釣りサイト「釣活」ブログ

チニングでのトップウォーターゲーム

チニングでのトップウォーターゲーム
クロダイのトップウォーターゲームは2004年くらいからジワジワと人気の出てきた釣り方で、クロダイがシャローに定位する5月~11月くらいまではコンスタントに釣果を得ることの出来る釣り方である。

基本的にクロダイの意識がベイトフィッシュにいっている時に非常に効果のある釣り方であるが、このページではそんなトップでのクロダイ攻略について詳しく紹介していこう。


時間帯・タイミング

チヌをトップで釣ろうと思うと一番確率が高いのは朝マズメ朝マズメは非常にチヌの活性が高くトップに出やすい時間帯となるので、どうしてもチヌをトップで釣りたいという時は夜明けの30分前ぐらいから釣りを開始するのをおすすめする。

特に朝マズメの潮位が低くなっているタイミングだとトップで釣れる確率はかなり上がる。

それ以外のタイミングでも場所によっては普通に釣れるが朝マズメよりはシビアでなかなかヒットに結びつきにくくなる。

ポイント

クロダイをトップで狙う場所についてだが、基本的に流れのあるシャローがいい。
流れのある場所には活性の高いクロダイが群れている確率が高いからだ。

例として挙げるとすれば、インレット(流れ込み)流れの当たるテトラ帯防波堤など。ベイトフィッシュが絡めばかなり状況は良くなる。

気をつけて欲しいのが足元に隠れる場所がある時は足元でも食ってくるということ。トップウォーターというルアーはかなり魚を引き寄せる力が強いのでかなり水深がある場所でも状況によっては飛び出してくる

防波堤のような縦のストラクチャーには、よくクロダイがつくので護岸沿いはかなりいいスポットである。

ただし、ベイトフィッシュがいない時や潮が止まっている時などは、クロダイが群れているのが目視できてもトップで釣る事は中々難しい・・・。
見えチヌがいてトップで釣れない時は、フォローにワームを落とし込むと食うことがあるのでイガイタイプのワームなどで攻めてみるのも有り。

トップが釣れないタイミングとは?

トップで釣りにくい時間帯は強風で底荒れしているような時。こういう時は中々シャローでチヌがうろついておらず居場所が掴みづらく、波があるのでトップが目立たずアピール力もダウン。

風が強く難しそうな時は風裏を狙うかおとなしくボトムを狙って手堅く釣っていくほうがよいだろう。

ルアーについて

チヌをトップで狙う時によく使うのがペンシルとポッパーだが、他にも金属のペラがついたスウィッシャーやジタバグなどのノイジーなどもよく釣れる。

ポッパーやノイジータイプの音が大きいルアーは広い場所から魚を集める力が強いがその反面すぐに飽きられてスれてしまいやすい。反応が悪くなっったなと思ったらナチュラルなペンシルを使ってフォローをするとあっさり口を使ったりするので様々なタイプのルアーを持っていくほうが良いだろう。

大きさについて

基本的に大きさはベイトフィッシュに合わせたサイズが食わせやすいがお腹をすかせているチヌはかなり大きなルアーでも獰猛に襲いかかってくることがあるためアピール力や飛距離を重視して大型のルアーを使うのをおすすめしたい。反応があっても食い切らない時に小型のタイプに切り替えて食わせる。
また、居場所が明確な場合はスれさせないために小さなタイプのルアーを使ったりもする。

カラーについて

カラーは見やすいカラーがおすすめ。ルアーがどこにあるか見失ってしまっては反応を確認できなくなってしまうし、ルアーにラインが絡んで動きが死んでる時にすぐに回収する必要があるからである。

おすすめは蛍光オレンジや蛍光ピンク、イエローなどの原色系。目立つルアーでチヌの反応を確かめて反応が悪ければ色をナチュラル系に変えるなどすることが多い。移動しながら釣りをする時はずっとオレンジを使ったりする。

トップでのチヌの釣り方

ポッパーの使い方

トップウォーターの操作法で重要なのが食わせの間を与えてやること。

ロッドアクションでチョンチョンとルアーを動かし、必ずラインにたるみを作ること。ラインがたるめば魚が食ってきた時に吸い込まれやすくなるからだ。ラインが張っていると食ってきても、全く口に入っていかないためほとんど乗らない。

ルアーを通すコースについてだが、クロダイが潜んでそうなポイントを見つけたらそのポイントの沖にキャストしてルアーを通す。
ピンスポットの攻略図
ポイントに直撃しても警戒して食ってこないか、追ってくるものの食うタイミングが無いため足元で引き返してゆくことになる。食わせる場所まで計算しないとバイトに持ち込めないのである。

基本的に昼間はルアーを見切られないようにポーズはとらず連続したアクションで攻めるが、逆に夜は魚がルアーを見切りにくく、止めておいた方が乗りは良くなるのでポーズは長めにとるのがよい。

ポッパーの操作法

ポッパーはルアーにカップがついているため、スプラッシュ(水しぶき)を起こしやすい。この水しぶきは魚の活性を上げるのに役に立ち、ルアーの大きさに対して非常に大きくアピールできる。

