釣りサイト「釣活」ブログ

ショアジギ

秋の淡路島で釣り満喫!防波堤からの釣果まとめ

投稿日:

秋の淡路島で釣り満喫!防波堤からの釣果まとめ

秋真っ盛り!ということで久しぶりに淡路島まで釣りに行ってきたレポートです。

朝4時出発

釣りに行きたいという友人を神戸で拾い、淡路島へ向かう。

南あわじ市に着いたのは6時ぐらいだったがちょうど明るくなり始めるタイミングでまさにベストというタイミングだったと思う。

防波堤へ向かい、潮の状況を見るがかなりの濁り…これは水潮を嫌うアオリイカには辛い状況か?青物も微妙かも…と思いつつ、さらっと準備していると隣のうまそうなルアーマンが早速タチウオをゲット。濁りの強い内向きでのゲットだった。

時合来とるなってことで同じような場所を狙っていると一投目から当たり有り!面白すぎる!

ナチュラル系を使っていたがしばらくアタリが遠のいたので派手な色に変えると一発でヒット!
久々のタチウオをゲット
小さいが久々のタチウオをゲットだぜ!

その後、ミノーよりもワインドのほうが効率いいと感じ、ワインドをセットして投げるも1シャクリ目でサックリ切られる…。ワイヤーもってきてないという最悪のミスでワインドが出来ずバイブレーションに変える。

すぐに2匹目のタチウオゲット。これはちょっとサイズアップ。指3.5本ぐらいの普通サイズだが結構いい引きを楽しめた。

このあとはアタリはあるもののなんか乗らなくなって徐々にアタリも無くなっていき時合終了。

友人はウキ釣りで1バラシ、タチウオゲッターで更にバラし、結局ちっちゃいエソ一匹…。

青物は予想通り回ってくる気配がなく、隣のうまそうな人もひたすらでかいルアーを投げ倒してるが特にヒット無く、周りでもエサ釣りの人がなんかでかいのをゲットしてるぐらいで朝マズメは終わる。

暇つぶしに足元にワームを落としてみたらアホほど簡単にガシラやらベラやらが釣れてくる。

友人がエソだけしか釣れずかわいそうなのでワームを貸してあげたらガシラ入れ食いで結構楽しんでくれた。フグが多いのでワームは普通の素材じゃなく、エラストマー素材のものを使ったほうが良いだろう。

このあとも濁りが強いし、釣れる気配もあまりないので大きく移動することにした。

洲本でブッコミ!巨大マゴチと青物が!

完全に朝マズメの終わった時間帯に超人気堤防へ行ってみるとちょうど帰り始めた人が多くていい感じの場所に入れた。

隣の人がそのタイミングで何かヒット。野次馬しに行ったらかなりでかいマゴチが釣れていた!恐らく60センチぐらいはあるグッドサイズ。アジを使ったノマセ釣りらしい。

よっしゃ飲ませ釣りやんぞ!ってことでサビキの準備をして釣り開始。

餌をまくと魚がわんさか集まる。ほとんどがスズメダイ…。アジが釣りたいんだけどなぁと思いつつ底まで沈めたらいきなりアジが釣れた!ラッキー。

それを友人に渡し、ぶっ込んでおいてもらう。なぜ自分でやらないのか?ウマズラハギがよってきたからである。私はウマズラハギの煮付けが魚の中で1、2を争う好物。
ウマズラハギゲット仕掛けを付けてウマズラハギを狙う。スズメダイ100に対してウマズラハギ3ぐらいの魚影の薄さだがなんとか4匹釣ることが出来た。
ウマズラハギ
(ウマヅラハギゲット仕掛けについては過去のブログ記事参照

このあと、スズメダイが増えすぎてウマズラハギを狙えなくなったので内側へ移動してアジを狙い、自分でもノマセをしようとする。

何匹かアジをゲットできたが内向きには、もっと楽しいターゲットがいるのがわかったタコである。サビキの網カゴにしがみついてかなり上まで上がってきたのが見えた!結構いいサイズで無茶苦茶テンションが上り、エギに付け替えタコが逃げた方へ沈める。

すぐに重くなるアタリ…そりゃ!と思い切り合わせて巻き上げたらタコが上がってくるのが見えた。いいサイズ!酢の物にして食ったろ!と思ったところで針が外れて海底へ消えていく…。ショック…マジでタコの酢の物すごい好きだからショックがでかい…。もはや天を仰ぐ以外ない…。

って感じでやる気を失いただ海を見つめるひとときを過ごしていると突然しょぼいボイルが始まる。魚のサイズ的にサバとかメッキレベルの小さい青物っぽかった。

何かわからんけど釣ったろってことでサビキを切ってジグサビキにして狙う。
淡路島のメッキ

早速メッキゲット。ルアーはライトワインドのフラッシュJの2インチ。

淡路島はこの時期メッキの宝庫なので多分メッキだと思ったけど。メッキの引きは小さいながら結構引くので楽しめる。朝マズメも終わった無の時間帯に普通に釣れてくれるのはとてもありがたい。

ノマセをやっている友人は足元に時々回ってくるシーバスを釣ろうとアジを足元に寄せて垂らしているがこの見えてるシーバスは泳がせでもそう簡単には食いつかない。相当気になるようでアジの周りをぐるぐる泳いでいるが食いつくこと無く消えていく。3回か4回回ってきたが結局食わなかった。

多分時間帯もあると思う。朝マズメとか夕マズメのチャンスタイムとかイワシが回ってきたりしたらスイッチが入って食いついたのだろうと思うが流石に日が高い潮もゆるいタイミングでは食わないらしい。
ちなみに堤防にいた別の人はシーバスをノマセでゲットしていたし、昼近くにツバスもノマセで釣っていた。釣る人は釣るらしい(釣り人は普通のウェイウェイ大学生)。釣りは奥が深い。

その後は昼もまわり、更に釣れなくなったので終了ということにした。

帰り道で明石海峡大橋を見ながら海鮮丼を食い、淡路島を満喫して帰宅。
海鮮丼
帰り道で天皇賞秋を見てアーモンドアイ、ダノンプレミアムの2頭軸三連複が当たり、大殺界にしては良い一日を堪能できたことに満足。

シマノ・6本継ぎ ロッド フリーゲーム
どこにでも持っていきたい万能パックロッド。

-ショアジギ

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2019 AllRights Reserved.