ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

エサ釣り

明石港で釣りをしてみた

投稿日:2015/11/06 更新日:

どうも!お昼ごはんは助六寿司、釣活くんです!おいなりさんが寿司で一番好きです。

今回は最近めっきり釣れなくなってきたので今年最後の淡路島で一花咲かせておこうと朝4時に出発でゴー!!

さあ高速に乗ってあとは南淡まであっという間だぜぇーと思ったらナビが

「交通状況に変更が発生しました」
「30キロ先通行止めです」

え?通行止め?え?迂回路は?

ちらっと横目で到着予想時刻を見たらさっきまで6時だったのが9時になっとる・・・
え?迂回して3時間かかるってどんなルートなん?てか通行止めの箇所どこ?

と思いつつ行けるとこまで行ってみることに。

そして最悪の案内表示発見!「明石大橋にて車火災により通行止め」うそやん!は?橋渡れんの?

・・・渡れませんでした。

午前3時40分頃に車が燃え出したらしいです。

そんなわけで予定変更でなんとなくエギング出来そうな明石港へ行ってみることに。

明石港到着

まだ真っ暗な明石港に到着してエギング開始。隣の人は1杯釣れたらしい。おるやん。頑張ろ。とシャクってみるがなんにも反応無し。

段々と夜が明けてきて時合かな?と思っているとちょっとしたナブラが起こる。ショアジギの人は数人いるけど誰もヒットせず。ナブラはさほど大きくなくすぐに沈む。
image
日も出てそろそろ釣れてもいい頃かな?と思っていたら隣の人が2杯目のアオリイカをゲット。いいなぁ。でもちょっとまだ小さい。

それからは誰も何も釣れないまま朝マズメは終わりを告げる。

エギングはちょっと諦めてメタルジグを投げてエソを狙う。この前怒り新党でエソの刺し身が美味いってのをやっていたのでちょっと食ってみたかったので。

ただ、何も釣れない・・・。ごくたまに大きめのイワシが何かに追われるのだが単発でメタルジグには反応しないようだ。

そんな中、隣でおじさんがエサ釣りを始めカワハギをあっという間に3枚ゲット。まぁまぁサイズで美味そうな感じだったのでこちらもガルプで狙ってみる。。。
ガシラ
ガシラゲット・・・。しかもリリースサイズ。最近やたらガシラが釣れる。もう根魚シーズンってことかもしれない・・・。

カワハギはいてガルプは食われるのだが針のところをうまくかわして食うという食い方なので全く釣れない。結構頑張ってみたがどうやってもつれないので諦める。漁港内を確認すると小さなメバルがたくさんいたのでこれからのシーズンメバリングが楽しいかもしれない。

明石港は初めて来た場所だったが足場が良くて釣りやすく潮通しもいいので潮さえ良ければもっと釣れてもいいと思う。次回投げ釣りでリベンジしたい。

神戸港にて延長戦

場所を移動し、神戸港へやってきて昼ご飯を食べて仮眠。延長戦へ体調を万全に整える。

そして釣り場へ移動してびっくり。赤潮大発生・・・。何やこれってレベルで真っ赤っ赤。

一瞬にして戦意喪失だけど一応やってみる。エギングとメタルジグ。無だった。

漁港の方を確認するとウミタナゴらしき魚はいるが誰も釣れていない。兵庫突堤に移動してみたが入る隙間が無いぐらい人がいて誰も釣れていない。夕方からのタチウオ待ちと言った感じ。

こりゃ厳しいわってことで家へ帰ることにした。

淡路で木っ端微塵になるなら本望だがなんかもやもやした感じになった釣り。潮が長潮だったってのもあると思うので次週確実にリベンジしたる!カワハギ用にアサリの剥き身を用意して淡路島へ行ってやる!

おすすめ記事

1

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

2

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

釣りの時に何を持っていけばいいのかわかっているようで、時々「あれ持ってくるの忘れてた!」ってなることがたまにあるのでここで釣りに行く時に持って行く物リストをまとめておこう。 釣り全般で必要なものリスト ...

5

エサ取り名人として名高いカワハギ。 日本各地で釣ることが出来、釣り方も投げ釣りや胴付など初心者でも簡単な釣り方で狙うことが出来る。 専門のタックルも売られているが基本的にどんなタックルでも釣ることが出 ...

-エサ釣り

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2024 AllRights Reserved.