元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

シーバス 釣行記

雨が降ったのでシーバス釣りに行ってみた

投稿日:

どうも!釣活くんです。

今回は昨日まとまった雨が降ってシーバスの活性が上がってそうだったので西宮ケーソンへシーバス釣りに行ってみたレポートです。

スポンサーリンク

夕マズメからスタート

西からの強風が吹いていたためか手前の方にタチウオの人が並んでいた。風裏になるので釣りがし易いようだ。

西宮ケーソンのシーバス実績の高い一つ目カーブ辺りでタチウオが釣れていた。タチウオが釣れているところで前回ベイトが溜まってシーバスも釣れたのでそこで釣り開始。

西宮ケーソンのシーバス釣りで実績の高いCD9のチャートカラーを使って巻いてくるとゴゴン!と一投目からアタリがある。

ただ、おそらくはタチウオのアタリだと思われる。乗らないアタリが何度かあり、しばらくすると群れが移動したのかアタリがなくなった。ワームでやってれば多分一本ぐらいは釣れてただろう。今回はシーバス狙いなのでワームは使わなかった。

外向きはウキ釣りの人がタチウオを1本釣っているのを見たがそれ以外は特に釣れている感じはなかった。一応シーバスを狙ってルアーを投げてみたが風が強くてやりづらく、アタリも特に無いので内向きを狙う。

内向きも特に釣れる気配が無い・・・。これは予想に反してシーバスの活性上がってないのか?と思いつつも一応移動しながら足元にルアーを垂らしてテクトロをする。

一旦奥まで行って戻ってくる時にゴン!と何かが食ってきた感触があったのでもう一度奥まで戻り同じコースを通す。何も反応はない。

気のせいだったか?と思いながら歩いていくとエサ釣りの人が内向きに竿を出していたのでここで一旦ルアーを上げることにしてリールを巻くとついてきたシーバスがルアーのスピード変化に反応したのかガツン!とヒットして思い切りドラグを鳴らす!

エクスセンスDCのエキサイティングドラグサウンドが鳴り響き興奮のファイトが始まった!こいつはナイスサイズだぜ!秋のシーバスは引きが最高!と思って耐えていたらフッとテンションが抜ける。

ラインが切れていた・・・。4号のフロロカーボンラインリーダーがそう簡単に切れるはずもなくおそらくだが先程タチウオが当たってきた時にリーダーに傷がついていたのかもしれない。とにかくやっちまったよ・・・。マジで久しぶりのナイスサイズシーバスだっただけに落ち込むわ・・・。

ルアーが持って行かれたので同じくラパラのX-RAPを取り付けてテクトロをし続けたがこの後は反応なし。やはりCD9のテクトロはここのシーバスに一番効くわ。それかビーフリーズがいいんだけど今日はビーフリーズ持ってきてなかったわ・・・。

そんな感じで西宮ケーソンに見切りをつける。ぶっちゃけ西風強すぎてしかも冷たい風で体が冷え切ってきていたというのもある。手袋なしではあかん。もう夜釣りには手袋必須や!

尼崎の運河へ移動

西風の影響が少なそうなエリアと考えて尼崎の運河へ移動。最近行ってなかったので釣れるのかわからないが潮としては悪くないはず。

着くとすでに渡り鳥のシーズンで死ぬほどカモが浮いている・・・。釣り場に立つとバシャバシャしながら飛んでいった。

明るいところにはボラの子供が群れていたが何かに追われている様子はない。いつもシーバスが付いているストラクチャーを攻めたりしたが反応ゼロ。

流れもほとんど無く釣れる気配がない・・・。結構色々回ってみたが釣れそうな気配がある場所でも何を投げても無反応だったので諦めて帰ることにした・・・。

ちょっと急激に寒くなってきて活性下がってるのかな?今週末は更に寒くなる予定だけどもう秋終わり?とりあえず11月中は頑張って釣りに行ってみたい。

今日のヒットルアー

by カエレバ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-シーバス, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.