飛距離か正確性か?色々なキャスティングについて

釣りでキャスティングと言うと仕掛けやルアーを投げることをいう。

キャスティングには実は色々な種類があってそれぞれ特長があり、向かい風にはこの投げ方とか橋桁の下やバースを狙うときはこの投げ方とか色々状況によって使い分けていくとより快適な釣りが可能となる。

このページではキャスティング(投げ方)について紹介していく。

スポンサーリンク

まずはこの投げ方からマスター「オーバーヘッドキャスト」について


一番オーソドックスなキャスト方法の一つがオーバーヘッドキャストで初心者が投げ方を覚える時一番最初に練習すべきなのがこの投げ方。難易度は最低レベル。

メリットは正確性、飛距離とも標準的な点。真っ直ぐ前に投げる分には正確性は非常に高い。ただし、横風や向かい風に弱いというデメリットも存在する。無風の時や追い風の時には多用する。

ちなみに向かい風の時などは弾道が低くなるように投げると良い。

後ろに障害物があったり周りに人がいる場合には「アンダーキャスト」

船釣りなどでは必須のキャストなのだがルアーを下から投げるのがアンダーキャスト(いわゆる下投げ)。難易度は少し練習すれば習得出来るレベル。振り子の原理で投げれば良い。

飛距離については最低ランクであるものの正確性は標準から標準より上。上に電線があるとか周りに障害物がある場合や人が多い場所などでは危険回避のために多用する。運河などの飛距離の要らない釣り場の遊歩道等ではよく使う。

飛距離を伸ばすなら「ペンデュラムキャスト」


垂らしを長くして振り子の原理で投げるペンデュラムキャストという投げ方がある。

ショアジギングやサーフからのヒラメ釣りなどでは必須の投げ方で遠心力を利用できるため飛距離が伸ばせる。

メリットは飛距離を伸ばせる以外にもロッドへの負担が小さく重いルアーを投げやすいことが挙げられる。デメリットとしては垂らしを長くするため周りに障害物が無い場所でなければ使えないことや多少のコツが必要ということ。キャストミスも少し多い。

砂浜で投釣りをする時に使う「回転投法」

詳細はシマノサイトへ

飛距離が必要な釣りで活躍するキャスティング。エサ釣りの投げ釣りだがルアー釣りに応用することは出来る。かなり動作が大きくなるので周りに誰も居ない時などに試してみると良いだろう。

スパイラルキャスト等のブラックバスで使うキャスティングはこちらから

キャスティングで飛距離を上げる方法

飛距離を上げるキャストのコツをいくつか紹介しておく。

  • 垂らしを長くして遠心力を最大限に利用する。上に書いたペンデュラムキャストと同様なのだが回転投法などでも垂らしは長めのほうが飛距離が上がる。
  • 左手でロッドエンドを引く力を込める。ソルトの場合は基本的に両手でロッドを持って投げるが利き手だけで投げると飛距離は伸びない。利き手の反対側(右利きの場合左手)の手でロッドエンドを引く力を入れることでパワーは倍増する。
  • 投げたあとはルアーが飛んで行く方向へロッドを向けておく。スプールからラインが放出されているときは出来るだけルアーまで一直線になるようにロッドを向けておく。

正確性を上げるならフェザリングを

ベイトリールを使うときはサミングと言って親指で糸の放出を調整するがスピニングリールを使う時もキャストの正確性を上げるためにラインの放出を指で調節するとよい。通常キャストする手の人差し指でフェザリングをするが届かないとかやりにくいという時はロッドを持っていない方の手で調節しても良い。

色々な釣りのキャスティング(投法)まとめ

注意したいのは使用するタックルによって投げ方も勝手が変わってくることもしばしばでトラウト用のフニャフニャのロッドとアジング用のシャキッとしたロッドではキャスティングは全く違うものとなる。

キャスティングは釣りの基本であり非常に重要な技術の一つ。魚の目の前にルアーが届きさえすれば釣れるって状況もあるのでキャスティングの向上は釣果に直結する。日々の練習でどんなタックルでもキャスト出来るようにしておきたい。

どうしても飛距離を手っ取り早くあげたいという人はルアー遠投天秤なる商品も販売されている。

動きや泳層が変わってしまいいつでも使える商品ではないが持っていると便利な商品である。

 -フィッシング, 必要知識

釣り用の車買うならガリバー!→●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

  関連記事

連敗!運河にバチはいなかった!

4月になりそろそろバチ抜け始まったかなといつもの京浜運河の橋を狙いに行って来た。 もちろん自転車で。

兵庫の海釣りポイントをまとめた良書

去年再び兵庫をホームグラウンドにして一年ちょっと経つが案外行く釣り場は同じ場所ばかりで行っていない釣

2013年多摩川のブラックバス状況

多摩川のブラックバス。2013年現在ほぼその全てがスモールマウスバスになっているが今年もすごく釣れて

根掛かりを防ぐ方法

釣りには付き物の根掛かり。高いルアーが根掛かったりするとかなりショックがでかいのであるが根の周りで魚

中古釣具売買で釣行費を稼ごう!

セールの衝動買いやなんやで色々といらない釣具がたまる。そんな溜まったルアーとかロッドとかリールを処分

ショアからマグロを釣る動画がすごい

フィッシングショー行った時にダイワのブースで流れていたショアからマグロを釣る模様をおさめた動画がYo

シマノ16ヴァンキッシュを使ってみた

今年のシマノの新製品スピニングリールで目玉と言えばやっぱりヴァンキッシュ(Vanquish)だろう。

ライトタックルムギイカゲームで入れ食い!

2年前から始めたライトタックルの船からのイカ釣り。 毎年3月頃からマルイカが釣れ始め5月くらいになる

【必読】釣れない魚を釣るためのルアー釣りのコツ

ルアー釣りって難しい。プラスチックの塊を釣り人が動かして命を吹き込み魚を欺いて釣るのでエサ釣りのよう

知らないと超ヤバイ?釣りしててマジ危険なこと

釣というアウトドアでの遊びは時に予期できない危険にも遭遇する。 今回は釣りをするにあたって最低限知っ

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
おすすめ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ

釣りで重要なのがノット(糸の結び方)で、ノットが悪いと最悪魚に切られて悔しい思いをすることになるし、

【技術革命】ドローンを使った釣りを考える

最近話題のドローンだが釣りに利用できないか?ちょっといろいろ考えてみよう。 まずドローンて何なの?っ

【格言】釣りは1に場所、2に道具、3,4がなくて5に腕(テクニック)

格言を紹介するコーナーです。 釣り歴が長い人はよくご存知の格言なんですが「釣りはイチに場所、二に道具

【釣り場紹介シリーズ】よく行く琵琶湖の陸っぱり出来る釣り場【バス釣り】

釣活くんがよく行く釣り場を紹介して自らを追い込む身を削る企画、今回は琵琶湖でよくバス釣りをする場所を

5月の琵琶湖調査へ行ってきた

Hi!I’m a Tsurikatsukun! 今回はちょっと琵琶湖の様子を見に行ってき

アブガルシアのシステムバックパックを買ってみた

ちゃーす!釣活くんです! 随分と久しぶりにツタヤに行ってみたら気になっていた「何者」って映画がDVD