ルアーで攻略!サゴシ(鰆の幼魚)の釣り方

      2015/12/09

サゴシの画像
関西ではポピュラーな堤防からのルアーゲームターゲット「サゴシ」。

サゴシについて少し説明すると、サゴシはサワラの子供の呼び名で40センチから50センチのものをこういう。
50〜60センチのものをナギと呼ぶらしい(Wikipediaより)が私の周辺では50超えたらサワラと呼んでいる。
非常に鋭い歯を持った魚で、簡単にラインをかみちぎるためルアー釣りでは気をつけないといけない厄介な魚ではあるものの味は非常に美味であるため人気の高いターゲットでもある。
(サゴシ・サワラを本格的に狙う場合はワイヤーハリスを20センチほど付けて釣りをすることをおすすめする。ナイロン・フロロの場合は10号以上のリーダーを同じく20センチほど使用すると切られることはほとんどない)

スポンサーリンク

引きは細長い魚特有の最初と最後だけ結構引くけど途中は針が外れたのかと思うほど引かないことのあるファイト。
サゴシはよく飛ぶ魚でエサを追っている時はしばしば水面から飛び出すサゴシを目にする機会があると思う。

肉食のため釣り方はルアー釣りの他、キビナゴでのウキ釣りや引き釣りなど色々な釣り方がある。

シーズンは回遊があればいつでも釣れるが春から秋にかけてよく岸沿いを回遊する。
特に秋は岸にアジやイワシなどのエサが回るシーズンなのでそれに寄せられてサゴシなどの魚も接岸しやすいシーズンである。

サゴシ釣りの注意点!

岸にあげたら首を踏んで押さえ込んで速やかに大型のプライヤーで針を外した方がよいだろう。
もしくはタオルでがっちり首をつかんで固定するなど。歯が鋭いので不用意に暴れさせると危険極まりない
サバ折り画像
図のようにサバ折りすれば活け締め完了。
暴れられてケガをしないし鮮度を保てるのでサバ折りでしめてからクーラーボックスへ入れよう。

ショアジギングでのサゴシ攻略

一般的にサゴシ・サワラを狙う場合の手法はショアジギングと呼ばれる岸からメタルジグをぶっ飛ばすルアー釣り。

岸近くを回遊してる場合は20〜30グラムのメタルジグでも問題なく攻めることが出来るが、ショアジギングのメッカとなっているような大堤防、沖堤防などではシイラやヒラマサ、ブリなどを狙うついでにサゴシを狙ったりするので40〜80グラムといった大型のジグでもよく釣れている。

攻め方は基本的に高活性な時間帯は表層で跳ねているので表層攻めだけでオッケー。動かし方も派手に動かして見つけてもらうようにすれば食ってくる。タダ巻きでも実績は高い。
活性の低い時間帯には遠投して、底までルアーを沈めアクションさせながら巻き上げてくる方法でよく釣れている。

注意点は、歯が鋭い魚なので食ってきても乗り辛い。ルアーがボロボロになっているのに乗らないこともある魚なので必ずジグのテール側にトレブルフックを付けて掛かりをよくすること。

シーバスルアーによるサゴシ攻略

サゴシが岸よりにいる場合はシーバスルアーでも釣れる。メタルジグを使うよりも表層をゆっくりと攻めることが出来てヒットに持ち込みやすい。通常シーバスルアーには前後にトレブルフックがついているのでメタルジグより掛かりやすいのは当然である。

実績のあるルアーはバイブレーション、ミノー、スピンテールなどの一般的なシーバスルアー。使い方はタダ巻き、トウィッチ、リフトアンドフォールなど。
暴れるサゴシ
注意点はサゴシはシーバスよりも岸にあげてから物凄く暴れる魚なのでルアーが破壊されることがある。勝手にフックが外れたと思った時はフックが伸びていないかを必ずチェックしておきたい。
バイブレーションなども暴れた際にボディーにひびが入ったりすることがある。

ワインドでのサゴシ攻略

タチウオやシーバスのようにワインドでもサゴシは釣れる。ハマれば一番釣れるのがワインドでのサゴシ攻略。
ワインドについて詳しく書いたページはこちら

サゴシワインドでの注意点についてだが、サゴシは牙物であるため針がかりし辛い。そのためシーバスを狙うような速いワインドでは乗らない場合がある。
そういう場合には出来る限りゆったりとしたしゃくりでゆったりと動かすことを心がける。
フォール時間を長めに取って食うチャンスを増やすのもよい。
アシストフックは必須
ワインドイメージ

