ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

ショッピング

ダイソーデラクー?DAISOから新作スピンテール発売!【100均】

投稿日:2021/10/01 更新日:

ダイソーデラクー?DAISOから新作スピンテール発売!【100均】
どうも、ダイソーの釣具コーナーをこよなく愛する釣活です。

今回、ダイソーの店頭で新作スピンテールを発見したので購入してレビューしてみます。

ダイソーデラクー?

SNSを見ているとジャッカルのデラクーにそっくりということでダイソーデラクーと呼ばれているようです。

デラクーについてはこちらから↓

確かに雰囲気が似てますね。でもスピンテールって基本こんな感じの形なのでデラクーをモデルに作られたのかどうかは疑問ではあります。

サイズは7グラムと10グラムを発見

ダイソー鉄板バイブレーションみたいに今後サイズが増えていく可能性はありますが現状7グラムと10グラムを確認できました。

パッケージには青物・シーバス・クロダイ・ヒラメが対象魚として書かれていますが7グラム、10グラムでは正直かなり厳しいと思います。幼魚クラスならなんとか使えるかもしれませんが成魚を狙うには厳しいサイズ展開でしょう…。
通常青物やシーバスを狙うスピンテールジグは20グラム以上となることが多いですね。飛距離的にそれ以下だと厳しいポイントが多いですし、沈むのも遅くなって手返しが悪くなります。フックも大型青物には耐えられないと思われます。

私の想定する対象魚は青物は40センチまでの幼魚クラスかサバやアジの最大サイズ。シーバスは40センチぐらいのセイゴと呼ばれるサイズぐらい。チヌはスピンテールで狙って釣るのは難しいと思います。
ソルトなら他に根魚、カマス、メッキアジなんかは対象としてバッチリだろうと想像できます。

淡水用としてはかなり使えそう

パッケージには淡水の対象魚が下にブラックバスとだけ書かれていますがどちらかと言うとダイソーデラクーと呼ばれているように、このサイズならメインの対象魚はブラックバスだと思います。私はブラックバス用に購入しました。
スピンテールは数釣りでは最強クラスのルアーですし、大物も釣れる万能ルアーです。私も琵琶湖では相当スピンテールを使っていますがいい魚をよく釣っています。ナマズやらブルーギルもよく釣れる対象魚ですね。

パッケージ出して即使うよりアレンジが欲しい

針をチェックしましたがしっかり尖っていて刺さりには問題なさそうですがよく見るとフックの角度がばらついているようでペンチで曲げて調節したほうが良さそうです。


他、形もバリが残っているものがあったり、塗装がなんか汚い物がありますので気になる人は少し自分でいじった方が良いかもしれません。ウロコシールを貼ってみたり、アワビシートを貼ってみたりするのも良いでしょう。

あと、フックが一つしかついていませんが、現在のスピンテールは基本的にブレードにもフックが付いています。なぜかと言うとブレードに食いついていくる魚がいるというのもありますがフックが一つだと猛烈にバラしやすいというのがあります。スピンテールがフック1つの場合だと2匹に1匹はバラすと言ってもいいぐらいバレます。
なのでブレード側にもダブルフックを装着するなどのカスタムが必要でしょう。

まとめ

スピンテールファンの私としてはダイソーからスピンテールが出て最高に嬉しいのが正直な感想です。
安物のスピンテールジグのスイベルはいいモノではなかったりしますがこのダイソーの商品はちゃんとボールベアリングスイベルで回してみましたが悪くない回転でした。どう見ても100円の質ではなく、確実に釣れる商品と言って良いでしょう。

今秋シーズンのバスフィッシング、海ではサバゲー、メッキゲーム、などの小物釣りが楽しくなりそうです。

追記:使ってみた感想

実際に近所の川で投げてみた感想だが安定性がとても高く、想像通り非常に優秀。食い気のある魚さえいれば確実に釣れると思うレベルだろう。

少し気になるところとしてはフックがボディーに絡みやすいところか。それでも100円の商品とは思えない出来でこれは買いで間違いない。

-ショッピング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2021 AllRights Reserved.