ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

シーバス

真冬の多摩川にて極太シーバスを捕獲セリ

投稿日:2008/01/19 更新日:

多摩川河口
晴れ
8 度
水温低
シーバス・60センチ 1ゲット
13時~16時

お正月に買ったツインパワーMGを試したくて釣り仲間に声をかけたものの寒いからヤダというので一人で行ってきた。

久しぶりの多摩川河口を上流から攻めることにした。
水面をのぞくと生命感が見当たらない。
でも風が無く、晴れているので体感気温は割りと高いので釣りはしやすい。

どうせ魚は全部沈んでいるだろうと言う予想で最初からバイブレーション。
最近釣れまくっていると噂の最強のシリテンバイブを冬恒例のリフトアンドフォールで使う。

しかし真冬・・・そう甘くない。

橋もテトラも何の反応も無く、虚しくキャスト数だけが増えていく。
それにしても新リールは巻き心地がいい。キャストが楽しくなってしまう。さすがツインパワー。

場所を変え続け、水路との合流付近の実績スポットまで降りていった。

ここではボラが跳ねたりしてまだ釣れそうな空気が漂っていた。
だが、底を狙うこの釣りではしゃれにならないほど根掛りが多く、何とか外していたがついにリーダーごと切れてしまった・・・・。
こんな場所は良く釣れる場所なんだがアタリもないのであきらめて引き返すことに。

やはり冬は甘くない・・・この寒空。釣れないよなぁ。隅田川ならまだ釣れるかなぁ。

と、色々と考えながら川岸を歩き、ふとなんかこの辺釣れそう・・・と今まで全く実績の無い何の変哲も無いポイントでルアーを投げてみた。

ルアーは冬の定番であり、どんな時でも切り札に使うローリングベイト。

とりあえず、なぜかものすごい集中して底を取り、足元のブレイクを丹念に攻める。

3投目、ルアーを底まで沈め、巻いては沈めるリフトアンドフォールで手前まで引いてくるとちょうどブレイクの中盤でゴミがかかったような引き、
うん?なんだ?引いてる?魚?魚~~~!

な感じのヒット。
ファイトも鯉のようなすごい重い引き。
あまり走らずその場で暴れているようなファイトで岸へ引きずり揚げる。

何だこれ?シーバス?太!!
真冬の極太シーバス画像1
横幅がヤバイ・・・。

ヒラスズキ?顔つきがなんかカッコいい。
真冬のシーバスローリングベイトでゲット画像
このお腹は卵だよな?

こんな魚体のシーバス見たことが無い!
今の時期にプリスポーンのシーバスがまだ川に残っていたのか!

それにしても寒いからって引きこもってる場合じゃないね。
こんなすごいシーバスが釣れるんだから。

今年初シーバスに満足な一日でした。

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-シーバス
-,

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.