ルアー釣りを始めたい人におすすめする釣竿とリール

アジング用のワームでシーバス
春になって釣りを始める人が増えてくると思うのでここで釣り初心者が一番最初に買うのにオススメな釣りのタックル(竿とリールのこと)を紹介してみる。

時々見かける残念な初心者

釣り場で時々見かける残念な初心者がスピニング用のロッドにベイトリールをつけちゃってるパターンと逆にベイトリール用ロッドにスピニングリールつけちゃってるパターン

ベイトリールというのは、
icon
icon
こういう両軸受けリールとも言われるタイプのリール。糸を巻く部分がまわって糸を巻く事ができる。

スピニングリールというのは、
icon
icon

こういうタイプでぐるぐる回るパーツが動いて糸を巻くことが出来る。

見た目から違うように構造が全く異なるため竿もそれに合わせてベイト用、スピニング用に別れる

ベイトリールはベイトリール用のロッドに付くようになっていてスピニングリールはスピニングリール用ロッドに付くようになっているのでその点はちゃんと理解して購入する必要がある。ちなみに持つところに突起があるのがベイトリール用ロッドで無いのがスピニングロッドなのだが突起をのこぎりで切ってもベイトロッドはスピニングロッドにならない。

他にもスピンキャストリールという誰にでも扱いやすいリールもあるがこれもスピニングロッド用とベイトロッド用が分かれているため注意が必要。

初心者にはスピニングタックルがオススメ

スピニングタックルは誰にでも扱いやすく使えるルアーの幅も広いのでまず1本買うならスピニングタックルがおすすめ。

ベイトリールは多少練習が必要でなれないうちはバックラッシュというライントラブルが多いため最初の1本にはおすすめしない。2本目ならおすすめ。

海で釣りをするならシーバスタックル、ちょっとした川や湖で釣りをするならバスタックルがおすすめ

ルアーイメージ
ルアー釣りを始める時に何用を買っておけば汎用がきくのかは初心者にとって重要な事だろう。これといって狙いたいターゲットが決まっていなくてルアー釣りというものをやってみたいというのならオールマイティーに使えるタックルが必要になる。

海でやる場合はシーバスタックル

まず海でルアー釣りをするならシーバスタックルをおすすめしたい。シーバスって何?って思うかもしれないが日本語で言うとスズキのこと。この魚は基本的に日本の沿岸どこにでもいる魚で汚れにも強く都心を流れる隅田川でもよく釣れる人気ルアーターゲット。

シーバスを釣るつもりが無くてもシーバス用タックルは汎用性が高く、チヌ(黒鯛)やサバ・アジなどの青物、ヒラメ、アオリイカなどかなり色々なターゲットを釣ることが可能。

シーバスタックルの中でもロッド(竿)は長さが8フィート前後で固さがML(ミディアムライト)程度のロッドが特に汎用性が高い。
icon
icon

リールはそれに合わせて2500〜3000番クラスのリールが良い。
icon
icon

ラインは最近はPEラインという非常に強くて高性能なラインがメインで使われているが絡むと中々解きづらく価格も高い物が多いので初心者にはナイロンラインがオススメ。操作に慣れてきたらPEラインを使ってみると良いだろう。PEラインを使うと感動的に飛距離がアップする。

ラインの太さはナイロンで大体12LB(ポンド)で号数にすると3号ぐらい。細くすればするほど飛距離が上がりルアーの動きも良くなるので釣りやすくはなるが大物がかかった時に切られまくる危険性もあるため初心者は多少太めを使うと安心。ルアーが引っかかった時も太ければ糸が切れないで帰ってくる。

ナイロンラインは伸びがあってクッション性が高いので逃げられにくいというメリットも有る。

淡水で釣りをするならバスタックル

淡水エリアで釣りをする場合はバスタックルがおすすめ。なぜならロッドの長さが6フィート(1.8メートル)前後と短いため取り回しがいいのが理由。

淡水エリアは木が生い茂っている場所だったり結構狭いところで釣りをすることがあったり、ボートに乗ったりすることを考えると海用では長すぎてめちゃくちゃ使いづらい。

湖や池でも飛距離が重要になってくることはあるが海ほど広大ではないので基本的に短いロッドでも釣りは可能。魚のサイズも1メートルを超えるコイや草魚などもいるがルアーで狙う魚はナマズだったりブラックバス、イワナなどのマス類とそれほど巨大ではないので竿が負けるようなことは殆ど無い。

