プリスポーン多摩川スモールマウスバス!

      2014/06/15

プリスポーン多摩川スモールマウスバス

前々日、東日本大震災が発生し、私も赤十字に募金を行なうことを決めた。まだ、赤十字側で手はずが整っていないので募金準備が整い次第このホームページで1年間に稼いだアドセンスの広告料を送ることにする。

赤十字ホームページ

いつまでもみんなが暗い顔をしていても何もよくならないと思い、久しぶりに釣りに行くことにした。

スポンサーリンク

交通機関が未だ完全に回復していないことなどを考え、家から5分の多摩川へスモールマウスバスを狙いに行った。

大体毎回同じスタイルになってしまっているのが反省すべきところなのだが、今回も最初からフィネス・・・。

一番食わせやすい、スモラバにアイシャッドというセッティング。

まずは春の定番であるワンド部分。

大体の場合においてこういう場所はスポーニング(産卵)場所になるため、魚が集まりやすい。

去年もそれなりに大きなブラックバスが見られた場所。

しかし今回は反応が得られず、まだここまでは上がって来ていないのかと想像出来た。

スポーニング前の魚はプリスポーンと呼ばれ、荒食いをしている可能性が高い。

プリスポーンの状態になるのは大きな魚が一番早く、大きな魚は3月からスポーニングを始め、4月5月と2回3回と産卵を行なう。逆に小さな魚は1回もしくはスポーニングをしない。

だからこそ大きなバスを狙うには3月のこの時期を狙うのが一番簡単に狙って釣ることができるのだ。

昔初めて50センチオーバーのブラックバスを釣った時はその池のアベレージ25センチだったのに、7匹釣って5匹が40センチオーバー、35センチ以下は釣れなかった。それほどのブラックバスにおいての最高のシーズンが今なのだ。

場所を変えてテトラポットのエリアを攻める。川バスを10年ほどやっているとわかるのが回遊性の強さ。居付きのバスはほとんどいない。群れで回遊し、まわってくるとバンバン釣れる。

その回遊コースに当たる場所が、テトラポットの脇であることが多い。ある程度の深さとベイトフィッシュと隠れることの出来る場所。それが重要なのかもしれない。

歩いてバスを探すと、見えバスを発見。ブッシュについていた。春はシャローのブッシュに付くバスも多く、ブッシュにはエビがいるのでそれを狙っているのではないかと思われる。ちなみにエビでバスを狙うと魚影の濃いエリアでは下手すると3桁釣れる。それほどバスの好きなベイトと言える。

この見えバスはアイシャッドに命を吹き込むシェイキングを加えたにもかかわらずじっと見つめるだけで食う気は全く無いようだった。

粘っても無駄と判断して移動。

伏流水で異常にクリアな場所。

魚が見えるが100匹ぐらいヘラブナとコイがいる・・・。うじゃうじゃ居過ぎ・・・。でもバスはいない。足元には60センチオーバーのライギョが3匹ほどいたがワームには無反応で去っていった。

テトラに戻って回遊待ちをすることにした。

回遊の魚はチューブワームのDSで狙うのが一番簡単な釣り方。でも、足元を見るとテトラの間からスモールがチラ見えしたので、見えバス狙いで一番信頼のおけるフリックシェイクのジグヘッドワッキーに変更。

沖に投げ、自然に足元のテトラに流れてくるミミズを演出すると一気にテトラからバスが飛び出して食った!

もちろん電撃フッキング!!!

アワセ切れ!

最悪だ・・・。もう最悪すぎる。去年の年末もこんな感じで40アップのスモール逃した・・・。

でも、まだあきらめない!ともう一度同じフリックシェイクで攻める。

しばらく攻めるが反応がなく、あきらめて移動しようかと思った時足元からまた出てきて食った。

でも、ボーっとしてたのであわせられず、そのまま戻っていった・・・。

はぁ・・・。

でもあきらめない。まだファイトまで行ってないので魚は食ってくる可能性がある。

同じテトラの下へワームを送り込み、今回は見えない場所まで流してからシェイクをする。

グン!食った。落ち着いてあわせを入れるとギュンギュン!

さすがスモールマウスバスというような激しいファイトをしてガッチリゲット。

プリスポーン多摩川スモールマウスバス

40センチ無いくらいのスモール。

スモールマウスバスの自己最高記録更新!

この後は隣の釣り人が25センチくらいのスモールマウスをゲットしてやはりプリスポーンの荒食いに入っていることは間違いないことが確認できた。

2時間ほどだったが久しぶりに魚の引きを味わえて満足な多摩川釣行だった。

 -ブラックバス

釣り用の車買うならガリバー!→●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

  関連記事

フィッシングフェスティバル2013に行ってきた

パシフィコ横浜で行われた、フィッシングフェスティバル2013へ行ってきたのでブログ書く。

東播野池にてグッドサイズバス連続ゲット!

地元兵庫のスポーニング真っ只中のブラックバスを狙いに行ってきた。 昼過ぎから小野市周辺の野池へ。

GW琵琶湖の60センチバスを捕獲セリ!

どうも!腕から一本だけ長い毛が生えている釣活くんです。 今回はゴールデンウィークということで友人たち

水面爆発!トップでバス釣り!

先週も釣りに行ったものの結局ボウズだったのでブログは更新できずだった。 ただ、先週は明らかにスモール

淡路島にてオクトパッシングもダメージのみを得る・・・

人生山あれば谷ありというのは真実で最近はサバ釣りに行ってアジも根魚も釣れたりキビレも連発できたりとな

大阪市街地から近くてめっちゃいい!城北ワンドへ行ってみた

釣活釣り場紹介コーナー。 今回は大阪中心部から非常に近いのに毎年60センチ級のブラックバスが釣れてい

春を探しにふらりバス釣り

めっきり暖かくなってきて釣りのシーズンもはじまったなといった感じなのでちょっとバス釣りの感を取り戻し

最新ソリッドティップバスロッド・コルキッシュが届いたので試し釣りへ

俺の釣りのルーツは小学校3年生位に始めたブラックバス釣りなのだが関東に来てあまりの魚影の薄さにシーバ

2012年多摩川ブラックバスの状況

多摩川のブラックバスの状況をちょっと紹介しておく。 2008年くらいから入間川や小貝川、多摩川でスモ

釣活ガイドイン琵琶湖!甘くないぜ!

どうも!釣活くんです! 元同僚が関西出張で一日休み取れるから琵琶湖でバス釣りしようって誘ってきたので

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
おすすめ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ

釣りで重要なのがノット(糸の結び方)で、ノットが悪いと最悪魚に切られて悔しい思いをすることになるし、

【技術革命】ドローンを使った釣りを考える

最近話題のドローンだが釣りに利用できないか?ちょっといろいろ考えてみよう。 まずドローンて何なの?っ

【格言】釣りは1に場所、2に道具、3,4がなくて5に腕(テクニック)

格言を紹介するコーナーです。 釣り歴が長い人はよくご存知の格言なんですが「釣りはイチに場所、二に道具

【釣り場紹介シリーズ】よく行く琵琶湖の陸っぱり出来る釣り場【バス釣り】

釣活くんがよく行く釣り場を紹介して自らを追い込む身を削る企画、今回は琵琶湖でよくバス釣りをする場所を

5月の琵琶湖調査へ行ってきた

Hi!I’m a Tsurikatsukun! 今回はちょっと琵琶湖の様子を見に行ってき

アブガルシアのシステムバックパックを買ってみた

ちゃーす!釣活くんです! 随分と久しぶりにツタヤに行ってみたら気になっていた「何者」って映画がDVD