サゴシの釣り方まとめ

サゴシは堤防から気軽に釣れる人気ターゲットで割と釣り初心者でも簡単に釣れるのでおすすめのターゲットである。
重要なのは歯が鋭いのでけがをしないことと糸を切られることが多いので安いルアーを使うこと。

是非とも堤防に通って美味しいサゴシを釣っておかずを華やかにして欲しい✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

ちなみにどんな料理にでも合う白身の魚だが、釣りたてのサゴシのお刺身は最高に美味なので是非とも釣れたらお刺身に!

 -ショアジギ

釣具のナチュラムが決算・歳末セール実施中! icon

  関連記事

沖堤イメージ

一発大物も狙える!沖堤フィッシング入門

今回は初心者のための沖堤フィッシングをご紹介。 沖堤の魅力はなんといっても船の領域と言ってもいい場所

タイワンカマス

カマスという魚の釣り方

夏から秋にかけて群れで回遊してくる干物にすると超高級魚になるカマス。 日本近海で釣れるカマスは何種類

朝マズメの太刀魚

朝マズメ時合短期決戦にてサゴシ・太刀魚を捕獲セリ!

最近大阪湾全体で朝マズメの堤防ショアジギが盛り上がっているようなので行って来た。 短時間だが非常に熱

サバゲー

サバの釣り方

引きが強く大きなものだと脂ものって食べても美味しいのがサバ。 ショアジギングやアジングなど色々な釣り

展海峰の画像

2014長崎遠征最終日!佐世保の港でエソを奪ったけもの

なんだかんだで楽しめてはいるものの釣果としてはパッとしない長崎遠征初日と二日目。 最終日には何かでか

今回の獲物

満喫!夏タチウオIN淡路島

どうも!昨日TOHOシネマズの日だったのでインデペンデンス・デイ観てきた釣活くんです。内容はガンツみ

ショアジギングイメージ

朝マズメにサゴシを狙うも鳥山届かず!秋の海は魚種豊富編

最近朝マズメの方が熱い釣果が出ているようなので近所の芦屋浜周辺で朝マズメを狙ってきた。 朝4時起床。

沖堤イメージ0

武庫川一文字にてショアジギングで青物を狙う

そろそろ沖堤、武庫一でショアジギングが面白くなるシーズンなので釣り初心者の友人を連れて行ってみた。

IMG_0239-150x150

ウルトラライトショアジギング(サバ)

エギングとアジングをするために内房の港へ行ってきた。 昼過ぎくらいに現地へ到着し、まずは夏の風物詩キ

F0F34040-368E-4E34-AAE1-C1290A6AA202-150x150

ショアジギタチウオ入れ食い日記

前日は波で上陸できなかった武庫一にタチウオなどを釣りに行ってきた。 15時半に武庫川渡船に到着。 ち

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
  • 自然保護活動について

    お問い合わせ
冬イメージ
釣りをする時の防寒着について

そろそろ真冬に近づいて外に出るのも嫌なくらい寒くなってきた。 ただ、冬でもシーバスはまだ残ってるし、

ソイ
ナイスサイズ期待!初冬のメバリング

どうも!チャンピオンズカップが楽しみすぎる釣活くんです。今年こそはノンコノユメの単勝で荒稼ぎしたいで

クジメの画像
冬期シーズンのソルトルアーフィッシング

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排

カワハギイメージ
明石にてカワハギをちょい投げで釣る

どうも!エルゴヒューマンという椅子を購入した釣活くんです。 大塚家具って在庫が凄いから座り比べが超捗

カワハギ
肝パンカワハギを神戸港で狙う

どうも!久しぶりに10時間寝ちゃった釣活くんです。 前回カワハギを釣りまくっている人を見たり、足元を

アジ
神戸でライトゲーム

どうも!最近腰痛でいい椅子を買っちゃおうか迷っている釣活くんです。エンボディチェアかアーロンチェアか

ブラックバス
初冬の琵琶湖でバスを狙う

どうも!釣活くんです。 そろそろ晩秋というより初冬ですね。 今回は初冬の琵琶湖へバス釣りに行ってきた

タチウオ画像
タチウオゲットも静かな海

どうも!釣活くんです。また朝タチに行ってきたのでそのレポートです。