元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

シーバス 釣行記

【痛恨】連夜のラインブレイク!

投稿日:

どうも!有馬記念はレイデオロ本命の釣活くんです。

有馬記念の投票はこちらから

今回も前回に引き続き西宮ケーソンでシーバスを狙ってきたのでそのレポート。

スポンサーリンク

そこそこ寒い西宮

もう夜釣りは結構寒いので防寒対策は万全に行ったほうが良いレベル。今回は手袋もしてだいぶしっかりと防寒をしておいた。

夕マズメから釣り開始してタチウオゾーンでシーバスを狙う。昨日同様ベイトは居るがタチウオの活性はそれほど高くないらしくルアーには反応がない。ウキ釣りのおじさんはバンバン釣っていたのでタチウオ自体は結構いるようだ。

まぁタチウオを狙っているわけではないので気にせずシーバスを狙い続ける。

昨日のように足元に居るかなとひたすらテクトロをしながら歩き、釣りと同時に運動不足の解消も行う。

一番先端まで行って流れのヨレを狙ったりしたが特に反応はない。一番先端のタチウオ釣り師はボウズらしい。夕マズメ全然釣れなかったとぼやいていた。
今のタチウオは一番沖よりもかなり奥の方に溜まっているらしい。

ということで先端にはいないと判断して引き返し、ひたすらテクトロをする。

全く反応なし。テクトロは不発なようである。ちなみにルアーは行きはマックスで激安だったビーフリーズで帰りはスレッジ7SWを使っている。レンジを変えても特に反応はなかった。
ビーフリーズイメージ
寒いし釣れないし、今日はダメかなと思いながら沖向きにルアーを投げる。

ルアーはビーフリーズ。人が少なくなってきたので岸と平行に巻いてテトラ沿いを攻める。沖向きは足元にテトラが入っているのでシーバスがストックされていることがある。

何気なく巻いてきたら足元付近でグイー!!!いきなりヒット!豪快なエラ洗いでぱっと見ても50センチは軽く超えて60センチ台だなというサイズ。

こんかいテクトロしやすいようにバスロッドのアドレナを使っていたのだがやり取りむずいなと思いながらどうしようか考えていたらシーバスが走り出し、ドラグをひたすら出して最悪なことにここだけは行かんといてくれというテトラの穴に突っ込む・・・。そうなったらもう万事休すですわ。

あっさりと4号のフロロカーボンは切られて終了。

テトラのシーバスはマジでそう簡単には取れんのよ。この場所で前に92のシーバス釣れたけどあれまじで今でも奇跡以外何者でもないと思ってるもんなぁ。テトラだらけのところで糸出されっぱなしで切れなかったとかありゃ奇跡じゃ。

ってことで普通に60オーバーのシーバスがテトラの近くでかかると大体8割ぐらいは切られる説を検証できた今回の釣りでした。

一応その後X80とかでやってみたりしたけどアタリはなく、ライトで水中を照らしてみたけど30センチぐらいのチヌが数匹しか見当たらなかった。

多分下手すぎて俺にはシーバスは釣れんっちゅうことなので今年はもうシーバスはやらないことにした。次回はタチウオかライトタックルでのアジングかメバリングをやってみようと思う。

ヒットルアー

by カエレバ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-シーバス, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.