PEラインとリーダー結束に必須!FGノットをマスターしよう

FGノット
PEラインを使い始めて10年以上になるが私のメインラインとリーダーとの結束はノーネームノットを使用し続けていた。
ノーネームノットとは(シーガーサイトへ)

ただ、根がかりした場合リーダーとPEラインの結束部分で切れることが多く結束強度的に問題があったりしていた。結ぶのも容易とは言えず時間がかかっているのもデメリット。失敗が少ないところはノーネームノットのメリットだった。

ソルトのルアーゲームで一番のネックはPEラインとリーダーとの結束に時間がかかる事。根がかりなどの場合に結束部分で切れると結び直すのに時間がかかって時合を逃す事もある。

最初の頃は電車結びと言うユニノットを使ったような結び方を使っていた。これは手軽に結べてそれなりに強い結び方

デメリットは結び目が大きいのでガイドにぶつかり結び目がどんどん弱まっていくこととやたらとライントラブルが多いという事。すり抜けが悪いからガイドに引っかかってルアーだけぶっちぎれてサヨウナラする事もかなり多かった。

スポンサーリンク

PEラインとリーダーの結束はFGノットが最強だと気づいた

FGノット」という結び方がこのソルトルアーフィッシングのノットでは最高のノットとされている。

私も元釣り具屋という事で研修で結び方を習って一時期使っていた事がある。

だがヘタクソだったので段々緩んできて最終的にすっぽ抜けてしまう経験をしてからFGとか最悪!とFGノットを使わなくなっていた。

そんな私がなぜ今FGノットをマスターしようと思ったのか?

PEラインの説明書にFGノットの結束強度は91.5%でノーネームノットの結束強度は79.7%!さらにFGノットはマスターしたらノーネームノットより早く結べます!って書いてあったからだ。(MIDノットは100%の結束強度だがかなり手間がかかりそうなのでFGノットをマスターする事にした)

ノットの強度が上がるのに早く結べる?!

これはマスターせなあかんやろ・・・ノーネームノットで喜んどる場合やないで・・・。

というわけで、FGノットマスターに再挑戦する事にしたのだ。

ただ、釣具屋のときの研修で習ってから既に8年以上の年月が経っているわけで思い出せんわけだ。。

しょうがないので文明の利器、YouTubeを利用する事にした。

おう・・・こんなに簡単に出来るのか・・・知らんかった・・・。

実際やってみた。

出来た。
簡単やん・・・( ꒪⌓꒪)

かなり強く引っ張ってみたけど切れる気配はない。リーダーは16ポンドなので8キロまでは大丈夫そう。

ダイワの動画にも別のやり方があったのでそれも参考にするといいだろう。

FGノットは結構色々なスタイルで作られるもんなんやね。自分にあったスタイルで結べるようになればいいだろう。

皆さんは恐らく既にFGノットをマスターされてると思いますけど、もしまだノーネームノットだったり電車結びだったりするのならFGノットマスターしてはどうでしょうか?

icon第一精工 ノットアシスト 2.0
こういった便利な商品を使うともっと簡単にFGノットを結ぶ事が出来るようです。
icon

追加情報

ポートアイランドで釣ったメジロ
FGノットにしてから数ヶ月経ったけどだいぶコツがわかってきて簡単に結べるようになった。

コツはリーダーもメインラインもギリギリで切らないこと。5ミリほど残さないと使ってるうちにちょっとだけずれて解ける原因になる。
気になる時は必ずライターで炙ってコブを作っておくこと。

使ってみて気づくのがFGノットは非常に結束強力が強いので根掛かりをしてもリーダーごと持って行かれずにルアーとの結束部分で切れることが多い。

結び目が強すぎて高切れすることがあるのでそこには注意が必要だがリーダーごと持っていかれることが減ったので釣り場でノットを組むことが減り、だいぶストレス無く釣りができるようになったと思う。引きが強烈な写真のような青物も不安なくゲット出来たりして本当にFGノットに変えてよかったと感じる。

総合的に判断してやっぱりFGノットは必須ノットです。

関連記事:PEラインは選び辛い!色々使ってみて思った特徴をまとめてみる

 -必要知識

自分の市場価値がわかる→MIIDAS(ミーダス)!

  関連記事

ロッドを自分で修理する方法

釣りをしているとどうしても起こるトラブルの一つがロッドの破損。ロッドというものは非常に脆いものでちょ

ルアー竿(ロッド)についての基礎知識

ロッドは腕の延長と言われており、釣り人にとっては一番重要な武器のひとつである。 最近は釣具の進化が早

兵庫の海釣りポイントをまとめた良書

去年再び兵庫をホームグラウンドにして一年ちょっと経つが案外行く釣り場は同じ場所ばかりで行っていない釣

一発大物も狙える!沖堤フィッシング入門

今回は初心者のための沖堤フィッシングをご紹介。 沖堤の魅力はなんといっても船の領域と言ってもいい場所

釣れない人がやりがちな間違い

釣りに行っても行っても全然釣れないという人がやりがちな色々な間違いというのが存在している。うまい人は

人の多い釣り場での釣り方

釣り場に着くと人が満員状態ですごく魚にプレッシャーがかかっていそうな時がある。こういう時ってどうなん

釣った魚を捌いて食べる

最近はスポーツフィッシングとしてキャッチアンドリリースも増えているが釣りの楽しみは食べることも含まれ

ためになる!釣りマンガまとめ

釣りを好きになるきっかけって色々あるが最近はマンガがきっかけで釣りを好きになる人も多い。釣具店員の中

中古釣具売買で釣行費を稼ごう!

セールの衝動買いやなんやで色々といらない釣具がたまる。そんな溜まったルアーとかロッドとかリールを処分

飛距離か正確性か?色々なキャスティングについて

釣りでキャスティングと言うと仕掛けやルアーを投げることをいう。 キャスティングには実は色々な種類があ

  コメント

  1. […] PEラインとリーダー結束に必須!FGノットをマスターしよう […]

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
メバルを求めて

どうも!釣活くんです。 インフルエンザが猛威を奮ってますね!私は大丈夫ですが周りの人全員かかってます

新しいコンプレックスCI4+を紹介したい

2017釣活くん注目釣具シリーズ! 今回はNEW コンプレックスCI4+を紹介していこう。 このリー

ギル型ワームの革命か?ジャバロンギルがヤバすぎる

釣活くんのフィッシングショーで見つけたヤバすぎるルアー紹介コーナー、今回はイマカツから発売されるジャ

エメラルダス STOIST AGSが欲しい理由

釣活くんの欲しい釣具シリーズ、今回はエギングロッド「エメラルダス STOIST AGS」を欲しい理由

シマノのポイズングロリアスを欲しくなった理由

フィッシングショーで欲しくなった釣具紹介シリーズ2回目はシマノのバスフィッシング用ロッド「ポイズング