音が大きければ大きいほどアピール出来ていいだろうと思うかもしれないがナチュラルさを重視した方が食わせることが出来る。あまり大きすぎる音は逆効果となる場合もある。

ポッパーのメリットは移動距離を抑えることが出来ると言うところで、ピンスポットを長く攻めることが出来る。ネチネチと首を振らせて魚を引きずり出すというテクニックで攻めることが出来るのがポッパーの良さでバイトも他のトップよりも乗せやすい。

ペンシルベイトの使い方

ペンシルベイトは非常にナチュラルなシュルエットで投げて流すだけでも釣れるルアーである。警戒心が強いと思われる状況などではペンシルベイトに分がある。

あとはペンシルベイトのほうが広範囲を手っ取り早く攻めることが出来るところがメリット。駆け上がりが続くエリアを短時間でテンポよく釣っていく場合などはペンシルベイトの出番となる。

スウィッシャーの使い方

スウィッシャーはプロペラのついたルアーである。

プロペラは魚の活性を上げる音を出すことが出来る。なぜあんなキュルキュルとかシャラシャラしたプロペラ音で活性が上がるのかは不明だが、釣れるのは間違いない。ボイルしている状況には最強かもしれない。

前後にプロペラのついたモデルと後ろにしかついていないモデルがあるが、ただ巻きのときは前後についていた方が安定して引くことが出来る。

後にしかプロペラが無いモデルは、移動距離を少なくしたアクションが得意なためピンポイントを攻略できる。

おすすめトップウォータールアー紹介

RAポップ(ジャクソン)

RAポップ

元祖チヌ用ポッパーと言ってもいいぐらいチヌ用のポッパーといえばこれという商品。移動距離も少なくチヌのバイトを弾きづらい作りでよく釣れる。チヌ以外にもシーバスもよく釣れる。

by カエレバ

BABY POP-X(メガバス)

ポップX

バス用でも大人気のポップX。チヌ用でも実績は確かで非常によく使われているポッパーの一つ。サイズは小さいがスプラッシュや音は大きくアピール力は高い。

by カエレバ

シルバーポップ60(デュエル)

シルバーポップ

ソルトルアーの老舗であるデュエルから出たチヌ用ポッパー。このポッパーは軽快な首振りを売りにしているタイプで移動距離によるリアクションバイトを拾っていくルアー。通常の移動距離を抑えたポッパーとの使い分けで釣っていく。

by カエレバ

ライズポップ65(シマノ)

ライズポップ

シマノのチヌルアーシリーズである「ブレニアス」ブランドから出ているポッパー。飛距離、動かしやすさなどにこだわった設計によりアングラーの操作に忠実に動く初心者向きルアー。

by カエレバ

シルバーウルフ チニングペンシル(ダイワ)

ダイワペンシル

細身のシルエットでボリューム感を抑えているため食いやすい。ラトルサウンドでチヌを誘うタイプ。

by カエレバ

ザブラフェイキードッグ(ジップベイツ)

ザブラフェイキードッグ

ファットなタイプのペンシルで小回りタイプのドッグウォークが得意。チヌもよく釣れるがメッキなど他のソルトゲームにも最適。

by カエレバ

プガチョフコブラ60(アイマ)

プガチョフコブラ

アイマの小型ペンシルベイト。クロダイ用に開発されカラーリングなどこだわりのラインナップになっている。動きは控えめでノリ重視。

by カエレバ

スーパースクープ(ヘドン)

by カエレバ

大型のペンシルは食わせの力こそ弱いがアピール力は非常に強く、広範囲のチヌを寄せる力がある。最近は威嚇や縄張り争いでルアーに襲いかかる事がわかって来ていて明らかに口に入らないサイズのルアーでも食ってくる。

ガニッシュ(ラッキークラフト)

ラッキークラフトのガニッシュはペンシルベイトに近い外見であるが口には小さなカップが搭載されており、スプラッシュを発生させることが出来るためアピール力が高い。ポッパーとペンシルのいいとこ取りなルアーと言える。淀川では非常に実績が高いルアーだ。

チヌのトップゲームまとめ

チヌはトップ以外でも釣れる魚であるが、トップで釣ると興奮度が非常に高く、とても面白いので非常におすすめ。

チヌトップの魅力は目でバイトが見えるということだけでなく、魚のサイズが大型サイズ中心となることもメリットの一つ。底ズルのチヌゲームだと小型が多く反応する事があるが、トップの釣りだと40センチ以上の大型のチヌが中心となる事が多い。

おそらく大型の個体ほど底の虫餌ではなく、表層付近の小魚を好んで食べているためだと考えられる。

是非ともこのページを参考にしてトップウォーターで大型のチヌをゲットして欲しい。

おすすめ記事

1

皆さんはUber Eats(ウーバーイーツ)というサービスをご存知だろうか? Uber Eatsは簡単に言うと出前で、GPSを使ってどこへでも出前を運んでもらえたり、これまで出前をやっていなかったよう ...

2

メッキというのは1メートルを超える巨大な魚、ジャイアントトレバリー(GT)の子どものことでロウニンアジやギンガメアジの子どもの総称である。 一般的に秋ごろから初冬ぐらいまで日本各地で釣れる。基本的に南 ...

3

クーラーボックスは美味しく魚をいただくためには必須アイテムなのではないだろうかと思い、少しクーラーボックスについてご紹介する。 クーラーボックスと言っても簡易保冷バッグから真空6面パネルまで様々なラン ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

投稿日:2019/01/25 更新日:

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2019 AllRights Reserved.