた!

投稿日:

武庫川一文字の釣果情報を見てたら一日60匹タチウオ釣れたって書いてあったので言ってみることにした。

釣具屋でワインド用の道具を買いに行くと知り合いの店員がいたのでタチウオゲッター買うべきか聞いてみたけどお薦めされなかったから買わないでおいた。
ワームでやる方のタチウオゲッターは今までにいろんなメーカーから出てるものとほとんど変わらんよね。
チャターが効くか少し気になったけどまだシーズン序盤だから挑戦はやめておくことにした。

派手なカラーのワームが切れてるので買っておいて今から武庫川一文字行こうと思うんだがどう思う?って聞いてみたら
「この時期のタチウオはお化けみたいなもんやから昨日釣れたからと言って今日また同じように釣れるとは限らんし俺やったら絶対行かんね」
と厳しいご意見。

だが、俺のタチウオ釣りてぇという心の声はそんな忠告には聞く耳を持たないので15時から釣りに出発!

スポンサーリンク

満員の沖堤

平日の15時なのに休日の朝と同じレベルで混雑している・・・どれだけ人気なんだタチウオ!

奇跡的に船を降りてすぐのところに釣り場が開いていたのでそこに入ることにした。

まだ15時30分なのでとりあえずメタルジグを投げておく。サゴシやサバでもくればいいかなと言った感じ。

隣のおじさんが話しかけてくれるんだけどどうやら少し離れた場所でテレビの撮影をしているらしい。
何の番組だろう??

まぁ今はそんなことはどうでもええねん。前回ほぼ坊主やったんで今回は何か釣って帰らないとあかんのや!

前日は16時くらいからタチウオの入れ食い祭りが始まったらしいのだが今日はさっぱり誰も釣っていない。

アタリもねぇ!ヒットもねぇ!周りの人間も釣れてねぇ!おらこんな沖堤いやだぁー

メタルジグには何の反応もない。バイブレーションも特に反応はない。
だが、魚っけが無いわけではない。明らかにベイトが何かに追われているような逃げ方をしたり、足下をイワシの群れがキラキラしながら通ってたりしているので恐らく魚は既にそこにいる。

どうしよう?
考えろ俺、今俺の持つ全知識を全て思い出し答えを導きだすんだ!

そういえばさっきワーム買ったとき、「明るいうちはプローブルーみたいなナチュラル系のカラーがよう当たるでー」と言っていたのを思い出した!

せや!ナチュラル系のカラーのワインドや!

俺の知識は引き出せなかったけど答えっぽいものが見えたのでワインドに付け替える。

しばらくやると横風が強くてめちゃくちゃやり辛くなってきた。

隣のウキでやってる人が流されることを考えて風上の俺の方へ飛ばしてくるから風で流されたラインとクロスする。

あー人多いの嫌ぁーーー

と心の中で叫んで、クロスしないようにあまり沈めないで早めにルアーを動かすとガツン!
おぉ?来てる?来てるっぽいな?全然引きないけど来てる?

来てた。
ワインドで釣れたタチウオ
小さいけど今年初タチウオゲットン!もちろんルアーはマナティー!やっぱり最強やな。

周りが誰一人釣れていない16時30頃の魚だった。

俺のナチュラル作戦成功か?この調子で2桁ゲット行くか?

と思ったがまぁ風がやり辛い。真正面とか追い風ならまだやれるけど西風が正面斜め右からガンガン吹くので飛距離も落ちるしラインが流されて思い通り動かないし最悪だ。

じゃんじゃんばりばりじゃんじゃんばりばりサービスタイム開始のお時間でございますー

そんな状態で18時を過ぎ、周りでちらほらタチウオが上がり始める。隣の隣の人はサゴシのまあまあサイズを上げていた。

群れで来てるならやり辛いワインドやるよりバイブレーション投げてた方がいいんちゃう?

エバーグリーンのマービー90を5秒ほど沈め巻いてくるのを繰り返すとガツン!

結構いい引き。さっきのタチウオとは比べ物にならないほど引くのでサゴシかと思ったがまあまあサイズのタチウオだった。
やっぱりこのバイブレーションもナチュラル系のキビナゴカラー。
今日は潮が濁ってるけどナチュラル系がいいのか?

周りではバンバン上がっているので時合と考えられる。
写真も撮らずに次の魚を狙う。

しかし、釣れない!釣ってる人はバンバン釣っている。何かが違うようだ。ワインドをしているようなのでこちらもワインド。
風が鬱陶しい。

次第に釣ってた人も釣れなくなり時合終了・・・。

19時くらいに時合は終わってしまった・・・。

それでもとりあえず20時くらいまではやって帰ろうとマービーを適当に投げて巻くのをずっと繰り返していたら足下でガツン!

かなり焦ったが足下なので一気に抜き上げや!と無茶をするとスポッと抜けてしまった・・・まぁ小さそうだったししょうがないか。

また来ると思うよ?絶対に

この後はやっぱり何にも釣れる気配はなく、予定通り20時の船で帰りました。

何とも消化不良。群れで入れ食い祭りを予定していたのにこれではまたリベンジせざるをえないではないか!

次回、「群れで来た!入れ食いに次ぐ入れ食い!」ぜったい見てくれよな!

【釣り用の車を買おう!】●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

車を買うお金がないなら働こう!【工場WORKS】短期から長期まで全国に求人多数!

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

釣りはアウトドアなので常に雨にあう危険性がある。また船釣りなどでは波しぶきが掛かったりするのでレインウェア(別名レインコートまたはカッパ)というのは釣りの必需品のひとつだと思われる。 今回はそんな釣り ...

3

オクトパッシングとはタコをルアーで釣るつりのことだ。 今回はこのタコ釣り、オクトパッシング(オクトパス+フィッシングの造語)についてまとめてみる。

-タチウオ

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.