ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

ショアジギ

ライトショアジギで釣れないならショアエビングがいいと思う

投稿日:2015/10/02 更新日:

エビングってなんぞ?という人のために軽くエビングについて説明しておくと、天秤仕掛けの重りの部分をメタルジグにしてそのメタルジグで集めた魚を仕掛け部分の針につけたワームで食わせるというオフショアジギングで使われ始めている仕掛けのこと。

詳細は村越正海氏のサイトにて

このエビングをショアからでもやればいいんじゃない?と思ったので紹介してみる。

はじめになぜエビングが釣れるのか

エビングは天秤仕掛けにリーダーを取り付けたノーシンカーのワームを漂わせる釣りになる。色々な釣りをしているとわかるがこのリーダーによってフリーになり自然に漂う状態というのが必要になる場面がある。

例えばフカセ釣りなどはこの理論の極みでエサをコマセと同調させるために長いハリスを使い自然に漂わせる必要がある。

青物のショアジギングでも速く動くメタルジグを食ってくる場面もあれば自然に漂っているエサしか食わない場面もあるのでエビングがハマる場面は間違いなくある。

ワームの透明感がワームにしか出せないとか動きがナチュラルというのも大きな武器である。その為エビングが釣れる。

実は既に5年も前からやってる人がいた

ショアエビング釣法でフクラギGET

考えることはみんな同じで既に5年も前からやっている人がおられたようでこの方の釣り方を参考にさせてもらうことにしよう。

ライトショアエビングの基本的な仕掛け

ロッドとかリールとかラインとかについてはライトショアジギングの基礎知識のページで詳しく説明しているのでここでは省く。

天秤

あまり大きなものだと投げづらいのでキス用の天秤なんかがいいようだ。あまり細すぎるワイヤーだと大物がかかった時に曲げられる可能性もあるのでちゃんとしたものを選ぶ。上の商品のようなものだとメタルジグの可動域も大きくなりアピール力も高まるだろう。

メタルジグ

icon
icon
メタルジグは手持ちのメタルジグで良いが基本的にフックがあると仕掛けが絡む可能性が高まるのでフックは無いほうが良い。本家のエビングの方の説明でもメタルジグはコマセでフックは不要とある。
何が良いのか?だがメタルジグは基本的にどんなものでもある程度動くのでこの場合に関しては100均のメタルジグでもさほど問題は無いだろう。

リーダー

icon
icon
リーダーはフロロカーボンが良い。いろいろな理由があるがナイロンよりも屈折率が水に近いからと固くて擦れに強いからという理由。この場合はフロロカーボンリーダー一択になる。

icon
icon
フックは出来るだけ頑丈なフックを使う必要がある。伊勢尼針なら基本的にそう簡単には伸ばされたりしないだろうが思わぬ大物のヒットに備えて出来る限り頑丈な物を使うと良いだろう。
フックにスイバル(サルカン)などをつけたりして動きをよくする方法もあるのでためしてみるといいかもしれない。

ワーム

icon
icon
上に挙げたワームは本家が使っているワーム。元々ダーティング用に使われていたワームなので動きは非常に良い。使ったことがあるのだがはっきり言って固くてジグヘッドは超つけづらい。マスバリにちょん掛けなら楽だろう。硬い特殊素材なのでめちゃくちゃ針持ちがいい。青物などを狙うならこのワームがおすすめ。

他にもフラッシュJiconとかバス用の似たようなワームを使うのもよいと思われる。

青物以外でも通用するんじゃないのか?

エビングは青物狙いというイメージが強いがメタルジグで釣れる魚はたくさんいる。ちょっとここでショアエビングが

アジングでショアエビング

今、一番試したいのがアジング。

アジも厳密には青物なのだがアジ用のエビングを考察するとメタルジグは5〜7グラムまでの小さいメタルジグで天秤もハゼとかキス狙いの小さい天秤を使う。リーダーは1号程度のフロロカーボンラインで針はアジ針かチヌバリで良いだろう。付けるワームもアジング用のストレートワームで全く問題ない。

私が神戸でアジングをしていて難しすぎると感じるのが流れの早い時の釣りで神戸港は大型船が多いので深い場所は深すぎる。0.8グラムのジグヘッドでは本当に難易度の高い非効率な釣りになる場合があるがエビング仕様にすればそういう場所でも効率よく釣っていけるように感じる。

ブラックバスの場合

バス釣りでもエビングは使えると感じる。最近流行のマグナムスプーンの釣りであるがマグナムスプーンを重りに使ったエビングをすれば効率よく魚を拾っていける気がする。この場合はショアからはちょっと厳しいと思うので普通の船からの釣りになるが。

ヒラメ・マゴチの場合

ヒラメもショアジギングで釣れるのでこのショアエビングが通用すると感じる。基本的にヒラメを狙う釣りでこれほどワームを漂わせる釣りはあまり使われない上アピール力もショアジギ並みに高いのでかなり有効な釣り方だと思われる。

ショアエビングについてのまとめ

ショアエビングやってみたいなぁと思って調べたら思った以上にやっている人が多くて少し驚いたが予想通りちゃんと釣れていたので今度沖堤に渡ってショアエビングが本当に釣れるのかを試してみたいと思う。

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-ショアジギ

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.