おすすめ!ルアータチウオタックル

タチウオ大漁画像

タチウオおすすめロッド

タチウオのルアー釣りロッドはシーバスロッドエギングロッドショアジギングロッドなどの釣竿で代用できる。ただ、タチウオが一番釣れるルアーはワインドと呼ばれる仕掛けで、エギングのようにロッドをしゃくることによってルアーをダートさせて釣る方法が有名。

それを考えると、固めのシーバスロッドか柔らかめのエギングロッド辺りがタチウオのルアー釣りにピッタリと言える

メジャークラフト ソルパラ ワインド SPS-832MW
メジャークラフトのロッドにはワインド専用ロッドがいくつかラインナップされているがその中で一番安いのがこれ。ワインド専用ロッドとしては全メーカーの中でもこのロッドが一番安いかも。

ディアルーナはしゃきっとした竿なのでワインドにはぴったり。扱いやすいシーバスロッド。私もタチウオのメインロッドは2017年からディアルーナになっている。

ディアルーナ XR[DIALUNA XR](ベイトロッド)を使ってみたのでインプレッション!

シマノのシーバスロッド、ディアルーナXRのベイトロッドを購入して使ってみたのでインプレッションを書いてみる。 ディアルーナXRの基本情報 クラスを超える先進スペックを纏った『DIALUNA XR』。ブ ...

続きを見る

がまかつのワインド専用ロッド。元々チータはワインド用ロッドとして最高レベルだったがさらに洗練されたのがこのロッド。究極のワインドロッドがこれ。

タチウオおすすめリール

リールの方もシーバスやエギング用の物を代用してちょうどいい。大体2000番から3000番くらいのサイズのリールでちょうどバランスがよい。

ルアーにアクションを加えることを考えると軽く、トラブルの少ないリールがおすすめで、カーボン(炭素素材)で作られた軽量ボディーを持つリールが特におすすめ。

2018年にフルモデルチェンジしてLTコンセプトへ進化したハイコストパフォーマンスモデルリール。とにかく軽くて使いやすいオススメモデルである。

シマノのクイックレスポンスシリーズの中では比較的手の出しやすい価格のモデルではっきり言ってこれ以上のリールは不要と断言できるレベルで使いやすいリール。私も気に入ってタチウオのワインドにはこのリールを使っている。

ストラディックCI4+[STRADIC CI4+]を使ってみた【インプレ】

2016年のシマノの新作スピニングリールと言えばヴァンキッシュだと思うがそれと同じぐらい注目度の高いリールがストラディックCI4だと思う。 2015年にバイオマスターの後継機と言われるストラディックが ...

続きを見る

タチウオルアータックルにはPEライン

竿とリールが揃ったらライン!

ラインはPEラインのほうが直線強力がナイロンラインの4倍あり、伸びはナイロンの20パーセントに比べて2パーセントときわめて伸びにくい。だから感度が非常によく、細いラインが使えるため飛距離が抜群に稼げる。

ただし、根ずれに弱くタチウオの歯ですぐに切れるという注意点がある。
だから絶対にリーダーが必要で、結び方もしっかり覚えないとだめ。ノーネームノットという結び方がエギングやライトジギングなんかでよく使われて簡単なのでお勧め。

【おすすめPEライン】

リーダーの長さは色々と諸説があるが1ヒロあれば十分。ナイロンでもいいがより硬く切れづらいフロロカーボンのリーダーがおすすめ。

【おすすめリーダー】

タチウオは歯が鋭いのでフロロカーボンラインでも切られる時は切られるのでさらにこの先にワイヤーリーダーをつけてからルアーを結ぼう。

こういった10〜20センチのワイヤーリーダーなら扱いやすい。

ルアーで狙うタチウオ釣りメニュー

→ タチウオ関連ブログ

ルアー釣り入門

このページでは「釣活」の釣り入門コンテンツをまとめて紹介しています。ルアー釣り初心者から意外と基本的なことを忘れてしまったルアー釣り歴の長い方までごらんいただけると幸いです。 目次タックルについてウェ ...

続きを見る

おすすめ記事

1

釣りという趣味ははまる人ははまるがはまらない人ははまらない。 何が違うのか?それはわからない。 けれども私にとっての釣りは人生で一番興奮出来る遊びであり、どれだけやり続けても飽きることの無い究極の趣味 ...

2

日頃お世話になっている人が釣り人だったら釣り具を贈ると喜ばれるだろう。 私も釣り人なので釣り具を頂くと非常にうれしい。自分では買えないとか買わないだろうアイテムをもらうと正直うれしいものである。 ただ ...

3

一時間幸せになりたかったら、酒を飲みなさい・・・。永遠に幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。 中国のことわざより。 釣りを知らないことは人生の楽しみの半分を知らないことだ。 ヘドン氏の言葉より。

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

投稿日:2014/06/21 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2020 AllRights Reserved.