ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

シーバス

大潮なので平日釣行にてシーバスゲット!

投稿日:

先週の土曜日は芦屋浜で大ボイル祭りにもかかわらずノーバイトでドブ川に逃げ、なぜかドブ川なのに巨大な台船が接岸していて釣り場が潰れてノーフィッシュという悲しい結末だったので今回は平日だけど仕事終わりで芦屋浜リベンジに行ってきたレポートです。

芦屋浜ではタチウオが

正直ついたのが18時すぎという非常に微妙な時間でタチウオの時合は既に終わっている感じがあった。もうみんな帰り始めているっぽくて一応タチウオポイントへ行ってみるとちょうどワインドの人が釣っていた。まだチャンスありか?

早速釣りを初めてタチウオを狙ってみる。久しぶりすぎてタチウオの釣り方全く覚えてない。一応去年良かったパワーシャッドを投げ倒すが特に反応はない。

ルアーマンはたまーにタチウオをゲットしているっぽいが時合って感じではない。

エサ釣りの人にサバが釣れたりしてサバでもいいから釣れないかなと思いながらルアーを投げる。風が強く寒い・・・。

1時間ぐらい投げ倒したが特に反応はなく、エサ釣りの人もエサをかじられるだけで全然乗らないって言っていたので相当食いが渋い状況っぽい。ルアーじゃ無理っぽいので諦める。

ここで釣れたのはスレで引っかかってきたサヨリのみでした・・・。

ドブ川へ移動

尼崎の運河が今年は魚が溜まっているっぽいので行ってみる。

前回の場所にはやはりまだ巨大な台船が係留されていて釣りは不可能っぽい。

しょうがないので明るい橋のところへ行って明暗をセオリー通り狙ってみる。
大潮のおかげで流れがあるっぽい。

ベイトも足元でざわついていてなにか居そうな雰囲気。

橋の暗いところにミノーをぶん投げてほぼ着水と同時にヒット!

あまりにも着水と同時すぎてロッドをちゃんと掴みきれておらず竿を落としそうになってかなりパニックになるも天才的な反応でギリギリ落とさずに掴み直すことが出来た。iPhoneに引き続きエクスセンスDCまでも水底に沈めるわけにはいかんからな!

体制を立て直してファイトを開始したがこのシーバスはパワフルタイプではなく、テクニックタイプでひたすらエラ洗い連発してぐるぐる悶たりというかなりバレやすいファイトをしてくれる…。

バラさないように竿先を水面に近づけて耐え続け、動きがなくなってきた時にネットイン。

細めだがそこそこいいサイズのシーバスゲット!
ドブ川のシーバス
前回坊主だったので結構嬉しい一匹だった。

その後もベイトのざわつきがあり、まだシーバスはうろついてそうだったが結構激しいファイトをしたからか反応が得られずいろいろと移動してみたものの結局この一匹で終了。

今年のドブ川は相当魚影濃いのでいろいろ回れば多分坊主は無いと感じる。秋が終わる前にシーバス釣りをエンジョイしておきたいので明日も行ってみようと思う。

おすすめ記事

1

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-シーバス

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.