ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

シーバス

春、増水河川でシーバスや!

投稿日:

どうも!コメダコーヒーのモーニングによく行く釣活くんです。コメダコーヒーの味噌カツサンド美味いですねぇ。

今回は近所の川でシーバスを釣ってきたのでそのレポートです。

大雨増水後は必釣

前日の夜にかなり雨が降り川はかなり濁っていて増水。私の経験から言うと春の暖かい雨で河川が増水するとほぼ間違いなくシーバスが超高活性になってめっちゃ釣れる。

行くしかないということで近所の川の河口へ自転車を飛ばす。

ポイントには対岸に一人釣人がいる。そしてカワウが何かを狙って水中へ潜る。

流れはかなり急なのでひとまず様子を見るためにX-80を泳がせる。流れが速すぎて上手く泳がせられないので早々にバイブレーションにチェンジ。

足元の流れが緩めのところに大量のハク(ボラの稚魚)が群れていていかにも釣れそうな感じがする。

バイブレーションを投げて狙うが今ひとつ反応はない。イージーな時はフォールで食ってくるぐらい釣れるのだがそんな状態まではいってないみたい。

投げる場所が違うのか?とちょっとだけ違うポイントに投げると当たったような気がする。ボラかもしれない。そこそこボラもいるみたいではねていた。

ただ、どう考えてもこの状況ならシーバスが居ると感じたのでとにかく色々なコースを通して魚のヒットを狙う。

昼間なのでルアーが見切られないように速めかな?と思い限界高速リトリーブを試す。これはリールの回転速度をマックスまで上げるという青物を狙うような狙い方。デイゲームでめちゃくちゃハマることがある。

これが正解だったようでいきなりヒットしたがバラシ・・・。恐らくシーバスだったがボラのスレかもしれない。もう一度同じようなコースを高速リトリーブで通すとゴン!とアタリ。そのままスピードを変えずに巻くとゴン!ともう一度アタリヒット。

豪快なヘッドシェイクにジャンプとデイゲームならではのエキサイティングなやり取りをして足元まで寄せてきたが足場が低いところなのでタモは使わずフィッシュグリップでキャッチしようとすると残念ながらフックアウト。タモならキャッチ出来ていたがまぁ次の魚を釣ればいいだけの話だと切り替える。サイズは50センチちょいぐらいだった。

今日は釣れる日!

Taichi Nakaharaさん(@tsurikatsu)が投稿した動画 -


(バレそうな予感がしたので一応動画撮っといた)

そしてまた同じようなコースに同じような速度で通すとボトムに少しコンタクトした感覚が伝わってきた次の瞬間ゴン!気持よくヒットしてまた楽しいヘッドシェイクに豪快なジャンプを楽しみながら寄せてくる。サイズは先ほどとそれほど変わらないが元気が良くて楽しい。

足元まで寄せて疲れてきたところをキャッチしたのがこのシーバス。
春シーバス
サイズはそうでもないがボディーが分厚くて河川で餌食ってるグッドプロポーションな魚。

さっとリリースして次の魚を狙う。

次の魚も同じ釣り方でヒットするも即バラシ・・・魚は多いようだ。ただ、超高速リトリーブは疲れるのが早くてすでにかなりだるくなってしまっていた。

ちょいちょい休憩をはさみながらやっていたがバイブレーションが根がかりしてしまって残念ながらリーダーごと切れてしまいキリがいいのでここで終了することにした。バイブレーションまた仕入れに行かなきゃなぁ。。。

今回のヒットルアー

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-シーバス

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.