ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

シーバス

ハズレまくる多摩川シーバス

投稿日:2009/11/30 更新日:

多摩川では普通に釣れるらしいガー。提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

多摩川では普通に釣れるらしいガー。提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

月刊ソルトウォーターを読んでいると多摩川のいつも良く行く場所がのっていたのでめちゃくちゃ行きたくなって突撃。

多摩川は全部チャリでいけるから非常に行きやすい。

割と向かい風が強いなぁと思いながら現場到着。

雑誌に特集された割には誰もいなかった。

下げもだいぶ効いていて釣れそうな雰囲気はする。ただ、予想以上に風がある。波立つ水面にルアーを投げるが当らない。

ここは結構なゴロタが沈んでいるので魚の溜まりやすいいいエリアなのだがやはり水深がなくなってくると根掛りがひどい。ルアーを2個ロストしてしまい意気消沈。別にルアーとかは買えばいいんだけどこの寒さの中リーダーを結び変えないといけないことにガックリ来る。

寒い。

魚はいるようだがどうも反応が無い。ここは難しいと考えて移動。

橋の絡むエリア。

ここもいつもと違い風が直撃している。21時近くなり先行者も帰り始める。帰り間際に少し話したが多摩川ガーの噂話がここでも出てくるとは・・・ホントにいるのか?ガーは?アリゲーターガーなら地元西宮の小さな公園の池いたけど多摩川は結構冬場水温が下がるはず。なんでも釣れればいいんだけど。

ガーとはこんな魚です。>>ウィキペディア・ガー目

そしてその人から重要な証言・・・「昨日とおとといはボイル祭りで夜なのに鳥山が出来ていた」

なんじゃそりゃ・・・なんで今日は沈黙の戦場状態やねん!ホンマに今年はついてない・・・ハズレの日ばっかり・・・今年の60センチオーバーシーバス捕獲数1匹て・・・まぁあんまり本気ででかいの狙ってなかったってのもあるけどひどすぎる。普通に釣れるはずやろ~秋のシーバス釣りでは。

機動力を全部チャリにして多摩川だけを攻めすぎているのも良くないのかもしれないけどまぁこんな年もあるでしょう。

ちなみに・・・次の日、早川港でイカが釣れてると言う情報に躍らせれて行って来てボウズを食らい、雨でずぶぬれになって今シーズンは写経でもして春を待とうと決めたのであった。

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-シーバス
-

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.