元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

インプレッション 必要知識

初心者向けライフジャケットの基礎知識

更新日:

ライフジャケットイメージ
(画像はグーグルの画像検索より)

釣をする上で必要不可欠なのがライフジャケット
最近主流の自動膨張式や昔から一般的に利用されてきた発泡ポリエチレン製など色々とある。形もベストタイプだったり腰巻きタイプだったりでそれぞれどんな特徴があり、どう選べば良いのかわからない初心者の方に向けてまとめて紹介してみる。

スポンサーリンク

発泡素材が入ったタイプ


昔からある発泡素材の入った最初から浮くタイプ。

メリットは、

  • 低価格
  • (ポケットが多いタイプは)収容能力が高い
  • 安心

などが挙げられる。

デメリットは、

  • かさばるので動きづらい
  • (夏場は)暑い
  • 釣り場以外では目立つ

など。

昔から利用されてきたタイプであり最初から浮く設計なので安心度は高い上、価格が一番お手頃なタイプ。

こだわらなければ5000円以下でも様々な商品が選択可能なので子供用などによく利用される。
船釣りで無料レンタルされるタイプもこのタイプが多い。

ウェーディング磯釣りなどの水を常にかぶるような場所では収容能力の高さと自動膨張では使用不可能という点からこのタイプがメインで使用される。
浮力体が外せるタイプなら洗濯も手軽に行えてメンテナンス性も高い。
ウェーディングをするにあたっては命を守れて収納として活躍するということでウェーダーと同時に買ってしかるべきアイテムだと思う。

他にもカヤックフローターなどの場合はこのタイプを使用する。(カヤックの場合に自動膨張のベストタイプを使用すると浮力体が邪魔で再度カヤックに乗り込むのが困難になる)

発泡素材を使ったタイプを選ぶ上での注意点

まず、収容能力が重要なポイント。
ポケットが大きくてタックルボックスがすっぽり収まるような物がおすすめ。あとから追加でポーチを取り付けられるような物を買っておくと後々便利である。

あとはサイズ感
大きすぎるタイプだと安心感は高いが動きづらく暑い。ウェーディングの場合など水に浸かる部分が多いと浮き上がってくる場合もあるので気をつけたい。フローターなどで使う場合も動きづらいとキャストがままならなくなってしまう。
ウェーディングモデルなど出来るだけコンパクトな製品がおすすめ。

自動膨張タイプ


参考サイト:http://www.mskojima.co.jp/web/marinecatalog/onc24yama.html
自動膨張タイプは小型のボンベにより落水時などに自動的に浮力体が膨らみ浮き上がるタイプである。

メリットは、

  • コンパクトなため動きやすい
  • 軽いので持ち運びに便利
  • つけていても目立たない

など。

デメリットは、

  • 落水や不意な膨張後はボンベの取替が必要
  • 収容能力はほとんどない
  • 価格は発泡素材よりも高い

など。

コンパクトでかさばらないというのは本当に便利でライフジャケットのデメリットをほとんど打ち消してしまったため急速にこのタイプが主流へと躍り出ている。
普及してからは価格も一万円を下回る物が多く出回り始めたためそれほど気にならなくなってきた。

自動膨張タイプはベストタイプと腰巻きタイプがあり、ベストタイプも動きづらいということは無いのだが腰巻きタイプに関してはもはや動きを制限されることが全くない上、非常にコンパクトに収納可能なので持ち運びもかさばらない。

ライフジャケットは常に身につけてこそ役に立つ

釣りの際の事故で亡くなる方は年間100名以上で水の事故死での割合は海水浴と並んでトップクラスである。
釣り場は危険だということを常に意識しておきたい。
ライフジャケットを使用していた人の実に9割は助かっていることからライフジャケットの重要性は明らか。常にライフジャケットを身につけて釣りをしたい。

参考サイト:海上保安庁「命を守る『自己救命策』」

私の場合は実は自動膨張タイプのライフジャケットを買うまでは暑くて動きづらくてダサいライフジャケットを持っていてもほとんど着てこなかった。
レンタルボートでライジャケを貸してもらっても(実際は着用の義務有り)ボート屋が見えなくなったら脱いでその辺に置いてたり、渡船とか利用した時でもライジャケを脱いで釣りをしていた。
ライジャケは着ていなければ全く何の意味もない。波にさらわれたら溺死一直線である。

5年ぐらい前に自動膨張タイプの腰巻きタイプのライジャケを買ってからは全く邪魔にならないため常に身に付けて釣りをしている。

特に邪魔にならない腰巻きタイプのライジャケを着けておくだけでいざという時に助かるということを考えると1万円程度の価格は非常に安く感じられる。死んだら釣りができなくなることを考えると必要不可欠なアイテムだと私は感じる。

ちなみに私のライフジャケットは以下の物である。
icon
iconダイワ(Daiwa) ウォッシャブルライフジャケット DF-2203
icon

国土交通省型式承認なので命を守るためのアイテムとしては安心。

【釣り用の車を買おう!】●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

車を買うお金がないなら働こう!【工場WORKS】短期から長期まで全国に求人多数!

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

釣りはアウトドアなので常に雨にあう危険性がある。また船釣りなどでは波しぶきが掛かったりするのでレインウェア(別名レインコートまたはカッパ)というのは釣りの必需品のひとつだと思われる。 今回はそんな釣り ...

3

オクトパッシングとはタコをルアーで釣るつりのことだ。 今回はこのタコ釣り、オクトパッシング(オクトパス+フィッシングの造語)についてまとめてみる。

-インプレッション, 必要知識

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.