ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

シーバス

若洲海釣り公園にて

投稿日:2013/06/30 更新日:

若洲海釣り施設
今年は若洲にシーバスが集まってるらしいので行ってみた。
シーバスだけでなくチヌも良く釣れるらしいので関東のチヌを釣ってやろうと密かに思いながら・・・。


17時過ぎ現場着。

東側でつり開始するも風がやたら強い。
若洲の東側
結構強い波

真正面からの風でまともに波しぶきのかかるテトラではちょっとやりづらいということで少しだけ移動。

石畳の方へ。
恐竜橋の近くの釣り場
(ちなみにこの場所でふかせ釣りをしていたおじさんは40センチを超えるクロダイを2枚あげてました。見てるだけで2枚だからもっと釣ってたかもしれませんが。)

ここも結構風が当たってやりづらいがさっきよりはまし。

バイブレーションでやるが根掛りがひどい。レンジバイブを失うことになり、バイブレーションは終了。

シンキングミノーに変更してみる。普通に引いても当たらないのでジャークを入れる。
カン!と結構明確かつ小さなアタリがある。

ただ、乗るようなバイトじゃない・・・。多分小さい魚。ボラに当たっているのかもしれないというようなアタリ。

ルアーローテーションを繰り返さないとそのアタリもない。

段々とあたりが暗くなり、恐竜橋もライトアップされだした。
恐竜橋ライトアップ

やっぱり風が強いので移動。釣り公園のほうへ。

風がだいぶまし。ここなら釣りやすい。

根掛りするけどチヌもちょっと狙いたいということでジグヘッドワームにしてみる。
ジグヘッドワームはコスト的に根掛りダメージが若干マシ。

アタル。
なんかがアタルけど乗らない。シーバスだろう。恐らく小さい。もう乗らないサイズはしょうがない。

そんな時に同行のワッキーがまぁまぁサイズのシーバスゲット。奇形で尻尾が無かったけど普通に元気。シーバスって凄いな。

ヒットルアーはラパラCD9ってことで普通に釣れるみたい。

ワームでも釣れるだろうと続けて投げていると足元でヒット!一瞬のやり取りの末さらりと抜きあげられたのは30弱の子シーバス・・・。これか、さっきから当たってた魚は・・・。

針を外そうとしてたらポロッと落ちて石畳の隙間へ・・・。かなり奥の方まで行ってしまって手が届かない・・・やばい干物になる・・・でも付いてたジグヘッドでさらりと引っ掛けて回収できました。UFOキャッチャーの神レベルのすごわざでした。自分で言うのも何なんですが。

子シーバスをリリースした後はワッキーがまぁまぁサイズをゲットしたりまぁまぁサイズをさらにヒットしてばらしたりしてたけど俺のほうは全然乗らないあたりばっかり・・・。
若洲でつれたまあまぁシーバス
これが釣りというもんなんだよね。2人か3人で行くと釣果が一人に集中する。俺しか釣れないこともあるし逆のパターンもある。そう、今日は俺の日じゃないんだよ。最近俺の日じゃないことが凄く多い気もするけどこれはたまたまなんだよ。もうすぐ俺の日が来るんだよ。

というわけで坊主は免れたけどそうでもない若洲海釣り公園でした。
ただ、アタリは結構あって集中力途切れずに釣りが出来たので楽しめた。

若洲海釣り公園いつ行くの?

若洲には猫もいっぱいいる
若洲海釣り公園
sIMG_6978
このブログの写真撮るためにキャノンの6D買ったから今回からは写真多めです。フラッシュ買うまでは夜の写真は撮れません;;
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6D・EF24-105L レンズキット 約2020万画素フルサイズCMOSセンサー DIGIC5+(プラス) EOS6D24105ISLK

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-シーバス
-,

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.