バスタックルで汎用性が高く初心者にオススメなロッドは6フィート前後の長さで固さがUL(ウルトラライト)〜ML(ミディアムライト)のタイプ。ウルトラライトはかなり柔らかい部類に入るが小さなルアーを投げやすく小さな魚でもよく曲がって楽しめるため初心者には柔らかめをおすすめしたい。ちなみに私は20年以上バス釣りをしているが一本だけ持って行くならULのスピニングタックルを選ぶ。
icon
icon

リールは2000〜2500番クラスのリールがちょうどいい。
icon
icon

ラインは8LB(2号)のナイロンラインをおすすめする。多少太めではあるが一本で色々なことをするためにはこの程度の太さが無いと不安なためでこの程度の太さがあればリールの性能が多少悪くてもちょっとした大物に簡単に切られるようなことはない。

ただターゲットがマスだったり使うルアーが小さいルアーばかりなら4LB(1号)程度の太さでもよい。

バス用のラインもPEやフロロカーボンと色々あるが最初のタックルにはナイロンがベスト。慣れてきたら他のタイプも使ってみるぐらいでいい。

ルアーフィッシング初心者におすすめしたいタックルまとめ

釣りというのは初心者からするといろいろな種類があって中々とっつきにくいものかもしれないがとりあえず上記に紹介してみたタックルをワンセット買ってみて色々やってみることをおすすめしたい。

糸が弱いと感じたら太いものにしてみたり新素材のPEラインを使ってみたりすることでどんどん釣りが詳しくなってどんどん釣りの泥沼にはまっていく快感を味わえるだろう(笑)

 -ショッピング, 必要知識

カンタン!ガリバー廃車見積サービス

  関連記事

釣った魚を捌いて食べる

最近はスポーツフィッシングとしてキャッチアンドリリースも増えているが釣りの楽しみは食べることも含まれ

人の多い釣り場での釣り方

釣り場に着くと人が満員状態ですごく魚にプレッシャーがかかっていそうな時がある。こういう時ってどうなん

ルアー竿(ロッド)についての基礎知識

ロッドは腕の延長と言われており、釣り人にとっては一番重要な武器のひとつである。 最近は釣具の進化が早

手についた魚の匂いを取る方法

魚を捌いたりしたときに手についた魚の匂いは取れづらい。これは匂いの元となる物質が手にくっついて離れな

釣れない人がやりがちな間違い

釣りに行っても行っても全然釣れないという人がやりがちな色々な間違いというのが存在している。うまい人は

ソルトルアーフィッシングでベイトフィネス

ベイトフィネスというのはこれまで重いルアーしか使用できないと考えられていたベイトキャスティングリール

リールは軽ければ軽いほどいいのか?

最近のリールの軽量化は眼を見張るものがあり特にカーボン素材のリールが出てきてからはボディーからロータ

2016セルテートを使ってみた

2004年に誕生したセルテートはダイワの新しいスピニングリールの標準「REAL FOUR」コンセプト

トラウトの燻製作ってみた

この前、北田原で釣ってきたニジマスを一部燻製にしてみたのでレポート。 ニジマスは食べられる魚なのでせ

わかりづらい釣り用語まとめ

釣りの用語って結構わかりづらいのが多い。私のブログでも時々リバーチャネルのドロップオフをバーチカルに

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
【思い出は大切】釣果写真の保存法

魚を釣ったら写真を撮って残しておく人は多いと思いますが最近はカメラ付き携帯電話が増えていてスマホの中

レイバンのサングラスをタレックスのレンズと交換してみた

どうも!パソコンの不調に悩まされていた釣活くんです。 不要なソフトを消したら直りました!マックミニ買

トラウト用のスプーンを自作してみた

どうも、車を頑なに洗わない男釣活くんです。暇な時に雑巾で拭くぐらいにしてます。隣の駐車場が出入りの多

琵琶湖の近くの管理釣り場アクアヘブンへ行ってきた

どうも!最近パソコンが壊れ気味の釣活くんです。 使い始めて4年目を迎えているMacBook Airで

このままでは釣りはオワコン化する

どうも、釣活くんです。 今回はちょっと釣りがオワコン(終わってるコンテンツ)という未来が見えてしまっ

【必読】釣れない魚を釣るためのルアー釣りのコツ

ルアー釣りって難しい。プラスチックの塊を釣り人が動かして命を吹き込み魚を欺いて釣るのでエサ釣りのよう