元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

ショッピング ルアー 必要知識

いらない釣り具はこうやって売る!中古売買方法まとめ

更新日:

中古売買イメージ

愛着のある釣具でもなんだかんだでお金が必要でどうしても売ってしまわなければならないことがあるだろう。家のスペースの問題だったりいろいろな理由があると思うがどうせ売るなら高く売りたい。そんな時はこのページに書いた内容が役に立てば幸いだ。

スポンサーリンク

友達との売買

これは一番オススメ。
中間マージンが無いので安く買ったり高く売れたりする。

中古釣具でしばしばあるトラブルが買った途端壊れたとかいうトラブル。

ヤフオクとかでは返品交換は一切受け付けてないし、最初は普通に使えていたので自分が壊したのかもとクレームもつけづらい。送料のことを考えたりすると泣き寝入りするしか無かったりするのだが友人との取引なら色々と交渉が可能かもしれない。

私の場合、いらなくてヤフオクでも大した金になりそうにない釣具やルアーは全部友達にあげている。お返しに晩飯おごってくれたりするのでそれで十分である。

オークションでの売買

ヤフオクを始めとするオークションサイトでも釣具を売買出来る。

私はヤフオクをメインとしていらない釣具をちょくちょく売っているのだがやはりメリット・デメリットが存在する。

オークションサイトで売る時のメリット結構いい値段で売れること。

自分では3000円くらいが妥当か?と思っていたら7000円で売れたりするので驚くことも。

デメリット手間がかかること。

写真を撮って、出品して、落札されたら落札者に連絡して振込を確認して箱詰めして発送する・・・まぁまぁ手間がかかる。
(最近はフリマアプリに対抗してヤフオクにかんたん取引という機能が出来てやり取りが非常に楽になった)

人気商品でないと1度や2度では落札されないこともあり、時間に余裕が無いと中々換金できない

売る側としては高く売れることもあるがそれなりの手間はかかるので時間に余裕がある人向けの販売方法。あと5%ほどの手数料が必要なのもデメリット。

買う側からすると他に欲しい人がいると無駄に高くなるため、人気商品を安く買うのが難しい場所。

逆にさほど人気のない商品なら割安で購入可能

落札まで数日かかるところはデメリットなので買う側としても時間に余裕が欲しい。(即決価格で買えば早く買えるが高くなる・・・)

参考釣行費を捻出するために使わない釣り具をヤフオクで売る!

フリマサイト・アプリでの売買

最近はメルカリなどのフリマアプリでの売買が流行っていて私もちょくちょく売り買いしている。

フリマサイト・アプリのメリットは自分で値付け出来るところ。中古釣具店ではありえないほどの値段設定で買い叩かれるが自分で値付けできるので納得の価格で売ることが出来る。

フリマのデメリットであるが、自分では500円が妥当かな?と思っていてもまずその値段では買ってくれない事が多いし、逆に500円が妥当かな?と思って出品したら一瞬で売れたりするともっと高くで売れたんじゃなかろうか?と損した気分にもなる。

こればっかりはどのくらいで売れるのか経験を積んでベストな値付が出来るようになるしか無い。

あと、フリマの場合は基本的に値切ってくるのでその辺を加味した値付けを行う必要があるのも難しいところ。

フリマサイトやアプリは今色々なところから新規参入が出来てきてまだどこで売ればいいのかが判断しづらいところもデメリットか?(会員数が少ないと中々売りづらい)

こういうフリマアプリで売るときのデメリットしてはヤフオクと同様に梱包とかの手間がかかる点。(らくらくメルカリ便は相当手間がかからないので便利)

買う側としては色々と交渉出来るのがいいところで結構お買い得に品物を手に入れることができたりする。交渉力さえあれば送料無料にすることもできる。相手の出方を見ながら交渉するテクニックが必要ではあるが。。
参考アプリメルカリ(まずはこのアプリからはじめてみるのをおすすめしたい)

中古釣具専門店での売買

タックルベリーとかが有名だが各地に釣具専門のリサイクルショップがある。

以前、私が引っ越しする際にショアジギング用のロッドとバスロッドとメバリング用のロッドを売りに行ったのだが買取価格は激安であった。

中古釣具専門店で釣具を売るメリット手間がかからず即現金化出来るところで、デメリット非常に安く買い叩かれるところだろう。

私が中古釣具専門店で売る時は「もう邪魔なだけで全く使わないので処分したいけど捨てるのもなんだしなぁ」とか「引っ越し間際だけどかさばる釣り竿とかは全部売ってしまって引越し料金を安く済ませよう」とかの緊急性の高い場合か本当に処分に困った時くらいだろう。

逆にタックルベリーなどの中古釣具専門店は購入する側からすると掘り出し物が見つかりやすいショップで買い物が楽しい場所でもある。

長年釣りをしていると廃盤になったルアーとか見つけるのが楽しいし、価値を知っていると良いルアーを安く手に入れれる素晴らしい場所。

最近ではネットで完結する中古釣具専門買取ショップもあるので行くのが面倒だという人はそういうところを利用してみると良いだろう。
参考出張買取なら【釣具高く売れるドットコム】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

4

愛着のある釣具でもなんだかんだでお金が必要でどうしても売ってしまわなければならないことがあるだろう。家のスペースの問題だったりいろいろな理由があると思うがどうせ売るなら高く売りたい。そんな時はこのペー ...

-ショッピング, ルアー, 必要知識

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.