ルアー・ワームでサヨリを釣る方法

サヨリは実はフィッシュイーターなのでルアーで釣れる。
今回はルアー・ワームでサヨリを釣る方法を書いてみる。

スポンサーリンク

サヨリ全体像
まず、最初にサヨリという魚について少し紹介すると、下あごが長く飛び出ていて細長い魚で最大40センチほどに成長する魚。日本全国の近海で見られる。寿命は2年。
表層で群れで泳いでおり、水面に漂うエサをついばむ。
通常はアミエビをエサに専用の仕掛けで狙うのが一般的。釣期は夏から冬。
料理法は刺身・吸い物・塩焼き等。
大型のサヨリにはかなりの割合でエラに寄生虫がいるので釣り場で頭を切り落として持ち帰ると良い。

表層を狙う

サヨリは常に表層を泳いでいるので表層を狙う。

この釣りのタックル

タックルは何でもいいが、魚が小さいのでライトタックルを使うのをおすすめする。アジング用かメバリング用がぴったり。ロッドの長さは7フィートくらいあると使いやすい。
ラインは8ポンド以下がいい。細ければ細いほどナチュラルに漂うがライントラブルになりやすいので注意。

サヨリを釣る仕掛け

ルアーの場合はキラキラ系のトラウトルアーかメバリング・アジング用のメタルジグ。
サヨリはとにかくキラキラしたものが好きなのでスプーン・スピナーなどに高反応を示す。メタルジグでは重過ぎて表層を攻め辛いのでトラウト用の表層スプーンを使うのがベスト。

ワームの場合は極小のワームを使ったジグヘッドリグ、もしくは飛ばしウキにノーシンカーでワームを接続した仕掛け。

サヨリの釣り方

サヨリは表層を泳ぐため、目視でその姿を確認することが可能。
群れで泳ぐサヨリが確認出来たらそのサヨリの泳ぐ目の前を通るようにルアーを通すとサヨリ達は狂ったように追いかけてくる。
ルアーの場合、サヨリの小さすぎる口には針が入らず口で釣れることはまれ。狂ったように体当たりして来るのでその時に頭か体にフックがスレがかりするのを合わせる。
サヨリの口の回りや頭部は固く中々フッキングするのは難しいのでうまくかかって来るのを待つ。

ワームの場合はエサと同様に針が口に入ったら合わせを入れてフッキングに持ち込む。
サイトで狙う場合は食って来る所が丸見えでエキサイティングだが口が小さいので中々針まで食い込まず早合わせになりがち。タイミングよくワームが口に入ったら合わせる。

やり取りの注意点

サヨリのやり取りで注意点は口の固い魚なので非常にバラしやすいと言うこと。針が貫通せず暴れるとすぐに外れてしまう。
あと、サヨリは細長く小さい魚であるためかかってもほぼ引きは無い。小さいサヨリだと、かかった瞬間に飛んでくるほど軽い。かかってない?と思っても実は釣れてることがあるので気を抜かないようにする。
サヨリイメージ2

おすすめサヨリルアー

スミス(SMITH LTD) エーアール・スピナー トラウトモデル
スミス(SMITH LTD) エーアール・スピナー トラウトモデル

スピナーは巻くだけで勝手に釣れる優秀なルアー。

TIMON(ティモン/鮭鱒) チビクワトロスプーン
TIMON(ティモン/鮭鱒) チビクワトロスプーン

表層系のスプーンはサヨリにベストマッチする。

バークレイ ガルプ! ソルトウォーター ベビーサーディン
バークレイ ガルプ! ソルトウォーター ベビーサーディン

おすすめワーム代表はこれ!

Ocean Ruler(オーシャンルーラー) NR メバルフック
Ocean Ruler(オーシャンルーラー) NR メバルフック

フックはこういうタイプがおすすめ。

Ocean Ruler(オーシャンルーラー) NR アクティブフロート LC
Ocean Ruler(オーシャンルーラー) NR アクティブフロート LC

飛ばしウキはこういったタイプ。メバリングやアジング用のものを流用してもかまわない。

TICT(ティクト) キャロかぶら
TICT(ティクト) キャロかぶら

飛ばしウキにつけて使う。

第一精工 ワニグリップミニ
第一精工 ワニグリップミニ

釣れたら魚つかみでがっちり掴むと手が汚れない。サヨリは結構匂いが強い。

 -フィッシング

自分の市場価値がわかる→MIIDAS(ミーダス)!

  関連記事

武庫川ハゼクラちょい厳しい

どうも!今年はじめて梨を食べた釣活くんです! 今回は新ルビアスを買ったのでちょっと使いたくて近所の武

静かに流行り始めている?アユのルアー釣り

先日関西の釣具屋に行った時にアユのルアー釣りコーナーというのを見つけた。 バス釣りコーナーの一番目立

大漁!雨上がりの王禅寺

満月の週末。 本来なら絶好のシーバス日和。 ただ、今回はとんでもないことが起こった。 そう、TSUN

多摩川にて巨大カムルチーをゲット!!

最近多摩川の素晴しさを再確認したので毎週通っているのだが基本的に巨鯉狙いでコ式をやっている。 今日も

2013年多摩川のブラックバス状況

多摩川のブラックバス。2013年現在ほぼその全てがスモールマウスバスになっているが今年もすごく釣れて

2年ぶりの国際釣具見本市!2012フィッシングショー横浜

2年ぶりに国内最大級の釣具の見本市がパシフィコ横浜にて開催された。 今回のブログはその模様。

多摩川でスモールマウスバスを狙う

今関東各地で激増中のスモールマウスバス。 荒川・入間川・小貝川・・・あちこちで激増中でもうラージマウ

夏の終わりにリヴァスポット早戸で思い出作り

8月末になっても猛暑日が続く異常気象な今年の夏。 夏の思い出が欲しくてトラウト釣りに行ってきた。

2011NEWカルディア2004タックルインプレッション

タックルのインプレッションブログです。 去年モデルチェンジした新しいカルディア。

多摩川にて春の風物詩を釣る

今日は雨予報だったため小潮で釣りやすい隅田川をあきらめ近所の多摩川へ奴を釣りに行った。

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
メバルを求めて

どうも!釣活くんです。 インフルエンザが猛威を奮ってますね!私は大丈夫ですが周りの人全員かかってます

新しいコンプレックスCI4+を紹介したい

2017釣活くん注目釣具シリーズ! 今回はNEW コンプレックスCI4+を紹介していこう。 このリー

ギル型ワームの革命か?ジャバロンギルがヤバすぎる

釣活くんのフィッシングショーで見つけたヤバすぎるルアー紹介コーナー、今回はイマカツから発売されるジャ

エメラルダス STOIST AGSが欲しい理由

釣活くんの欲しい釣具シリーズ、今回はエギングロッド「エメラルダス STOIST AGS」を欲しい理由

シマノのポイズングロリアスを欲しくなった理由

フィッシングショーで欲しくなった釣具紹介シリーズ2回目はシマノのバスフィッシング用ロッド「ポイズング