エサ釣り

淡路島で初夏の釣りを楽しむ

投稿日:

夏といえばキス!キスを釣りに淡路島へ行ってきたのでそのレポートを書いていく。

朝マズメはライトショアジギング&エギング

朝3時に起きて出発したけど到着時には少し明るくなり始めてる感じ。この時期は夜明けが早い!

先行者がいて、ライトゲームをやっているようだったがナイスサイズのメバルをゲットしていた。

早速準備してエギング開始。潮が少しにごり気味で流れが速く無茶苦茶釣りにくい。気配が無いのですぐに諦めてライトショアジギに切り替え。小型のメタルジグでサバかシーバスかなんか当たればいいと思ってやってみるが反応はない。

だいぶ明るくなってきて水中が見やすくなってきたがベイトはスズメダイがたくさんいるぐらいでイワシやらの食いやすそうな小魚があまりいない。

淡路島の漁港イメージ

底の方にガシラでもいないかとライトワインドに切り替えて探ってみるといきなりヒット?なんかゴミがかかったのかと思うほど小さなサバが釣れた。
サバ
ライトゲームをやっている人もこの小さなサバがよく釣れているようである。

ここまで小さなサバだと流石に食ってもしょうがないので狙わず朝マズメを諦める。一応チヌとシーバスの魚影は見かけたがすぐどこかへ行ってしまいボイルも皆無。完全に朝マズメを外した感がある。

バス釣りに行ってみる

淡路島は最強の島で、海ではいろいろな魚が釣れるし、無数にある野池へ行けばバスや雷魚が釣り放題。

完全に朝マズメを逃してしまって淡路島行かんかったら良かった!須磨の海釣り公園ででかい青物上がってるし、平磯海釣り公園でもでかいアオリイカとか青物上がってるやん!垂水周辺が今いちばん釣れるのわかっててなんでわざわざ淡路島来てしもたんや!
って気分を切り替えるためにバス釣りをすることにしたのだ。

前回40アップが連発したダム湖へ。

ここは多分50センチがいるので50UP釣って今日はバス釣りに来たことにしようという魂胆。

着いてとりあえずノーシンカーのスイミングワームを投げて様子を見る。

水が無茶苦茶クリアで底まで見える。

いつもいる場所にワームを沈めてみるとバスがスクールしてきた!25〜40UPぐらいのバスが10匹ぐらい集団で来たのでワームで誘うと一番ちっちゃいバスが先に食いやがった。ぐぬぬ今合せたら明らかに群れが散ってこの小さな魚しかゲットできない…吐き出してくれんかな?

としばらく放置して吐き出すのを待ったけど食ったまま沖へ走り出したので諦めて合わせ!しかし乗らない!なんでや!

そして群れは散ってどこかへ行ってしまった。

と思ったら何故かでかいやつが足元に残っていたのでワームで誘ってみたが食わない。さっきので警戒モードに入ったか、もともと食わないやつだったか。

スモラバに変えてみてこいつを何とか釣ったろうと頑張ったが見向きもせずに最終的にどっかへ行ってしまう。ちょっとあまりにも魚が見えすぎてて逆にやりづらい感じがする・・・。ということでちょっとポイントから距離をおいてスモラバを投げて底でちょいちょいやってたら重くなってヒット!
バスイメージ
なんか一応釣れたけど今日見た中では一番ちっちゃいバスやな…。

7時ぐらいになって人がめっちゃ増えてきた。この池、いつも昼間しかきたことなかったから、人いたことなかったけど朝は結構人来る場所なんだな。

インレットとかシェイドとか行ってみたけど見えバス全部すれまくりなので釣れる気が全く起きず、バス釣り終了。

漁港でキス釣り!

今日はバス釣りに来たわけじゃないんだよ!メインはキス釣りなんだよ!と気持ちを切り替えて釣具屋さんへゴー!チョイ投げ仕掛けと石ゴカイをゲットして漁港へ。

タコエギを投げてみてタコいるかな?と探ってみたが一瞬で根掛かりした…ガッデム!

漁港の水中を見てみるとイワシやらキビレやらチヌやらカマスの稚魚やらコッパグレやらが無数にいる。ぶっちゃけそのへんの水族館以上にいろんな魚が見放題や。
洲本漁港
これはジグサビキやったら釣れるやろ!ってジグサビキを投げてみるも寄ってくるだけで何も釣れず。真っ昼間はジグサビキはダメっぽい。

ってことで素直にキス釣りを開始。

すぐに釣れる。これがキス釣りの素晴らしいところ。
キス釣りイメージ
すぐに釣れるし、むっちゃ釣れる。いくらでも釣れる。ただ、エサつけるのめんどくさい。

投げたらすぐ釣れるから餌つけてる時間のほうが長いぐらいに感じる。キス釣りしてるのか石ゴカイを針に付ける作業をしてるのかわからん…。

釣れるキスはサイズがむっちゃ小さくて引きもほとんど無い…。でもめっちゃ釣れる。この時期が多分ベストで後1ヶ月もするとクサフグとチャリコの猛攻が始まってキス釣りなのか外道釣りなのかわからなくなるからキス釣りをしたい人は今がチャンス!

って感じでひたすら石ゴカイを針に取り付ける作業をし続け、キスを釣りまくる。

10匹釣った頃、風が強くなってきてもはや防風レベルに到達…。真正面から防風を受けて竿がなびくのでアタリが全くわからん…。灯台の影に隠れて釣りをしてもやっぱり風強すぎて無理・・・。仕掛けが流されて変なブイに引っかかって仕掛け持って行かれるしやってられないので午後2時過ぎ終了。

キス釣りの仕掛けに一回だけなんか超強烈な引きがあったけど針が伸ばされて釣れんかった。何だったんだろうか?化物サイズのキスだったのかもしれないし、他のなにかだったのかもしれないがお手軽チョイ投げ仕掛けでは取れんねぇ・・・。

帰りに直売所で規格外の玉ねぎを山程(2キロぐらい入って190円)買って帰りましたとさ。

参考キスを投げ釣りで狙う基本的な釣り方

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

クーラーボックスは美味しく魚をいただくためには必須アイテムなのではないだろうかと思い、少しクーラーボックスについてご紹介する。 クーラーボックスと言っても簡易保冷バッグから真空6面パネルまで様々なラン ...

2

オクトパッシングとはタコをルアーで釣るつりのことだ。 今回はこのタコ釣り、オクトパッシング(オクトパス+フィッシングの造語)についてまとめてみる。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツ ...

3

2018年にフルモデルチェンジされたダイワのスピニングリールのフラッグシップモデル、イグジストを買ってみたのでインプレッション記事を書いてみよう。 公式サイトEXIST(イグジスト) | DAIWA ...

4

ライントラブルは釣りをしていて最も厄介な問題の一つだ。 ほどくのに時間がとられるし、再起不能になれば釣り自体がそこで終了してしまう。 こんな状況に陥らないためにライントラブルを防ぐ方法をいくつか紹介す ...

5

釣りはアウトドアなので常に雨にあう危険性がある。また船釣りなどでは波しぶきが掛かったりするのでレインウェア(別名レインコートまたはカッパ)というのは釣りの必需品のひとつだと思われる。 今回はそんな釣り ...

-エサ釣り

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2018 AllRights Reserved.