ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

管理釣りトラウト

管釣りシーズン開始!フィッシュオン王禅寺にてトラウト大量ゲット!

投稿日:

王禅寺外観
冬と言えば管釣り!
自然界の魚は釣りづらくなってきたので大好きな川崎市のフィッシュオン王禅寺へ行ってきた。
(この管理釣り場には東電だった頃からかれこれ10年はお世話になっている。昔はタイリクスズキも釣れた)

最初から激熱!

新梅田シティーのバス乗り場から深夜バスに乗り込み約10時間かけて新宿到着。3列シートでゆったりだけどなんか眠いまま新百合ヶ丘まで寝ながらワープ。
さらにバスに乗り込みはるばる来たぜ王禅寺!
関西にもこんな管理釣り場があればいいのになぁ。。朽木は良さそうなので今度行ってみようっと。

入漁料を支払い釣り開始。
島回りが釣れていたので島のところでやることに。まだシーズン序盤だからか平日だからかぎっしりとはいかないくらいの人の入り具合。

ロッドがパックロッドでバス用のライトロッド。
管釣りタックルとしてはかなり固い。
スプーンは扱いづらいと判断してクランクメインでやることに。

最初からグネグネ系のクランクを使う。
なんか作ってる会社がいろいろ変わって今はザンムという名前になったツブアンのハイフロートバージョン。
表層ぎりぎりをゆっくり巻いてみる。

この管理釣り場はニジマスがメインの管理釣り場なのだが水質はマッディー。そのため魚のレンジはいつも表層。この管理釣り場のヒットゾーンはほとんどの場合、トップか表層直下なのである。

めっちゃ当たる。
これは釣れるで!

と思ったがアタリだけ明確で乗りが悪いみたいなのでちょっと下のレンジを攻めることのできる通常版つぶあんでやってみるといきなりゲット!
ツブアンでゲット
楽しすぎ!

まったく状況とか見ずに来たけど昨日あったかくなって今日水温が安定して食いが良くなった初日っぽい。体感気温もあたたかくライトダウンのアウターを着ればまったく寒さを感じないレベル。
最高の日に来てしまったようで何のルアー投げてもとりあえず当たる。

ただ、ちゃんと乗らないのは微妙にずれがあるみたいだ。魚が食ってくる層が表層のちょっとしたの層でそこを攻めるとがっつり食う。
ほかのクランクを使ってみても層を一定のスピードで巻いた時にだけがっつり食う感じだった。なので浮かさず沈めずの超ゆっくり巻き。中々これが難しいのだがはまると楽しいぐらい連発する。

ルアーのカラーはそれほど偏りなくまんべんなく食ってきたが地味系の方が釣れ続くようだった。

スプーンはどうだろうと投げてみるとやはり表層を一定で巻けるタイプのスプーンで連発!
スプーンでもゲット
0.9グラムのスプーンではヒットするけど1.5グラムではアタリだけ。わかりやすい。レンジが合わないと活性が高くてもがっつり食わないということ。

2時間ほどやってほぼパターンがわかり、残りの1時間ほとんどずっとツブアンだけ投げていた。アタリがなくなったら管極のグネグネ系クランクを挟む形でずっと釣れ続け、結局3時間という短時間勝負でサイズは小さいものの30匹ゲット。
ツブアンディープダイバーでも

アタリの数は山ほどあり、バラシ10匹ほどあった。みんな元気でコンディションもよく楽しい釣りができた。

他の釣り人も私ほどは釣っていなかったがそれなりにコンスタントに上げている感じだった。(上手そうな人はもっと釣っている人もいた)

つくづく関西にこんな都心から電車とバスを乗り継いで40分くらいで行ける気軽な管理釣り場があったらなぁと感じる釣行であった。(関西の釣具店の管釣りコーナーの力の入って無さは悲しい・・・)

おすすめ記事

1

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-管理釣りトラウト

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.