【大惨事】最強ワーム「Gulp!ガルプ」の汁が漏れなくする方法


どうも!釣活くんです。

今回は匂いが強烈でその集魚力と味のパワーにより「エサより釣れる」とまで言われる生分解性ワーム【Gulp!ガルプ】の保存と運搬についての話をしてみる。

Gulp!ガルプとは?

おそらく釣り好きなら間違いなく知っているワームであるが少しだけ説明しておくとアメリカのバークレー社開発した新素材のワームで味と匂いがついており、生分解性のワームである。

ガルプ公式サイトはこちら

その匂いは強烈で独特なスルメイカ臭のような匂いがする。

匂いは通称ガルプ汁と呼ばれる液体から発生していてガルプにその液体が染み込んでいる。その為ガルプは乾燥すると液体が蒸発し、干からびてカチカチになって再使用不可能。

生分解性なので年月が経つとバクテリア等によって分解されボロボロになる性質があり、自然に優しいが1年前のワームを使おうとしてもボロボロで針持ちが悪く実用に耐えない場合があるので注意が必要。

とにかく使いづらいワームではあるが他のどんなワームやルアーでも釣れない時にこれだけは釣れるということがあるので常に携帯しておきたいワームではある。

ガルプは液が漏れる

はっきり言ってガルプを使った事がある人ならほぼ100%の人がガルプ汁を鞄の中などに漏らしたことがあると思う。液染みとガルプ臭がついてショックを受ける・・・。

なぜ漏れてしまうのか?というとパッケージの構造上漏れてしまうからとしか言いようがない。元々のパッケージで保管していると確実に液漏れしてしまう・・・。

ガルプ保管容器を使う

最近はガルプ以外にもエコギアのアクアという生分解性で液に浸かっているワームが売られていてそういった液体に入ったワーム用のケースがいくつか売られているのでそれを買って移し替えてから持ち運ぶのがベスト。

大量に持ち運ぶ時は大きめサイズのもの

エコギアアクアを持ち運ぶ専用ケース。大量に持ち運ぶのにはベスト。

by カエレバ

メイホウのケースは110ミリと80ミリの2タイプがある。

by カエレバ

ちょっとだけ持ち運ぶ時は小さめのもの

by カエレバ

ただし、横に向けてしまうと100%もれないわけではなく漏れる時は漏れるので一応ビニール袋やジップロックに入れておきたい。

どうしても保管容器がない場合

出来れば専用の保管容器で持ち運びたいが出先で買って使って持って帰ると言うような場合には専用保管容器が手に入らない場合もある。

そんな時には最初から入っている液を全部捨ててしまおう。若干勿体無いような気もするが結局全部鞄の中とかで漏れて最終的に無くなるので最初から捨ててしまった方が安全。

それでも少し漏れたりするのでコンビニの袋などで更にカバーしておくことをおすすめする。

ちなみに、液体が無くてもしっかりとパッキンを締めておけば1〜2ヶ月はそれほど問題なく使用可能

専用保管容器でも飛行機で預ける時は注意!

飛行機の手荷物に入れる場合や空港で預ける場合、上空で気圧が下がった時に中の圧力が上がって液が漏れる事がある。

そのため飛行機で移動する場合は液を極力入れないか何重にもビニール袋で包んで漏れても大丈夫なようにしておこう。

ガルプの液漏れ対策まとめ

ガルプは本当にエサより釣れるんじゃないかと思うほどガルプでしか釣れない時があるほどブラックバスでもシーバスでもチヌでもアジなどでも大活躍する渋い時の救世主的存在だが液漏れだけが残念。

このページに書いた液漏れ対策を参考にガルプと上手く付き合っていこう。

 -ルアー, 必要知識, 釣具

釣り用の車買うならガリバー!→●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

  関連記事

え?こんなこともやってたの?釣具屋の意外なサービス紹介

初心者の方やあまり釣具店に行かない人は知らないかもしれないので釣具店でやっているサービスをご紹介する

小川や沼で小魚などを捕まえる方法

小魚や小さなエビなどを捕まえて家で飼ったり、釣りのエサにしたりする時に役立つ「小川や沼で小魚を捕まえ

釣りに使う「スナップ」の基本について

釣りに使うスナップは様々な商品が売られている。 今回はこの針金でできた小さなアイテム、スナップについ

鯉釣りの進化・・・ユーロスタイルとは?

先週、ちょっと後輩の働いている上州屋渋谷店に行ってみたのだがさすが渋谷店ってくらい賑わっていた。

トラウト釣果アップ術

エリアとも呼ばれるトラウトの管理釣り場でのルアーフィッシングにおいて釣果を少しでも伸ばす方法を研究し

根掛かりを防ぐ方法

釣りには付き物の根掛かり。高いルアーが根掛かったりするとかなりショックがでかいのであるが根の周りで魚

初心者向けライフジャケットの基礎知識

(画像はグーグルの画像検索より) 釣をする上で必要不可欠なのがライフジャケット。 最近主流の自動膨張

釣りで使いたい腕時計

アップルからスマートウォッチが発売されたりして話題になっているが最近の腕時計は非常に高性能になってい

車中泊で朝マズメを狙え!

釣りといえば朝早い! でも、夜のうちに現地に入って車で寝て朝マズメを待てばギリギリまで寝てられる。そ

釣り用にマツダのデミオを買って乗ってみた感想

東京での生活をやめて大阪に戻ってきて早2年以上が経過してこの釣りブログもおかげさまで順調にアクセス数

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
おすすめ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ

釣りで重要なのがノット(糸の結び方)で、ノットが悪いと最悪魚に切られて悔しい思いをすることになるし、

【技術革命】ドローンを使った釣りを考える

最近話題のドローンだが釣りに利用できないか?ちょっといろいろ考えてみよう。 まずドローンて何なの?っ

【格言】釣りは1に場所、2に道具、3,4がなくて5に腕(テクニック)

格言を紹介するコーナーです。 釣り歴が長い人はよくご存知の格言なんですが「釣りはイチに場所、二に道具

【釣り場紹介シリーズ】よく行く琵琶湖の陸っぱり出来る釣り場【バス釣り】

釣活くんがよく行く釣り場を紹介して自らを追い込む身を削る企画、今回は琵琶湖でよくバス釣りをする場所を

5月の琵琶湖調査へ行ってきた

Hi!I’m a Tsurikatsukun! 今回はちょっと琵琶湖の様子を見に行ってき

アブガルシアのシステムバックパックを買ってみた

ちゃーす!釣活くんです! 随分と久しぶりにツタヤに行ってみたら気になっていた「何者」って映画がDVD