ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

エギング メバリング

神戸釣り巡り

投稿日:

後輩が関東から遊びに来たので神戸釣り巡りに行ってみた。

根魚狙い→エギング→クロダイという流れで行ってみたのだがどのような結果になったのか?

まずは根魚

夕方から開始だったのでまずは根魚狙い。
この時期、ガシラはものすごい勢いで釣れていてまず外すことはないという理由から最初にとりあえず坊主のがれ。
ちなみに武庫川一文字でもガシラが今爆釣モードで毎日大量に水揚げされているのに一向に減少の兆しが見えない。
http://www.amagyo.com/chouka.htm
大阪湾のガシラは異常発生してるのか?

着いてテトラに落としこむ。
予想に反して落としただけでは食ってこない。いつもなら底につくまでに食ってくるのだが。

それでも底まで沈めてちょいちょいやってたらグググ!と引き込まれガシラゲット!
ガシラ

ワームは丈夫でアピール力の高いメバルジャバラベイトを使ってみる。ワームはすぐにボロボロにされるので経済的に優しい壊れないワームを使うのがこの釣りの鉄則。

この日は小潮で更に干潮間近だったことが原因か?夕まずめで外に出て行ったのかテトラの穴にはガシラやメバルが少なめでいつものようにぽんぽんは上がらない。

根がかりでジャバラベイト無くなるトラブル発生でしょうがなくフィッシングショーで貰ったワームを使ってみるが普通に釣れる。普通に釣れるけどすぐボロボロになる・・・付替えが面倒だ。。。
ちっちゃいガシラ
ガシラ
ソイゲット画像
それでも小さいものを含めると軽く10匹程度ゲットできて後輩も数匹ゲット出来たので十分と判断してアジュールに移動。

エギング開始

日が沈んで潮が上げに変わったタイミングでエギングを開始。

アタリがない。

潮はそれなりに動いているようなのだがそう簡単に春イカは釣れないようで周りには相当な数のエギンガーがいたのにもかかわらず3時間ほど粘ったものの誰も釣っている気配が無かった。

やっぱり小潮ではそんなに動きまわってエサを追わないのか?
電気ウキを付けて鯖を狙っていたエサ師の人々にも特に何かが釣れている気配というものが無く平和な堤防だった。

最後にいつもチヌが釣れる場所へ寄ってみるもいつものような風が無く水面も穏やかで魚の気配が感じられず根がかりばかりで終了。

全体として潮が微妙過ぎるという感じだった。

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-エギング, メバリング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.