ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

シーバス

シーバスシーズンはまだか!

投稿日:2015/09/29 更新日:

どうも!釣活くんです!福山さん結婚おめでとうございます!長崎好きの私としては嬉しいことです。

今回は毎年この時期になると武庫川周辺にシーバスが集まってきてパワフルなファイトを楽しめるシーズンになるのでちょっと様子を見に行ってみた。

武庫川最下流はチヌだらけ

武庫川イメージ
暗くなるまでちょっと色々回ってポイントの様子を見に行ってみたのだが武庫川最下流エリアはキビレと真チヌが混ざって大量に遊泳していた。今回はシーバス狙いなのでパスしたが夜にチニングしたら楽しいことになりそう。

シーバスは夜スタート

武庫川河口の橋周辺の明るい場所を狙うのがセオリーなので満潮の19時ぐらいに行ってみると水がいつも以上に満ちていて釣りする場所がちょっと浸水気味。。。でもギリギリ釣り出来そうだったのでスタート。

先行者が2人ほどいる。

今回はバス用のベイトタックルでやってみるがここでミス発覚・・・タックルボックスを間違えてタチウオワインド用のボックスを持ってきてしまう・・・。取りに帰るのめんどくさいなあと思ったら唯一まともなアスリートミノーが入っていたのでそれを使うことに。

たった1つのルアーだけで戦うのはあまりに無謀な気もするがアスリートミノーは万能最強ミノーなので信じて投げる。

色々やってみるがどうもボラしかいない感じがするのでちょっと水位が普通ぐらいになるまで運河の小場所を狙うことにした。尼崎のドブ川みたいな運河へ。この運河も橋がらみの明るい場所を狙うとよく釣れる。

適当に釣れるかなーと実績とかあんまりないところから開始。よく釣れるところはあとからのお楽しみ。

普通にアスリートミノーを投げて足元にある明暗に入った瞬間ガツン!バシャバシャバシャ!!!シーバスが食ってきた。

足元だったのでほとんど引きとかそんなのどうでもいい感じでランディング体勢。ネットを準備しているとまたバシャバシャ!フックアウト!オートリリース!55センチぐらいはあったと思う。

いや、ちょっと強引に行き過ぎた感があったのは否めない。あれはクラッチ切って少し遊ばせて体力使わせてから十分静かにして取り込みすべきだったな・・・。

でもこんな特に期待してないポイントで食ってくるってことは運河いい感じなのか?と思ったが、この後はもう全然食ってこない。とっておきのポイントですらワンバイト明確なアタリが来たものの乗せることも出来ないアタリが一発あったのみ。

何かが少しだけ足りない感じがする。
おそらくレンジが微妙に違う感じがしていたもののアスリートミノー一本ではどうにも出来ず武庫川へ戻る。

そしてねがかってアスリートミノーを失い釣り終了。武庫川で出会った釣人も1本バラしたとのこと。

まだ尼崎周辺のシーバスは全開モードでは無い感じがするが徐々に秋が深まり釣れるようになってきているような気配はしてきた。次の大潮辺りで武庫川ランカーをゲットと行きたいものだ。

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-シーバス

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.