タチウオルアー釣り必須アイテム

タチウオ写真
タチウオ釣りをする時に持っておいたほうがよいアイテムをまとめたページ。
タチウオは歯がものすごいのでそれを踏まえたアイテムを持っておかなければ決定的に釣果が変わってくると言っても過言ではない・・・。

魚つかみ

魚つかみは大型のものが扱いやすくしっかりとつかむことが出来る。
安物のサビキ用だと大型のタチウオが釣れた場合かなり手間取ることになるし暴れて歯に触れると危険なのでがっちりと掴める大きな物をお薦めする。

タチウオは時合が重要なので釣れる時にどれだけ手返しよく釣るかがキモになる釣り。だからこそ大型の魚つかみは必須アイテムになってくる。
ワインドで釣れたタチウオ
写真のように首のところをがっちり持つ。

大型のプライヤー

タチウオを釣ったら怪我をせずに針を外すために必ず大型のプライヤーが必要になる。

小さなプライヤーでは下手すると歯に接触して怪我する。

あと、タチウオを素早く締めると暴れまわらないで針がはずしやすくなるので首元を魚つかみは抑え込み、首の部分の背骨をプライヤーでへし折るのが普通なのだが小さなプライヤーだと中々締めることができなくてまた手間がかかることになりかねない・・・。

ケミホタル

光に寄ってくるタチウオを狙うには非常に重要なアイテム。

群を手っ取り早く時合いが終わるまでに釣り尽くすためには目立ってなんぼなので必ず用意しておきたい。

仕掛けがどこにあるかわかりやすいというメリットもありタチウオ釣りには必須。

大きさはタチウオ用のものが売られているのでそのサイズで大丈夫。

ワームに差し込むタイプは一番小さなタイプを使うとピッタリはまる。

ワイヤーハリス

ワイヤーハリスもタチウオならではの必須アイテムで、鋭い歯でハリスを切ることが多く、仕掛けがいくつ有っても足りなくなる。

そのためワイヤーハリスもタチウオ釣りでは必須アイテムとなる。

注意事項はワイヤーハリスだと悔いが渋い時食ってこないことがあるということ。

そんな時のためにフロロカーボンのハリスも用意しておくとよい。また、アユ用のメタルハリスはフロロカーボン並に食いが落ちない上、強度も十分であるので最高のアイテムであるが非常に高価なのでどうしても釣りたい時に使うという感じ・・・。

あと注意が必要なのがPEラインのマーカーとして入っている白い部分に食いついてきてメインラインを切られる事があるということ。コントラストがはっきりする濃い色の付いたラインを使うとよく起こるので出来ればコントラストがはっきりしないピンクや白一色のPEラインを使うのがおすすめ。

キッチンばさみ

タチウオの骨は柔らかいのでキッチンばさみで切れる。

首もとの背骨を切れば活けじめ出来るので無駄に暴れさせてけがをするより先にしめてから針をゆっくり外すのもいいかもしれない。
もちろん大き過ぎてキッチンばさみでは無理な場合、ナイフで絞める。

ヘッドライト

これは言うまでもないが一応書いておく。
タチウオは夜釣りメインなので必ずヘッドライトが必要になる。
手元が暗いとどうしようもない。最悪携帯のライトなどでなんとかしようとするがヘッドライトがあるかどうかで釣果は変わる。

首からかけるタイプも手元を照らす時に無駄に水面を照らして魚を散らしたりしないのでお薦めする。手元だけ明るくしたい時もある。

ルアーで狙うタチウオ釣りメニュー

→ タチウオ関連ブログ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

秋は気候がよくて釣りがしやすく、魚も冬を前に荒食いを始めるシーズンということで釣りにおいて超ベストシーズンとなる季節である。そんな秋におすすめなルアーフィッシング対象魚を紹介してみよう。 この記事が気 ...

2

クーラーボックスは美味しく魚をいただくためには必須アイテムなのではないだろうかと思い、少しクーラーボックスについてご紹介する。 クーラーボックスと言っても簡易保冷バッグから真空6面パネルまで様々なラン ...

3

目次「ハゼクラ」とは?タックルについてハゼクラのロッドハゼクラ用のリールハゼクラ用のライン私のハゼクラタックルルアーについて腹のフックは無い方がいいかも時期によってはアシストフック必須ハゼクラでハゼを ...

4

2018年、ダイワとシマノの両社がスピニングリールのフラッグシップモデルを共にモデルチェンジして新発売となった。 このシマノのステラとダイワのイグジストを両方買って使って魚を釣ってみた結果、比較して感 ...

投稿日:2014/06/21 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2018 AllRights Reserved.