元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

ショアジギ タチウオ

釣れる太刀魚!伝わる衝撃!その時世界は美しく輝いた。

投稿日:

変なタイトルつけちゃったけどあまりに脳が溶けそうな事態になったのでこんなタイトル。

今日の早朝の釣りのブログです。

スポンサーリンク

ハマチが尼崎〜芦屋付近で釣れているらしい。
尼崎の海釣り公園で釣れたサッパを泳がせていて60センチのメジロサイズのハマチが釣れてるし、西宮でも連日ハマチがボイルしている。芦屋浜でも釣れている。
これは行くしかない!ハマチが釣りたい!もしハマチが釣れなくても連日釣れているサゴシか太刀魚は釣れるだろう。

5時起きで原付にまたがりGO!

厚着したが凍える。顔面が凍えすぎる。冬だよ。早朝は・・・。今期一の冷え込みで朝の気温は9度。原付に乗ると風により体感気温は4度くらい下がる。

鼻水を豪快に垂らし、涙も流しながら釣り場到着!体が冬モードになれてないので体液が漏れ出すのか?季節の変わり目は体調に注意だ!

すでに釣り場は人で埋め尽くされている。
大半は太刀魚のウキ釣り師。
釣り人にとって気温9度はまだまだあったかいレベルなのだ!気温0度でも釣りをする人がいる事を考えると9度など全く問題ない。

歩いても歩いても入る場所なくて気づけば堤防の先っちょまで来た。いつも釣れてる側には人がぎっしりで5時半時点では全く入れる場所なし!

しょうがないのでいつも誰もやってない側で竿を出す。
堤防の先っちょなので誰もやってない側も反対側もそれほど変わらんはず。

まずはバイブレーションで広く探る。
アタリがあったような気もするがヒットはない。

周りではエサ釣りの人にポツポツ太刀魚が上がっている。やはり夜はエサ釣りに軍配が上がる。

次第に明るくなってきて水中にイワシの群れが現れたのでミノーで群れを通す。

足元でガツン!
ファイトほとんどなくひょいと抜き上げ!
ミノーで太刀魚ゲット
普通サイズの太刀魚ゲット!刺身で食おう^^

この太刀魚のあと周りでも急にアタリ始め反対側でやってるルアーマンが連発。ワインドっぽい。

しかし、夜が明けてからはあまり釣れなくなった。

こちらもバイブレーションからミノーといろいろ試すが反応が渋い。

海の様子は極めてよく、あちこちでイワシが塊になって泳いでいる。

足元を覗くとチヌの子供が見えるし、混ざってオヤビッチャやグレなんかもいる。これだけ生命感に溢れる状況ならまだまだこれから熱くなるはず。

そして、ついにメジロかハマチかのボイルが足元で!豪快すぎるボイルは心臓バクバクw

沖でもボイルが始まっているので大型ミノーで遠投する。ハマチは結構ミノーで釣れているのでミノー主体の釣りにしているのだ。遠投したいだけならメタルジグのほうがいい。

ミノーが着水して、巻き始めた瞬間ヒット!ギュンギュン!フッ・・・一瞬でバラし!なんだったのだろうか?
悔しいのでまた同じ場所を狙うが反応なし!タイミングが合わないと食わないようだ。

しばらくミノーでやったが反応がないのでさらに広範囲を狙う為に30gのメタルジグをぶっ飛ばす。

サイドキャストでぶっ飛ばす!フンヌゥ!!!バッキィーィィィ!!!
折れたルナミス
ものすごい音を響かせてルナミスは真ん中から真っ二つに折れた。
つなぎ目とかじゃなくて真ん中で折れた。

しばし放心状態。
美しい朝日
あぁ太陽が綺麗だなぁ。今日も世界は美しく輝いている。世界は美しい、それだけで十分じゃないか、幸せってそういうもんだよ。人間は愚かな生き物だよ。
朝の海
としばし現実から目を背け綺麗に晴れた朝の景色に見とれる。

そして帰宅。

今修理に出したらシーズン終わっちゃうな。。

なんか怖くてしばらくメタルジグは投げれないかも。。
堤防の様子
人がいっぱいいるけど俺の見た中では誰も青物をあげてなかった。どうせ竿が折れてなくても釣れてなかったってばよ。

終劇

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

4

愛着のある釣具でもなんだかんだでお金が必要でどうしても売ってしまわなければならないことがあるだろう。家のスペースの問題だったりいろいろな理由があると思うがどうせ売るなら高く売りたい。そんな時はこのペー ...

-ショアジギ, タチウオ

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.