ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

エギング エサ釣り

深日漁港でエギングとSLCGでキス釣り!

投稿日:2015/06/12 更新日:

深日漁港
今日は梅雨なのに梅雨っぽくないめっちゃ暑い日だったが釣りに行ってきたのでレポート。

前回に引き続き後輩と今回は泉南地域で有名な深日漁港へエギングアンドキス釣りをやってみた。

エギング開始

高速道路で1時間ちょっと走るとあっという間にほぼ和歌山県という場所に位置する深日漁港へ到着。(途中で釣具屋へよってから)

まずはエギング!と意気込んで昼前に釣り開始。人は数人先行している人がいた。

潮はちょうど上げ潮に入ったところといった割とちょうどいい時間帯。

早速準備を済ませて墨跡がドーンとある場所でエギを投げる。

一投目は軽く投げて、水深とか状況を探る。

それほど水深は深く無さそうで手前に海藻が多い。ベイトも手前にかなりいる。
手前にいる可能性があるなと思いながらエギをしゃくってくる。

エギが目視できる距離に来てイカはついてきてないかな?と思ってみたら横からイカが寄ってきた。目測でキロくらいのナイスサイズ。

止めてフォールを入れて抱かせる。近づいてきたイカはそのままエギにアタック。触腕でタッチして様子を伺っているようだが合わせを入れればかかると判断して合わせる。
想像に反して掛からず・・・。

でもまだイカはそこにいたのでもう一度通す。食い気のあるイカなら何度でも乗ってくるはず。

乗ってこない・・・エギがなんか動きがおかしい?壊れたか?

と思いエギをチェックしてみるとカンナ取れとる!
ガーン!
カンナが取れたエギ
多分合わせた時にイカの触腕にフッキングしてカンナが持って行かれたようだ・・・。まじかよ。。。エギ王Qは結構信頼度が高いエギなのに・・・やっぱり拾ったエギはダメだな!ちくしょー

というわけででかいイカを一投目で釣るチャンスを逃し、本当にへこむ。

しかし一投目でこれならまだいるんじゃないのか?と探す。

ちょっと歩くと海藻が伸びているところに小さめのアオリイカが浮いていた!まじかよ!こんな昼間にいきなり2杯めのイカ確認ってどんだけイカいるんだよ!

と超テンション上がりながら投げてみたが隣をダートさせてもあまり興味を持たず、そのまま沈んでいってしまった。完全にやる気のないイカだった。

これはワンちゃん(※ワンチャンスの略、大学生の間で頻繁に使われる)どころかメニちゃん(many a time chanceのこと、今作った)あるんちゃうんかい!

めっちゃ投げるエギ。全然ないバイト。

エギング終了。

こんな昼間のクソ暑い時間帯にシャローに上がってきてエサを追い回すわけがあれへん。チャンスが有るとしたらさっきみたいな上げっぱなの潮が動き始めたタイミングか風がふいて海が荒れ始めるタイミングくらいやろう。
本当に一投目のワンチャンスが全てだったのを悔やんでも悔やみきれない。まさかエギ王Qが壊れるなんて日頃の行いが悪かったからかもしれないと、釣り場にあった誰かのゴミを数点拾っておいた。

俺の中のジンクスで釣り場のゴミを拾うと何故か釣れるというのがあって、大体毎回何か拾っている。全部じゃなくて拾えるだけでいいと思う。たまにラインを引っ張ってるとルアーがついていて超ラッキーな気分を味わえるのも嬉しい。逆にゴミを捨てる奴はライントラブル地獄に落ちると思ってる。

暑すぎて集中もできんし、こんな時はSLCGや!何それ?ってなんかスーパーライトキャスティングゲームの略らしい。それもわからない?いわゆるチョイ投げのこと。チョイ投げをかっこいい言い方にして流行らそうとしている業界の戦略でチョイ投げがSLCGと呼ばれているみたい。乗っかってみたけどなんかイメージわかんからチョイ投げでいいやんって思うよな。

チョイ投げ開始

既に後輩はチョイ投げを開始していて様子を見るとベラとハゼが釣れたとのこと。

これだけ暑けりゃキスも釣れるだろ?ってわけで堤防の先端へ移動してキス釣りしてみる。エギングロッドはチョイ投げには最適なロッドでアタリも取りやすくほんとに便利。
参考:キスの釣り方

開始している場所を探る。
堤防の内側は全くアタリ無しなので外側へ投げるとアタリ。

中々乗らないアタリばかりだが後輩の方にヒット。25センチぐらいある巨大キスが釣れていた・・・あんなキス中々釣れんで・・・。

こっちにもヒット!だが引きは小さい・・・。ピンギスと呼ばれるちっちゃいキスであった。。。
ピンギス
その後も後輩はまた20センチオーバーのでかギスをゲットしていたが俺の方には釣れず、ちっちゃい魚がよく釣れる。外道でアジが釣れたりしてだいぶテンションが上がったり。
アジ
ベラ
ちゃりこ
ピンギス
釣れた魚の写真。

最終的に10匹程度のピンギスとちっちゃいハゼ数匹、ササノハベラ1匹、アジ20センチ1匹ゲットで終了。
後輩の新幹線の都合上16時にて閉店ガラガラ。

お持ち帰りの魚(2人分)
深日漁港の釣果

深日漁港での釣りまとめ

深日漁港は始めて来た場所だったが噂通りアオリイカの魚影はかなり濃く驚いた。エギンガーもその分多く、平日の昼間なのに堤防は7〜8人のエギンガーがエギを投げていた。まぁ昼間とあって誰も釣れている感じではなかったが夕まずめや夜にかけては誰か釣るかもしれない。

エギ以外にもキスのチョイ投げやアジングなんかも楽しめそうでなかなか良い漁港という感じだった。
今回は回っていないが近くにも結構アオリイカのポイントが多く、実績も高いようだ。
大阪から1時間ちょっとで来れるので時々行ってみようかなと思える場所だった。

おすすめ記事

1

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

2

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

釣りの時に何を持っていけばいいのかわかっているようで、時々「あれ持ってくるの忘れてた!」ってなることがたまにあるのでここで釣りに行く時に持って行く物リストをまとめておこう。 釣り全般で必要なものリスト ...

5

エサ取り名人として名高いカワハギ。 日本各地で釣ることが出来、釣り方も投げ釣りや胴付など初心者でも簡単な釣り方で狙うことが出来る。 専門のタックルも売られているが基本的にどんなタックルでも釣ることが出 ...

-エギング, エサ釣り

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2024 AllRights Reserved.